スポンサーサイト 


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

横浜・川崎&近隣エリアの情報ならビタミンママ

笑いすぎてお腹が痛い!でも、最後はホロリと来ちゃう『TOO YOUNG TO DIE!若くして死ぬ』 


ゆず楽しみにしていた映画公開になり、早速センター北のイオンシネマ港北ニュータウンに行ってきたゆずです。
こんにちは。

私が見たかったのはこちら!!
TOO YOUNG TO DIE!若くして死ぬ

TOO YOUNG TO DIE!若くして死ぬ

期待通りめちゃくちゃ面白くてパンフレットまで買っちゃいました!!
イオンシネマ港北ニュータウンでは、パンフレットは売店で購入することができます。

TOO YOUNG TO DIE!若くして死ぬ
ついでにナチョスまで。
ステッカーがもらえるよ!!

そんな私を夢中にした映画
TOO YOUNG TO DIE!若くして死ぬ
どんな映画か紹介しちゃいます♪

TOO YOUNG TO DIE!若くして死ぬ
STORY
修学旅行で乗っていたバスが事故に遭ってしまった男子高校生・大助(神木隆之介)。ふと目を覚ますと、炎が渦を巻く中で人々が苦しめられている光景が目に飛び込んでくる。地獄に落ちたと理解するも、同級生のひろ美に思いを告げずに死んでしまったことに混乱する大助。そんな彼の前に、地獄農業高校軽音楽部顧問にしてロックバンドの地獄図(ヘルズ)のリーダーである赤鬼のキラーK(長瀬智也)が現れる。彼の指導と特訓のもと、地獄から現世に戻ろうと悪戦苦闘する大助だが……。(イオンシネマ作品紹介より)


なんといっても監督があのクドカンこと宮藤官九郎。
おもしろくないわけがない!!
最初から笑いっぱなしです。

神木隆之介くんが最初は気持ち悪くて気持ち悪くて(笑)
髪型がまず変!!
性格がチャラい!!
こんなの、私の知ってる神木隆之介くんじゃない~~~~と、泣きそうになりながら見ていました。

でも、15分見ていると慣れます(爆)

人間、適応能力ってあるんですね。
キモイ神木隆之介くんも普通に見えてきます。
で、そのうち、そのチャラさも普通に思えてきて…

クドカンマジック?(笑)

今回感動したセリフが
「生きていればアイスもスムージーも食べられるんだよ。辛いこともあるけどアイスもスムージーも食べられるんだよ」

あぁ・・・・ここだけ抜き出すと、すごいマヌケだ。
でも、このセリフが胸に突き刺さるんですよ。

クドカンマジック!!<しつこい

ずっとゲラゲラ笑っているのに、最後は声をあげて泣いちゃいました。
天国にいる奥さんと子どもに思いが伝わるシーンは、もう嗚咽を堪えることができなくて。
え?誰の奥さんと子どもかって?
それは映画を見てのお楽しみ。

コメディだけど、
死んだらなにもできない、生きていればそれだけでチャンスはたくさんあるんだ、生きていることに感謝して、毎日を無駄に過ごさないように、日々大切に生きて行こう!!
そう教えてくれる映画です。

人生悲しい別れもあるけれど、生きていれば、また、どこかで笑って会えるはず!!
映画を見て元気をもらってください!!

明日は1日!!
ハッピーファーストで全作品1,100円!!
オススメの映画です!!

スポンサーサイト
横浜・川崎&近隣エリアの情報ならビタミンママ

『二つ星の料理人』見ました♪ 


いちごこんにちは!いちごです。

センター北、ノースポート7階のイオンシネマには、フォトスペースがたくさんあること、みなさんご存知ですか~。
記念写真を撮って、コレクトするのも楽しそう!!

二つ星の料理人

二つ星の料理人

かりんちゃんが教えてくれた「ルドルフとイッパイアッテナ」の試写会に続き「ペット」の試写会もありま~す。
ペットたちは、家族の皆が留守にしている間、一体何をしているのか、気になりますよね(笑)。
そんなペットたちの秘密の世界がユーモアたっぷりに描かれている作品です!!

