スポンサーサイト 


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

横浜・川崎&近隣エリアの情報ならビタミンママ

ワーナー・マイカル・シネマズ 突撃レポート♪ 


ゆずいちご朝から雨で肌寒い月曜日。
9/22はレディースディでした。
土曜日に運動会や授業参観が多かったのか、振替を利用して子連れで来ている人がたくさんいました。
「もっとシネマコンプレックス!」恒例(?)の突撃レポートへ ゆず と いちご が行ってきました!
さぁ~誰に声掛けようかなぁ。


突撃レポート利用するのは今回で5回目。
「車で来るのに便利で来やすいから」と、
わざわざ世田谷から来るワーナーファンです。
今日は「パコと魔法の絵本」を見ます。
以前には「カンフー・パンダ」や「ポケモン」を観に来てくれた仲良しの二人です。
お母さまは映画だけでなく、ショッピングも楽しめるのがお気に入りとのこと。
ランチやショッピングもお得なハッピーマンデーのチラシを楽しそうに眺めていました。

世田谷区 田元 章子さん
          海斗君(小3)
       新井 幹也君(小3)


突撃レポート「パコと魔法の絵本」を観に来てくれた春花ちゃんは学校では演劇部。
カラフルで劇中劇も楽しいこの映画は、演技の参考にもなりそうだね。
妹の鈴花ちゃんはエレクトーンを習っているそう。
ミュージカルのように音楽も楽しめそうだね。
お父さんとは、「キャプテン」や「崖の上のポニョ」を観に来たとのこと。
ずっと仲良しファミリーで、これからも映画をいっぱい観てね!

青葉区 望月 希代子さん
         春花ちゃん(小6)
         鈴花ちゃん(小1)


突撃レポート次はぁ~♪ 
e席リザーブで購入している人を発見~
声をかけてみました!
「席が確保されているので、
安心してぎりぎりまでショッピングや食事などができるのが気にいってよく利用しています。
ワーナーはきれいだし、上映している映画が多いので好きです。
映画館はだいたいワーナーマイカルを利用しています」

とうれしいお返事。
今日は「崖の上のポニョ」を観ます。
おしゃまでキュートなお嬢さんとファッショナブルなお母様。
お母様たちはセックス・アンド・ザ・シティも観たとか。
登場する4人の女性たちのオシャレもチェックしたのでは?
ますますファッションセンスに磨きをかけてくださいね。

青葉区 T さん、 Rちゃん親子
      I さん、 Rちゃん親子


突撃レポート月曜日のレディースディを利用して来てくれた井上さん親子。
テレビの宣伝を見て気になっていた「パコと魔法の絵本」を観ます。
「ポップコーンやドリンクは結構量が多いから少なめなレディスサイズがあると助かるわぁ」とお母さん。
大食漢のいちごは気がつかなかったわ・・・・(笑)
バレエを習っている美玖ちゃんは刺激を受けて明日からバレエが楽しくなるね。

港北区    井上 郁美さん
            美玖ちゃん(小4)



突然の申し出にもかかわらずインタビューに答えてくださった4組のみなさん、
ホントにありがとうございました。

今回は「パコと魔法の絵本」が人気でしたねぇ。
いくつになっても夢を持って夢を追いかけたい・・・
いちごだってそんな思いは女子高生に負けませんよ(笑)
たくさん映画を見て、自分の人生を重ねて、
たまには映画の主人公に恋しちゃいましょう。


スポンサーサイト
横浜・川崎&近隣エリアの情報ならビタミンママ

『パコと魔法の絵本』観ました♪ 


かりんみなさん、こんにちは♪
かりんです。

突然ですが、みなさんの「好きな映画のジャンル」は何ですか?
私はいくつになっても夢見る少女ですから(←コラ!)
当然「ファンタジー映画」です!

そんな私ですから
『パコと魔法の絵本』を観たくなるのは当たり前だのクラッカーです(古)
パコと魔法の絵本
なんてったって魔法の絵本ですから!!
タイトルと出ている俳優に惹かれて、いそいそと映画を観に行ってきました!

