スポンサーサイト 


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

横浜・川崎&近隣エリアの情報ならビタミンママ

『ベッドタイム・ストーリー』観ました! 


かりんみなさん、こんにちは♪
かりんです。

子どもたちと一緒に、ディズニー映画『ベッドタイム・ストーリー』を観てきました!
ベッドタイムストーリー

STORYは
ホテルの設備係として働くスキーターは、
疎遠にしていた姉ウェンディに一週間留守にする間、
姪のボビーと甥のパトリックの面倒を見てほしいと頼まれます。
独身のスキーターには子どもの扱い方が分からず、
夜も早々に寝るように言い、部屋を出て行こうとしますが、
子どもたちに「寝る前にお話を聞かせて」とせがまれます。

スキーターはかつて父が自分たちにしてくれたように、
自分が主人公のベッドタイム・ストーリーを語り始めました。
スキーターの考えるハチャメチャなストーリーに、
話を聞いていた子どもたちも乱入して奇抜なアイディアを加えると、

あら不思議!
翌日にはそれが現実に起こるようになって・・・


ベッドタイム・ストーリーとは、子どもを寝かしつけるときに語って聞かせるお話のこと。

そういえば、あの、「くまのプーさん」も
父親のA・A・ミルンが息子のクリストファーを主人公にして作ってあげたお話ですよね。
他にも、「長くつ下のピッピ」や「ドリトル先生」シリーズなど、
親が子どものために語ってできた超有名なお話がいっぱいあります。
こんなにたくさんの優れた児童文学が、ベッドタイム・ストーリーから生まれていたとは!!
でも、この『ベッドタイム・ストーリー』も児童文学に負けず劣らず、素晴らしい作品でしたよ!

主人公スキーターを演じるのはハリウッドを代表するコメディアンスターのアダム・サンドラー。
『再会の街で』でシリアスな演技も披露している実力派。
監督は『ヘア・スプレー』のアダム・シャンクマンです。

ディズニー映画ではあるけれど、アダム・サンドラーのコメディ色が強く出ていて、
「ディズニーは子どもの映画でしょ?!」なんて言っている大人のかたも十分楽しめる映画です。

私も彼のことはあまりよく知らなかったけど、子どもたちとゲラゲラ笑って楽しめました。

ディズニーですから、かわいいキャラももちろん登場しています。
目が驚くほど大きくて、ハンバーガーも食べちゃうモルモットのバグジーです。
てっきり、CGで合成しているキャラかと思ったら、

なんと!
モルモットを調教して撮影していたそう。

あの大きな目だけはCGだそうですが(笑)
そのせいか、共演している子どもたちの演技も自然で、
バグジーに負けず劣らず、とってもかわいいんです!!
このかわいい顔で「火の玉が飛んできて、もかすえ(燃えかす)になるの!」なんて言っちゃうんだから、恐ろしい~~。
お話の中で、中世や、古代ギリシャ、西部劇、宇宙へと行くので、
いろんな格好をした登場人物たちが見られるのもまた楽しいです。

ディズニー作品らしく、「努力すれば夢はいつかかなう」というメッセージが溢れていて、
最後はちょっぴりジーンとしてしまいました。
親子そろって楽しんで観られる映画って意外にあるようでないですよね。
でも、やっぱりディズニーは裏切りませんでした!!

春休みもやっと中盤。
ぜひ、お子さんと一緒に映画館で観てくださいね!

そうそう、ディズニーのあの有名キャラもチラッと出演していましたよ。
誰が出てきたかは映画を観て確かめてくださいね!

スポンサーサイト
横浜・川崎&近隣エリアの情報ならビタミンママ

プリキュアステッカー《非売品》 プレゼント 


今日のブログは後の方にプリキュアステッカープレゼントが紹介されています!
最後まで読んでくださいね(^^)


ゆず桜の花も咲き出してすっかり季節は春!
なんとなくウキウキした気分の ゆず です。

こんにちは。

春休みに入って家の人口密度が高いのが、ちょっと鬱陶しいですが(笑)。
夏休みや冬休みと違ってお父さんは休みじゃないので、
お母さん1人で子どもの相手をびっちりしなきゃいけないのが、
ちょっと大変ですよね。

そんな時は、やっぱり映画。

3月20日(金)から
映画 プリキュアオールスターズDX みんなともだちっ☆奇跡の全員大集合!が上映されています。
今回のプリキュアは凄いですよー!
プリキュアシリーズ5周年を記念して、
ブラック&ホワイトにシャイニールミナス、
ブルーム&イーグレット、
プリキュア5にミルキィローズ、
さらには新プリキュアと、
14人のプリキュアが勢揃いです!!
豪華~~!!

限定のポップコーンバスケットとタンブラー
プリキュア勢揃いです!
これは是非揃えなければ!!