二つ星の料理人
さて、いちごは今回、「二つ星の料理人」を紹介します。
皆さんは、ミシュランの星の数、気になりますか?
いちごは、ミシュランガイドに載ったお店に行くのが大好きなので、
気になります(笑)。
でも、お店のスタッフたちは命がすり減るくらい、あのお花の様な形の「★星★」と戦っているようです。
この作品を観て、その舞台裏がよ~く分かりました。

二つ星の料理人
STORY
3年前、パリの二ツ星レストランから姿を消した料理人、アダム・ジョーンズ(ブラッドリー・クーパー)。料理の腕は完璧だったもののトラブルを起こし、それまで積み上げてきたキャリアが台なしに。もう一度、料理人として再起をはかるため、ロンドンに移り住み、美食界の友人トニー(ダニエル・ブリュール)のレストランに、「世界一のレストランにしてやるから雇え」と強引にシェフの座に就く。女性料理人のエレーヌ(シエナ・ミラー)、パリ時代の同僚ミシェル(オマール・シー)など最高の料理人たちを集め、華々しく新店をオープンさせるも、上手くいかず。さらに未解決のまま逃げ出した過去のトラブルが彼を襲う…。人生につまずいたアダムが、どのように“三ツ星”に挑んでいくのか。今までにない勇気と感動も付いてくるフルコースの美食エンターテイメント!!


料理とサービスさえしっかりしていれば、★ミシュランの星★は獲得できる!
な~んて、そんな簡単な物ではないことは、皆さんもご存じの通りですよね。

お皿に盛られたお料理は、作っている人の全てが反映されてしまうので、星をもらう為には、シェフもお店のスタッフも人間性を磨くことが大切なんです!!三ツ星獲得を狙うなら、尚更のこと・・・。

栄光からの転落、そして、その挫折をどう乗り切るか、怒りを我慢して、どうプラスのパワーにかえていくのか・・・。
人間自身が三ツ星になり、初めてお店も三ツ星をもらう価値が、でてくるように感じましたぁ★★★

ミシュランの星の事は気にせず、食べてもらう人の気持ちを考えてお料理を作るようになったアダムの成長ぶりが、頼もしく、いちご自身も共に成長しているような錯覚に陥りました。

厨房って、あんなに人間くさいところだったのですね。その厨房で出来上がってくる芸術的なお料理の数々にため息がたくさん出ました。「あ~、食べた~い」って思える美しいお料理ばかりでした!

お家でも時間に追われながらイライラして作ったお料理って不思議とおいしくないですものね。
その反対に、家族やご招待したお友達の事を考えながら楽しい気分で作ったお料理って「おいしい!」と言われること、多くないですか(^o^)。

「おいしい」といつも言ってもらえるお料理のコツは・・・、この作品を観ると分かります!!
家族やお友達に喜ばれる為のヒントが沢山ありますよぉ★★★

傲慢で破天荒、でも、時に弱さをさらけ出すアダム演じるクーパー。
透き通る青い目、肉体美。
そして、ちょっとおちゃめなところが、とっても魅力的です。
周りの人に支えられながら、究極のおいしい味を生み出そうと、悪戦苦闘し努力しているひたむきさにも、勇気をもらえます。

そうそう、皆さんは、ミシュランの調査員って、どんな風にお店に現れるかご存知ですか?
ワインとお水を頼んだ後、フォークを静かに床において、お料理を待つそうですよ。
これは、フロアスタッフが気付くかどうかのチェックだそうです。
調査員になりすました偽の調査員もたくさん出没するそうです(笑)。
いちごも偽の調査員やってみたいですが、フランス人でないので、できないです(^_^;。

皆さんは、どんな映画がお好きですか。
ぜひ映画に関する感想など聞かせてくださいね♪♪
お待ちしていま~す(^o^)/~~~

横浜・川崎&近隣エリアの情報ならビタミンママ

『高台家の人々』観ました♪ 


かりんかりんです♪

センター北のイオンシネマ港北ニュータウンで試写会の応募が始まっていましたよ~。
試写会
児童書の名作「ルドルフとイッパイアッテナ」が
劇場版アニメーションとなって夏休みに公開されるんです!!