観終わった後の感想は、
ただただ

「この感動をみんなに分けてあげたい~~!!」です。

笑っては泣いて、泣いては笑っての繰り返しで、
映画を観ている間はずっとタオルハンカチが必需品でした。

メガホンをとったのは「下妻物語」や「嫌われ松子の一生」の中島哲也監督。
今回は「子どもも大人も楽しめるように作りたかった」
(ちなみにライバルは「ドラえもん」だそう(^^))と言うだけあって、
上記の作品とはまったく違う作品となっています。
そこには、強烈な極彩色と度派手なメークからは想像できない、
ピュアで心あたたまる絵本の世界が広がっています。

もともと、舞台で好評だった後藤ひろひと原作の
「MID SUMMER CAROL ガマ王子VSザリガニ魔人」を映画化したものということで、
ほとんどの場面が病院内で進行していきます。

交通事故の後遺症で記憶が一日しかもたない少女「パコ」のために、
一代で財を成し遂げたわがまま放題のくそじじい大貫(私が呼んだわけではありませんよ~)が、
入院患者、医者、看護師たちに、パコがいつも読んでいる絵本
「ガマ王子VSザリガニ魔人」を劇にすることを呼びかけます。
「お前が私を知っているってだけで腹がたつ。
お前の頭の中になんかいたくないんだ!」
が口癖だった大貫が、
パコのために、
パコの心の中に残りたい一心で・・・

このくそじじい大貫を演じるのがあの!役所広司です。
彼が劇中劇でガマ王子にも扮しているのでもうびっくり!
だって、カエルのかぶりものですよ!!
役所さんが、緑のタイツなんですよ!!!
他も、一見しただけでは誰が誰だかわからないメークなので、役者を当てる楽しみもあります(笑)
小池栄子妻夫木聡はそりゃあ~、もうスゴイです。
妻夫木くんファンの方は観ないほうがいいかもしれません(笑)

それくらい、どの役者も今までのイメージを覆すような役柄を演じています。
それに唯一心の休まる(?)役柄の「パコ」を演じるアヤカ・ウィルソンちゃんの
可愛らしいことといったら。
世のお父さんたちの「娘にしたい№1」だろうなと思うくらい可愛かったです?

3DのCGキャラクターと実写の合成は日本劇場長編映画では初!とのことで、
3Dの迫力ある映像も楽しめますよ。
絵本の世界に入ってパコと一緒にワクワクドキドキしているような感覚になるんです!
私も「ガマ王子、負けるな~」って心の中で応援しちゃいました。

さあ、あなたも異色ファンタジーワールドへ行ってガマ王子たちに会ってきてください!
ハンカチは必ず持っていってくださいね~。

横浜・川崎&近隣エリアの情報ならビタミンママ

8月のベストレビュー賞 


かりんみなさん、こんにちは♪
かりんです。

8月もたくさんのベストレビュー賞へのご応募ありがとうございます!

この夏も家族で楽しめる作品がたくさんあったので、お子さんを連れて2回3回と
劇場に足を運ばれた方も多かったのでは?
かくいう我が家の娘も、夏休み中に3本も映画を観ているんですよ!
と言っても、「ポニョ観たいの?しょうがないな〜(*^^*)」と
子どもをダシにして親が率先して観にいっているからなんですけどね(笑)

我が家と同じようなご家庭が多かったようで、届いた感想も
「アンパンマン」「ポケモン」「ポニョ」と3大スター(?)が勢揃いです!
さすが、子育て世代の多いビタママエリアならではですね。

それでは、お待ちかねの感想とベストレビュー賞の発表です!

続きを読む

横浜・川崎&近隣エリアの情報ならビタミンママ

港北ニュータウン シネマセレクション ~特別な映画を、アナタのために~ 


かりんみなさん、こんにちは♪
かりんです。

待ちに待った9月になりましたね~。
これでやっと、自分のために時間が使えます。
お帰り~、私の時間(^^)

さて、今回も強力ラインナップでお届けする「港北ニュータウン シネマセレクション」。
観たかった作品がたくさんあって「なんも言えねえ!」状態です(笑)

それではちょこっとご紹介しますので観にいくときの参考にしてくださいね。

グーグーだって猫である
「グーグーだって猫である」
9/6(土)~
少女漫画界の巨星、大島弓子の自伝的人気エッセイ漫画「グーグーだって猫である」。
天才漫画家麻子を演じるのは私の青春のシンボル?小泉今日子。
(キョン2は永遠のアイドルです!)
今ではすっかり「女優」小泉今日子だけど、
アイドルだった頃とかわらないキュートな姿は、
同世代の女性に元気とパワーを与えています。
吉祥寺を舞台に描いた猫のグーグーとのニャンダフルライフ。
肩の力が抜けて、きっと幸せな気分になれると思いますよ!