春休みの予定はこれでひとつ決まりですね。

毎年、プリキュアの映画はチケットを取るのが大変~と嘆いているお母さん。
e席リザーブなら、
お家にいながらパソコン、携帯でチケットが予約できちゃいますよ。
チケット売り場の行列を横目にスマートに映画を観ちゃいましょう♪


そして!お待たせ非売品の限定プリキュアステッカープレゼントのお知らせ!!
ビタミンママホームページをご利用のみなさんに
お店では買えないプリキュアステッカーをプレゼントしちゃいます!!
こちらのページをプリントアウトして、
   ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
プリキュアステッカー クーポン
   ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑

もしくはこのブログを携帯電話の画面に表示するか、
プリキュアステッカー
QRコードからプリキュアステッカー クーポンにアクセスし
携帯の画面にクーポンを表示して

ワーナー・マイカル・シネマズ港北ニュータウンのチケット売り場にいらしていただくと、
かわいいプリキュアステッカーをプレゼントします。

プリキュアステッカー

ステッカーがなくなり次第、終了とさせていただきます。

横浜・川崎&近隣エリアの情報ならビタミンママ

全スクリーンがきれいな空気に! 


ゆず久しぶりに風邪を引き、39℃以上の熱を出して寝込んでいた ゆず です。

こんにちは。

風邪が治っても、この時期は花粉症も辛いんですよねぇ~。

でも、BIG NEWS!!
ワーナー・マイカル・シネマズ港北ニュータウンでは、
今まで1番スクリーンと、7番スクリーンだけだった、
ウィルスウォッシャーが、
3月20日(金)から全スクリーンに導入されました!!

これでワーナー・マイカル・シネマズ港北ニュータウンでは、
すべての映画を安心して観る事ができます。
花粉やウィルスだけでなく、匂いやホコリも除去してくれるので
光に照らされて舞っている空気中のホコリが抑えられ、
食べ物の匂いも吸収されるので、
より映画に集中できるのです(^^)

せっかくお子さんが春休みに入ったのに
インフルエンザB型も流行っているようで
映画館に行くのを躊躇っていたお母さん!
ワーナー・マイカル・シネマズ港北ニュータウンなら
安心して映画が楽しめますよ♪

横浜・川崎&近隣エリアの情報ならビタミンママ

映画『GOEMON』 試写会ご招待 


ゆず石川五右衛門と聞くと最初に頭に浮かぶのはルパンⅢ世の五右衛門。
石川五右衛門はクールでかっこいいイメージの ゆず です。

こんにちは。

でも、映画「GOEMON」の石川五右衛門もかっこいいですよぉ~~。
公式ホームページはここをクリック

江口洋介が演じる義賊ですもの♪

GOEMON
STORY
舞台は戦国時代。
豊臣秀吉が信長の後を継いで政権をとり、平和な日々を送っている中、金持ちから盗んだ金品を貧しい人に分け与える一人の盗賊!名前は石川五右衛門。
ある夜盗んだ財宝の中にあった南蛮製の箱に、織田信長暗殺に関する重大な秘密が隠されていたため、石田三成と霧隠才蔵、そして徳川家康と服部半蔵と、箱を巡り壮絶な戦いに巻き込まれていく・・・。


まだまだ、謎の部分が多いこの映画。
監督は紀里谷和明。CASSHERNに続く二作目になります。
CASSHERNと言えば、近未来の幻想的な映像が思い浮かびます。
GOEMONも舞台は戦国時代ですが、ヨーロッパやアジアンテイストを織り込み、デジタル技術を駆使した映像になっているとか。

キャストも豪華!
GOEMON役の江口洋介はもちろん、
広末涼子、中村橋之助、要潤など。
私が注目しているのは中村橋之助さんの織田信長。
ブログを読んだのですが、迫力ありますよね~。

STORYの方も、単なるヒーロー物ではなく、五右衛門が真実を知り傷つき悩みながらも、自らの運命に立ち向かっていく様子も描かれているそうで、見ごたえありそうです。

この映画「GOEMON」の試写会に
なんとビタミンママのHPをご覧になっている
25組50名の方をご招待します!!

日時: 4/21(火)  18:00開場/18:30開演
場所:ワーナー・マイカル・シネマズ 港北ニュータウン

締切 4月12日(日)

応募は締め切りました。

横浜・川崎&近隣エリアの情報ならビタミンママ

2月のベストレビュー賞 


かりんみなさん、こんにちは♪
かりんです。

3月に入ってから花粉症持ちのツライ毎日を送っていますが、
春が近づくのはやっぱり嬉しいです。
の開花宣言ももうすぐ届くと思うとウキウキしちゃいますね!

そうそう、2月の末には日本映画界に嬉しいビッグニュースも届きました!
第81回アカデミー賞外国語映画賞を「おくりびと」が受賞!!
映画関係者のみなさま、本当におめでとうございます!!
最近の邦画の威力はスゴイですよね。
私が昨年観た映画も、邦画のほうが(ダジャレじゃないですよ〜)3対2くらい多かったです。
それだけ面白い魅力ある作品が増えているんでしょうね〜。

さて、いつもベストレビュー賞に応募してくださってありがとうございます!
2月は私も感想を書いた「マンマミーア!」の感想がたくさ〜ん届きました!
みなさんと感動を分かち合えて嬉しいです〜。

それではお待ちかねのみなさんからの感想とベストレビュー賞の発表です。

続きを読む

横浜・川崎&近隣エリアの情報ならビタミンママ

ホワイトデーはWMC港北ニュータウンへ♪ 


ゆず今週末はホワイトデー♪
旦那からのお返しをあれこれ考えている ゆず です。

こんにちは!