かりんの娘たちも小さい頃に読みましたけど、大人が読んでも「うん、うん」とうなずける名セリフがいっぱい。
試写会に外れちゃっても(笑)ぜひ親子でご覧になってくださいね。


さて、かりんは『高台家の人々』を観てきました~
高台家の人々
STORY
何かと妄想しては自分の世界に夢中になってしまう癖のある、OLの平野木絵(綾瀬はるか)。さえない日々を送っていたある日、彼女の勤める会社にニューヨーク支社から高台光正(斎藤工)が転勤してくる。ばく大な資産を抱える名家・高台家の長男にして、東大卒業でオックスフォード大留学の経験もあるエリートの彼が、なぜか木絵を食事に誘う。驚く木絵だが、光正はテレパシー能力の持ち主で、彼女の妄想をのぞくうちにその純粋な心に魅力を感じるようになったのだ。二人は次第に心の距離を縮めていくが……。(イオンシネマ作品紹介より)


「ごくせん」「デカワンコ」などで知られる漫画家・森本梢子の人気コミックの実写化です。
実は予告を観ておもしろそうだな~と思い、コミックを読んでみたところ、まあ、これが笑える笑える。
主人公の木絵ちゃんの妄想が奇想天外でお腹を抱えて笑っちゃいました。
電車の中で読んでいたら間違いなく周りから人がいなくなっちゃうレベルですね(笑)

この妄想の数々が映画シーンに登場するので、原作ファンならずともおもしろおかしく映画を楽しめると思います!!
なんといっても妄想キャラの塚ちゃんが必見ですよ~~

それにしても木絵ちゃんじゃなくても、テレパス―人の心が読める人―が身近にいたら私も考えちゃうだろうな~。
木絵ちゃんほど妄想は激しくないけど、かりんも口下手で昔からボーっとしていることが多く、何を考えているのかわからないと言われることが多いので、木絵ちゃんの気持ちはとってもよくわかります。
人は何を考えているかわからないからこそ、自分の想いを言葉にするんですものね。
口下手なかりんですが、これからは感謝の気持ちを周りの人に伝えていこうと思いました(^^)/

笑ってほっこりできる『高台家の人々』
皆さんもぜひイオンシネマ港北ニュータウンのスクリーンでご覧になってくださいね。

横浜・川崎&近隣エリアの情報ならビタミンママ

月に一度は恋愛映画で心に潤いを♪『オオカミ少女と黒王子』観ました。 


ゆずセンター北のイオンシネマ港北ニュータウンは、月曜日はハッピーマンデーで誰でも映画が1100円。
何を見ようかな~とイオンシネマ港北ニュータウンに来た私が見たものは…

オオカミ少女と黒王子

フロアいっぱいの人・人・人!!

あまりの人の多さに驚いたゆずです。
こんにちは。

実は日曜日に体育祭だった小学校が多かったようで、
代休の月曜日、
お天気は雨で外に出かけられず、
イオンシネマ港北ニュータウンに人が殺到したのでした。

オオカミ少女と黒王子
こちらはチケットを買ってから撮った写真で、
かなり行列が短くなっていますが、
最初は長蛇の列で上映時間に間に合わないかと思いました(><)

しかも『ズーラシア』や『クレヨンしんちゃん』は完売!完売!完売の文字だらけ!!

ハッピーマンデーは家でチケットが買えるe席リザーブが絶対オススメです!!

さて、この日私は公開されたばかりの
『オオカミ少女と黒王子』を観に来たのでした。

オオカミ少女と黒王子
STORY
見栄っ張りな女子高生・篠原エリカ(二階堂ふみ)は、付き合ったことがないのに彼氏との恋愛話を語っていた。友人に疑われた彼女は街で見つけたかっこいい男子を自分の彼氏だと偽るが、彼は同じ高校の佐田恭也(山崎賢人)だった。事情を打ち明け彼氏役を引き受けてもらうが、学校で王子と騒がれる恭也の本性は、Sっ気が強く性格は悪かった。さらに彼氏役の代償として、エリカは彼の“犬”になることを命じられ……。(イオンシネマ作品紹介より)


いやぁ~~~~楽しかったぁ~~~!
雨で暗~~~い気持ちが吹っ飛んだわ!!
原作は「別冊マーガレット」で連載され、テレビアニメ化もされた八田鮎子先生による少女漫画。
だから展開はベタ(笑)。
お・や・く・そ・くっていうような展開。
でも、ドキドキして観ちゃうのよね(^^)

とにかく山崎賢人クンがかっこいい!!
最初の王子様スマイルに胸がキュンキュン。
その王子様スマイルが黒王子に変わった時の表情が
また、また、まーたー、かっこいいのですよ!!