「次郎長三国志」
9/20(土)~
前作「寝ずの番」が好評だったマキノ(津川)雅彦。
待望の2作目に選んだ作品は、叔父のマキノ雅弘監督の十八番と言える、
痛快時代劇「次郎長三国志シリーズ」です。
ご存知、義理と人情に厚い「清水の次郎長」の駆け出しから一家を築きあげるまでのストーリー。
実は私は時代劇にまったく興味がありませんでした。
今まで大河ドラマくらいしか観たことがないし、
だいたいチャンバラ好きの女性ってあんまりいませんよね。
でも!年をとったからか(悲)おもしろそう~と思うようになったから不思議。
義理、人情に厚くて喧嘩にはめっぽう強い次郎長は、
日本が生んだヒーローです!
悪者は必ず倒してくれるだろうという安心感がたまりませね。


「蛇にピアス」
9/20(土)~
20歳で鮮烈な芥川賞デビューを果たした、金原ひとみの「蛇にピアス」が言わずと知れた原作です。
監督には、金原ひとみが直々にラブコールを送ったセカイの蜷川幸雄が、
SM、刺青、ボディピアスなどの狂気に満ちた世界を鮮やかに映像化しています。
痛みだけでしか生きている実感を得られない、
19歳の少女「ルイ」を体当たりで演じきったのは吉高由里子。
数々のスターを発掘してきた蜷川幸雄が選んだ次代のヒロインです。
ルイと関係をもつ二人の男に「サッドヴァケイション」などで注目された高良健吾、
公開中の映画「20世紀少年」にも出演している個性派俳優ARATAが扮しています。
蜷川幸雄の秘蔵っ子でもある、藤原竜也、小栗旬が
意外な役どころで出演しているのも見逃せません。
R-15


「アキレスと亀」
9/20(土)~
第65回ベネチア国際映画祭コンペティション部門に選出された『アキレスと亀』。
ベネチア国際映画祭の常連北野武監督の作品とあって、
上映中には笑いと拍手喝采が何度もおき、
上映終了後もエンドロールが終わるまでスタンディング・オーベーションが続いたそうです。
あらためてたけし監督ってすごいんだなと実感!
日本では監督というより芸人として見てしまうので、
そのすごさを忘れてしまうんですよね。
「アキレスと亀」は今までの北野武監督作品にはない夫婦の物語が主軸になっています。
夫婦のあり方や幸福の意味を問いかけ、穏やかな感動をあたえてくれる作品です。


「トウキョウソナタ」
9/27(土)~
またまた小泉今日子出演作品の登場です。
今度は2人の子どもの母親役、しかも大学生と小学6年生の息子の母!
いつもつまらなさそうな顔をしている寂しい主婦を演じています。
そして、夫役、父親役には、哀愁を漂わせた平凡な男を演じさせたら日本一じゃないかと思う香川照之。
惨めな男であっても、威厳のある日本のお父さん像をしっかりと演じています。
この人が出ているだけで、映画という非日常が日常に感じられるのがとてもすごいことだと思います。


「宿命」
10/4(土)~
韓流ファンのみなさま!おまたせしました!!
2年間の兵役に就いていたソン・スンホンがスクリーンに帰って来ました~。
これまで多かった好青年的な役柄のオファーをすべて断り、この骨太な作品を復帰作に選びました。
アクションシーンも体当たりでこなし、闇の世界で生きる男を熱演しています。
敵役にもう一人のトップスター、クォン・サンウも初の悪役に挑戦。
裏社会で成りあがろうとする野心家を熱演しています。
お互い今までのイメージを払拭させる記念すべき作品となっています。


「ぐるりのこと。」
10/4(土)~10/10(金)
もう~、ものすごく嬉しいです!
前から観たかった映画なんです~。
でも、上映していたのは都内だったので、なかなか足を運べなくて・・・
ドラマで脇役ながら凛としたたたずまいでずっと気になる女優さんがいました。
この「ぐるりのこと」が初主演の木村多江その人です。
木村多江の夫役には、多方面で才能を発揮しているリリー・フランキー。
「役者なんてできるのかしら?」と思いましたが、
飄々としたかんじがこの法定画家の夫にぴったりなようです。
何があっても別れない夫婦の、10年におよぶ希望と再生の物語。
期間が短いけど、絶対に観に行ってきます!