バレンタインに私があげたチョコは、もちろん私も食べましたけどね。

娘さんからチョコをもらい、お返しに悩んでいるパパも多いのでは?
かわいい、かわいい、娘さんへのお返しだもの、
張り切っちゃいますよねー。

ホワイトデーはWMC港北ニュータウンでデートというのは如何ですか?

ドラえもん

映画ドラえもん 新・のび太の宇宙開拓史


超劇場版 ケロロ軍曹 撃侵 ドラゴンウォリアーズ であります!
  

といった、
お子さんが喜びそうな映画を上映中です。

映画のお供には、ふわっと口の中でとろける独特の食感の米菓に、
クーベルチュールチョコレートをたぁ~っぷりからめた
期間限定販売の“ふわっとショコラ”を!
ふわっとショコラ
ヘーゼルナッツとホワイトチョコの2種類の味がありますが、
ここはホワイトデーですもの奮発して2種類とも買っちゃいましょうよ!

そして、14日(土)はドラえもんがやってくるんです!!
16時からノーズポート・モール2Fのセンターコートで撮影会があります。
(カメラはご持参ください)

映画を観て、おいしいチョコを食べて、ドラえもんとの撮影会に参加して・・・
完璧なデートコースだと思いませんか?

え、ママは?って。
家でのぉ~んびりさせてください(笑)
そして夜はノーズポート・モールで合流して
ちょっとリッチなディナーが嬉しいなぁ~(^^)

検討よろしくお願いします!>世の中のパパさん

横浜・川崎&近隣エリアの情報ならビタミンママ

『チェンジリング』観ました! 


かりんみなさん、こんにちは♪
かりんです。

チェンジリング
クリント・イーストウッド監督、アンジェリーナ・ジョリー主演の『チェンジリング』を観てきました。

STORYは
1928年、ロサンゼルス郊外に住むシングルマザーのクリスティン・コリンズ(アンジェリーナ・ジョリー)は9歳の息子ウォルターと幸せな生活を送っていた。
あるとき、急に休日出勤になってしまい、ウォルターを留守番させることに。
仕事を終え大急ぎで家に帰るクリスティンだが、ウォルターの姿はどこにもない。
行方不明の状態が5カ月たったある日、警察からウォルターが見つかったと連絡が入る。
だが、クリスティンの前に現れたのは見知らぬ少年だった・・・


チェンジリングとは、取り換えられた子どもの意味。
「さらった子どもの代わりに妖精が置いていく醜い子ども」という伝説が宿っているそう。
アンジー演じるクリスティンは、この悪夢なような経験をし、
息子を取り戻すために腐敗した権力に立ち向かっていく実在の女性です。

そうです。
信じられないようなこの話はクリスティンの身に起きた実話なのです。
「え!こんなことがあっていいの?!」と思うシーンばかり!!
怒りがメラメラと込み上げてきて、ハンカチをムギュ~っと握り締めちゃったほど。

クリスティンを演じるのは、私生活では6人の母であるアンジェリーナ・ジョリー。
今までアンジーが出演してきた『ウォンテッド』や『Mr.&Mrs.スミス』では、
武器を持って戦う強い女性でしたが、今回の役はどこにでもいる普通の母親役。

観る前までは、
今までのカッコイイアンジーのイメージしかないので
「どうなの?」
とちょっぴり不安だったのですが、
もうこの役はアンジーしか考えられない!!
と思うほどの名演技でした。
「息子を返して!!」と叫ぶアンジーと一緒に泣き、
私まで不安と恐怖で押しつぶされそうになってしまいました。
でも、希望を忘れず、大きな権力と戦うアンジーは、武器を持っていなくて強かった!!
いつの時代も女は弱いけど、母の愛は強いのです!!

はっきりいって内容はとっても重たいです。
実話の重みというのもあるし、なんといっても子どもが行方不明になる話です。
私も含め、すべての母親がこんな恐ろしいこと考えたくないですよね。
でも、「希望」があるかぎりあきらめない。
母だったらあきらめるわけがない。
ひとすじの希望でも信じられるのが母の強さなんだなと思いました。

キャッチコピーに「魂で泣く」とあるのですが、
なんだかわからない感情が押し寄せてきて
嗚咽しそうになるくらい泣いてしまいました。
本当に魂で泣いてしまう、心が震える映画でした。

気楽に観ようと思える映画ではないけど、ぜひ、機会があったら観てくださいね。
(ショッキングな内容なので小学生以下のお子さんにはオススメしません)

PG-12

横浜・川崎&近隣エリアの情報ならビタミンママ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。