このシーンだけでご飯3杯行けちゃう<おい

逆にヒロインのエリカに意地悪を言う女友達に
思いっきりドSの黒王子顔で威嚇したあと
くるりとエリカに振り返って王子様スマイルに戻るのもいいーーーーーーー!!

顔が緩みっぱなしでしたよ。

大笑いしたのが、菜々緒演じる黒王子以上にドSの姉。
はまり役!!

この姉弟の親の顔を観てみたかったーー!!

最後はもちろんハッピーエンド!!

キュンキュンな物語と山崎賢人クンで女性ホルモン出まくり(笑)
乾いた心に潤いをもらって
肌までプルプルになった気がするわ。

劇場には小学生の女の子も多く来ていました。
親子でキャーキャー言いながら観るのもいいかも。

映画を見たら左のベストレビュー賞のバナーから是非感想を教えてくださいね。
映画のペアチケットが当たるかもしれませんよ♪

横浜・川崎&近隣エリアの情報ならビタミンママ

『世界から猫が消えたなら』観ました♪ 


かりんかりんです♪

センター北のイオンシネマ港北ニュータウンでは
オトクな割引サービスがあるのをご存知ですか?
セカネコ

ハッピーマンデーの1100円は皆さんご存知だと思いますけど、
それ以外にもイオンシネマにはいろいろな割引サービスがあるんです!

先日、ついに50歳を迎えたかりんは「夫婦50割引」サービスで映画を観てきましたよ♪
土日も使えるのが嬉しいですね(^-^)

さて、かりんは『世界から猫が消えたなら』を観てきました~

セカネコ

STORY
ある日、余命いくばくもないごく平凡な30歳の郵便配達員(佐藤健)の前に、自分と同じ容姿を持つ悪魔(佐藤健)が出現する。その悪魔は、彼の身の回りの大切なものと引き換えに一日の命をくれるというのだ。次々と電話や映画や時計などが消えていく中、彼は初恋の女性(宮崎あおい)と再会し、共に過ごした日々を振り返る。(イオンシネマ作品紹介より)


原作は川村元気によるベストセラー小説です。
2013年に本屋大賞にもノミネートされ、その後文庫化・コミックス化、中国、韓国、台湾でも出版されて累計発行部数100万部を突破。
「せか猫」の愛称でたくさんの人に愛されているベストセラー小説が映画になったんですから、これは観に行くしかないでしょう~♪

原作は読んでいないので、原作との比較はできませんが、川村元気氏は東宝の売れっ子プロデューサーですから、すべてのシーンがとっても映画的。
特に映画にまつわるエピソードが豊富で、彼女との出会いのシーンや、親友ツタヤ(濱田岳)とのやりとりをニヤニヤしながら観ていました。
私もツタヤみたいな友だち欲しい~(笑)

全体を通してファンタジー映画ではあるんだけど、心の中にゆっくりと沁みわたっていく映画です。
観終わってしばらくたってからじわじわくる感じ。
あんまり邦画では感じたことがない余韻かも。

「余命宣告をされた主人公の話だから暗い映画なんじゃないか」と思っている人がいたら、全然違いますから~。
宮崎あおいちゃんのセリフじゃないけど、「生きてやる~!」って叫びたくなるような映画です。
でも、けっして「一人で」っていう意味ではないんですよね。
たくさんの人の想いや愛があって私たちは生かされているんだな~って思える優しい作品でした。
もうちょっと時間をおいて、また観に行きたいです。

ちなみに私は3回泣きました(/_;)
詳しいシーンは内緒ですが、濱田岳くんと原田美枝子さんにやられました・・・

皆さんもぜひイオンシネマ港北ニュータウンのスクリーンでご覧になってくださいね。

映画を観たら左上のバナーをぽちっと押してベストレビュー賞への感想もお寄せください♪

横浜・川崎&近隣エリアの情報ならビタミンママ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。