「私がクマにキレた理由」
10/11(土)~
アメリカで発売されるやいなや、女性から圧倒的な支持を受けたベストセラー小説の待望の映画化です。
「ブリジット・ジョーンズの日記」「プラダを着た悪魔」が大好きな人はきっと気に入るはず。
仕事に恋に悪戦苦闘しながら前向きに生きるヒロインを、ハリウッドの若手女優、スカーレット・ヨハンソンが演じています。
タイトルのなぜクマにキレたのかは映画を観てからのおたのしみ♪
本音をぶちまけたアニーにきっと明るい未来が待っているはず?


「火垂るの墓」
10/18(土)~10/24(金)
1968年の発表以来、ロングセラーとなっている野坂昭如の直木賞受賞作「火垂るの墓」がついに実写映画化されました。
高畑勲監督によるアニメ映画があまりにも有名ですが、まだ実写化されていなかったとは。
こんなに有名な作品なのにとっても意外でした。
実写版で、意地悪な親戚のおばさんを演じるのは名女優の松坂慶子。
7年ぶりの映画出演になる松田聖子が、清太と節子兄妹の病身な母親を演じて話題になっています。
「火垂るの墓」はあまりにもつらすぎて、できれば目を背けていたい話しですが、
今こそ、戦争を風化させないためにも、たくさんの人に、
とくに「戦争って何?」と言っている小さなお子さんと一緒に観てもらいたい作品です。
妹節子役を演じた畠山彩奈ちゃんは当時5歳だったそうです。
ぜひ、多くのかたに観ていただけることを願っています。


さてさて、今回のシネマセレクションはいかがでしたか?
今回、夫婦の物語がとっても多いような気がします。
一人で観るのもいいですが、たまには夫婦で観るのもいいですね。
映画を観て、これからの人生について考えてみるのも悪くないかも・・・
上映期間の短いものもあるので、しっかりチェック!チェック!ですよ。

横浜・川崎&近隣エリアの情報ならビタミンママ

『大決戦!超ウルトラ8兄弟』見所紹介! 


ゆず後追いの時期なんてとぉ~~っくの昔に終わっているのに
「連れてけぇ~」「連れてけぇ~~」と
息子達がうるさくて大変だった ゆず です。
こんにちは。

何が?って

大決戦!超ウルトラ8兄弟 の試写会ですよ。
大決戦!超ウルトラ8兄弟

いちごちゃんと一緒に出かけてきたでのした。
既に試写会の様子は、
いちごちゃんがアップしている
ので、
私は映画の感想を・・・。


楽しかったです
家族で観にいっても全員楽しめます。

まずは子ども。
これは当然ですよね。
ウルトラマンが8人勢揃いなんですから。
子どもって飽きっぽいじゃないですか?
それが2時間画面に釘付けですよ!
ぐずったり、あくびしたりする子なんて1人もいません。
じっと画面を見つめているんです。
これって凄くないですか?
ここまで子ども達を魅了するウルトラマンって
ヒーローの中のヒーローって感じですよね。

次はパパ。
パパも夢中になって映画を観ていました。
ウルトラマン、セブン、ジャック、Aと
子どもの頃憧れたヒーローが出てくるんですもの。
しかも、回想シーンまであるんです。
人間の時の隊員も昔の役者さんがそのまま演じています。
自分達も同じように年を取ったけれど、
いまだ夢を追い続けている姿に
きっと元気をもらうはず。

最後はママ。
ティガ、ダイナ、ガイア、メビウス。
平成ウルトラマンが勢揃いです。
役者さんもそのまま。
ダイゴが、
アスカが、
我夢が
ミライが出てきます。
そして、更にウルトラマンアグルの藤宮君も出ているのです。
キャーーーー!!
平成ウルトラマンで一番人気と言えば藤宮君ですよね?<違う?

こんな風にも
子ども、パパ、ママ、それぞれに見所満載の映画でした。

更に、
映画を観にいくなら
みなとみらい、中華街、赤レンガ倉庫を観光してから行くと、
映画が数倍楽しめます。
横浜開港150周年記念作品として、
横浜市が全面的にロケに協力しているのです。
なんと中田市長まで出演しています(笑)
日本丸は是非子どもと乗ってから観て欲しいなぁ~。
そうすればラストで子どもは大感激すると思いますよ(^^)

『大決戦!超ウルトラ8兄弟』は、
2歳から入場料金が必要です。

横浜・川崎&近隣エリアの情報ならビタミンママ

ワーナー・マイカル・シネマズ 突撃レポート♪ 


かりんいちごかりんいちごは、
またまた「もっとシネマコンプレックス!」恒例の突撃レポートへ行ってまいりました~!
このドキドキ感が癖になる今日このごろ(笑)




突撃レポート
「崖の上のポニョ」を観てきました。
娘も集中して一生懸命観ていました。
初めてこの劇場に来ましたけど、キレイでとても快適ですね。


インタビュー中恥ずかしそうにしていたももかちゃん(4歳)も、
写真撮影のときはかわいいお顔でにっこり笑ってくれました。
びっくりさせちゃってごめんね。
どうもありがとう♪

宮前区 Sさん親子



突撃レポート中学時代の同級生と「20世紀少年」をこれから観ます。
原作を読んだので楽しみです。

ワーナー・マイカルのポップコーンが好き。
とくに、バターをたら~っとかけて食べるのがお気に入りです!


「もっとシネマコンプレックス!」初のイケメンBOY登場です!
「あの~、ビタミンママと申しますけど・・・」と声をかけると、
「あ、知ってますよ~」と嫌な顔をせず、
とってもさわやかにインタビューに応えてくれました。
そのさわやかっぷりに、かりんといちごはすっかりファンになってしまったのでした
都筑区 Yくん、Fくん


突撃レポートこれから「ポケモン」を観ます。
この間はゴールドクラスで「崖の上のポニョ」を観たんですよ。
実は娘が大好きで2回目だったんですけど(笑)


映画をよくご覧になっているという桑原さん。
働いているので普段は都内のシネコンに観に行くことが多いとか。
月曜日がレディースディだとお伝えすると、
「他は水曜日が多いので、それは嬉しいですね」とおっしゃっていました。

青葉区 桑原さん、茉央ちゃん(年長)


突撃レポート今日は「カンフーパンダ」を観に来ました。
洋画が大好きなので、子どもと一緒じゃないときは会社の同僚たちと観ることが多いです。
「ウォンテッド」が今から楽しみですね。


インタビュー中、ずっとお父さんに甘えていたNちゃん。
プリキュアの割引券を持っていたので「今度はプリキュアを観にくるのかな?」と聞いたら、
お父さんに「そうだよね~?」とおねだりしていました。
お父さんが大好きな様子が伝わってきて微笑ましかったです。

都筑区 Hさん、Nちゃん(5歳)



今回も突然の申し出にもかかわらず、
快くインタビューに応じてくださったみなさん、
ホントにどうもありがとうございました!

楽しいお話が聞けてかりんもいちごも楽しかったです。

これからも「もっとシネマコンプレックス!」突撃インタビューは続きます!
どうぞよろしくお願いしますね。

横浜・川崎&近隣エリアの情報ならビタミンママ

『20世紀少年』観ました♪ 


ゆず好きなものはトコトン追求してしまう・・・そんな性格ゆえオタクと呼ばれてしまう時もある ゆず です。
こんにちは。

マニアなだけなのに・・・。

20世紀少年
「20世紀少年」

映画公開前に、
漫画は5回読み返し、
8月30日の封切の日は当然、
9月1日のファーストデイを利用して2度目も観てきました。

もう大満足

この漫画の実写化は難しいだろう
映画であの世界を表現できるんだろうかと
原作ファンの私は期待半分、不安半分で公開を待っていました。

でも、そんな心配は杞憂でした!

ケンヂ、
オッチョ、
ヨシツネ、
登場人物がみな原作のイメージそのままです。

驚くのは子役!
彼らもまるで映画から抜け出してきたかのように、
ソックリなのです。
特にヤン坊、マー坊は必見です!!
彼らは双子ではなく、
合成なのですが、
パンフレットを見るまで、
その事実に気づきませんでした。
2度目、その事に注意しながら観ると・・・
カメラワークの巧妙さに感心しちゃいました。
これは、是非劇場で注目して観てもらいたいです。

原作に比べると、
エピソードはかなり削られていますが、
脚本を浦沢直樹さんご本人が書いているので、
違和感なくSTORYが流れていきます。
堤幸彦監督は原作に忠実に映像化するために、
漫画のコマを参考にしながら撮っていったそうです。

これなら原作ファンも満足するわけですよね。

第二章の公開は1月31日。
もう、今から待ちきれません!!
パンフレット読んで我慢します。


そうそう。
公開初日、ワーナー・マイカル・シネマズにはトモダチがいました(笑)
カメラ忘れて残念!!

横浜・川崎&近隣エリアの情報ならビタミンママ

ワーナー・マイカル・シネマズ 突撃レポート 超ウルトラ親子試写会編 


ゆずいちご夏休みも終わり。皆さんはどんな思い出ができましたか?
「もっとシネマコンプレックス!」恒例の突撃レポートへ ゆず と いちご が行ってきました!

今回は超ウルトラ親子試写会で9月13日公開の「大決戦!超ウルトラ8兄弟」を観てきました。
いちご は昔、二人の息子たちを連れて何度もウルトラマンの追っかけをしました。
子ども達のためといいながら実は自分が夢中になってました(笑)



ウルトラ試写会1「どのウルトラマンが好き?」と聞いたら、
すぐに「ウルトラセブン」と答えた祥也君。
いちご「あれ?昔のウルトラマン知ってるの?」
パパ「昔のウルトラマンのDVDを観ながら息子に説明をしていたら、すぐに夢中になって」とうれしそうなパパ。
自分の時代の懐かしいウルトラマンの事を息子と話せるって幸せですよね。
これからも男同志、たまに一緒に映画を観に行って下さいね。
   
 青葉区 大滝 明弘さん、祥也 君(5歳)

ウルトラ試写会2ビタミンママです」と声をかけたら・・・
「ああ、かみさんがよく読んでいて知ってます」とうれしい返事が返ってきました。
緊張がいっぺんに吹き飛びました。
今日は息子の陽平君とお友達の傑(たける)君と来てくれました。
「どのウルトラマンが好き?」の質問に
パパ「やっぱり元祖ウルトラマンでしょう」
陽平くん「セブン!」 
傑くん「僕はガイア」


いちご「今日の映画でどこがおもしろかった?」
陽平くん「勇気をあげるところ」
傑くん「ガイアやメビウスが変身するところ」


月に1,2回はワーナー・マイカルに来ているという品田さん親子。
のびのび観られる「ゴールドクラス」がお気に入りとのこと。
お土産に買ってもらったウルトラマンのカード入れを大事に抱えて楽しそうに帰って行きました。
夢でウルトラマンに会えるかなぁ。

 都筑区 品田 祐志さん、陽平君(5歳)
      羽塚  傑君(8歳)



突然の申し出にもかかわらずインタビューに答えてくださった2組のみなさん、
ホントにありがとうございました。

握手会映画が始まる前に
ウルトラマンティガとメビウスが握手会をしてくれました。
あちこちから「シュワッチュ」の声やスペシューム光線の真似をする子・・・
みんなどきどき、そわそわ、興奮気味!

実はいちごもすごく気持ちが盛り上がっていました。
だってウルトラマン、ウルトラセブン、帰ってきたウルトラマン、ウルトラマンA、ウルトラマンティガ、ウルトラマンダイナ、ウルトラマンガイア、ウルトラマンメビウス・・・ウルトラ8兄弟が集まっちゃうんだよ!!
すごい~感動(涙)

昔のウルトラマンに昔の隊員。
懐かしい顔がいっぱい・・・年を経たけどいつまでも私たちの心の中ではヒーローです。
だからお父さん、お母さんも楽しめますよ。
是非、ご家族で観に行ってください。

手に汗握る「大決戦!超ウルトラ8兄弟」
ドリンク付VIPシート「ゴールドクラス」で観ると、
更に迫力満点でオススメです。

これからも「もっとシネマコンプレック!」の突撃インタビューをよろしくお願いします。
札をぶらさげてうろうろしている私たちを見かけたら、「インタビューしてくださ~い」と声をかけてくださいね!!


横浜・川崎&近隣エリアの情報ならビタミンママ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。