スポンサーサイト 


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

横浜・川崎&近隣エリアの情報ならビタミンママ

芸術の秋♪『ヴィヨンの妻~桜桃とタンポポ~』を観ました! 


かりんみなさん、こんにちは♪
かりんです。

今回は芸術の秋らしく文芸作品を鑑賞してきました。
太宰治原作の『ヴィヨンの妻~桜桃とタンポポ~』です。
ヴィヨンの妻

今年は太宰治生誕100年なんですって。
ということは私達の祖父世代ですよね。
若くして亡くなったから、教科書でしか知らなかったけど
実は最近(?)の人だったんですね。
あの、松本清張と同い年と聞いてびっくりしちゃいました。

生誕100年ということで今年に入ってから続々と映画化されています。
『ヴィヨンの妻~桜桃とタンポポ~』のほかに、『斜陽』、『パンドラの匣』
そして、あの『人間失格』も来年2月公開予定です。
主人公・葉蔵を演じるのは生田斗真くん。
太宰を投影させた主人公をどう演じるのか、今からとっても楽しみです♪

で、今回の『ヴィヨンの妻~桜桃とタンポポ~』
太宰治の「ヴィヨンの妻」が原作ですが、
それ以外にも「思ひ出」「灯籠」「姥捨」「きりぎりす」「桜桃」「二十世紀旗手」などの作品がエッセンスとして取り入れられていて、
映画独自のオリジナルストーリーとなっています。
「桜桃」と「タンポポ」は太宰文学に出てくる印象的な言葉で、
大谷と佐知になぞられています。

STORY
戦後、混乱期の東京。
秀でた才能を持つ作家でありながら、酒を飲み歩き、借金を重ね、
妻以外の女性とも深い関係になってしまう、破滅的な生活をおくる作家大谷。
そんな放蕩夫を健気に支える美しい妻佐知。
ある日、夫が踏み倒した酒代を返そうと飲み屋「椿屋」で働くことにする佐知。
意外にも水を得た魚のようにいきいきと働く佐知は、
あっという間に店の人気者になり、日に日に輝きを増していく。
見違えるように美しくなっていく佐知に嫉妬し、
大谷は生きること、書くことに希望を見出せず愛人と心中未遂を起こしてしまう・・・


太宰治を彷彿とさせる作家大谷を演じるのは浅野忠信、
その妻佐知に松たか子。
脚本家が松たか子をイメージして書いたというだけあって、
佐知=松たか子でした。
佐知は、清楚で凛としていて、強くて、すべてを包み込むような愛情あふれる女性です。
なぜ、こんなどうしようもない男が好きなのか、最初はわからなかったんですけど
夫婦には夫婦にしかわからない愛のかたちがありますものね。
映画を観終わった後は素直に納得できていました。
まあ、私が佐知のように愛せるかといえば絶対「NO!」ですが(笑)

太宰と言えば「救いようがない」というイメージですが(私の勝手なイメージです!)
この作品はちょっと違います。
ラストシーンの佐知のセリフがとってもよかった!!
原作にもあるセリフだというので今度読んでみようかな。

そうそう、「ヴィヨン」とはなんぞや? と思われた方はいらっしゃいませんか?(あら、私だけかしら?)
「ヴィヨン」とは15世紀フランスの詩人、フランソワ・ヴィヨンのこと。
高い学識を持ちながら強盗、殺人などの罪を犯して、入獄、放浪の生涯を送った人物だそうです。
太宰は大谷をヴィヨンに見立て、自分自身にも重ね合わせていたようです。

今までイメージだけで敬遠してきた太宰文学だけど、
映画を観てちょっと印象がかわりました!
太宰文学が好きな方も、私のように興味がなかった方にもオススメしたい作品です。
第33回モントリオール世界映画祭最優秀監督賞を受賞した、
しっとりとした大人の作品を楽しんでみてはいかがですか?
PG―12

スポンサーサイト
横浜・川崎&近隣エリアの情報ならビタミンママ

ワーナー・マイカル・シネマズ 突撃レポート  


かりんいちご金木犀のいい香りに誘われてお散歩していたら
スーパーの店先で焼き芋のイイ匂いに立ち止まってしまいました・・・笑

そろそろブーツをはいてお出かけの季節ですね。

そんな秋の一日、いちごかりんが突撃インタビューにお邪魔しました(*^^)v


突撃レポートラズベリーソーダを片手に一人の時間を楽しんでいる素敵な女の子発見!

ワーナー・マイカル・シネマズ港北は初めてだという大学生。
今日見る映画は「さまよう刃」。
東野圭吾の原作を読んでとても気に入って是非是非映画を観てみたいと思ったそう。

本と映画ではどんな風に違うのか、
どのように演出しているのかも興味があり
楽しみにしているんだそうです。
殺されてしまう娘さんに近いAさんと、
親の立場で観てしまういちごとでは、
感じ方も違うんでしょうね。

本は良く読むけれど、あまり映画を観に行く機会はなくて、
ましてや一人で観るなんて久しぶりなんですって。
それくらい観たかったんですねぇ。

初めて来たというワーナー・マイカル・シネマズ港北の印象を聞くと
「広くて、きれいで気に入りました」まだまだ魅力がたくさんのワーナー・マイカル・シネマズ港北。
ぜひまた来て下さいね。お待ちしています~

        高津区 Aさん(大学生)

突撃レポート賑やかで、楽しそうにしている親子軍団発見!
秋休みを利用して来てくれたんですって。
宮前区は秋休み長いんですね
羨ましい(^^♪

仲の良いお友達同士、今日はATOMを観るとのこと。
ATOMはCMなどで良く宣伝しているし、
話題になっているので興味を持っていたとのことです。

「ソフトバンクの上戸 彩ちゃんが声をやっているんでしょう」とS君。
「学校の図書館に本が置いてあって読んだことがある」とK君。
色々な所で見て人気があるようです。
普段はハリーポッターやゲゲゲの鬼太郎、ポケモンの映画を観ているとのこと。

ATOMは、1963年にTVアニメとしてアニメ化された手塚治虫の「鉄腕アトム」の3DCG化。
アトムやウランちゃん、お茶の水博士など、私達には懐かしいキャラクターがいっぱい。
でも・・アトムじゃなくてATOM。
なんか顔も大人っぽい感じ(笑)
手塚治虫のアニメって温かみがあって大好き!
むかしのアニメとどんな風に違うのかいちごも観てみたいなぁ。

     宮前区 Yさん、S君(3年)
         Nさん、K君(6年)、K君(3年)



今回もご協力ありがとうございました。
あちこちでインフルエンザが流行っているみたいですが・・・・・
ワーナー・マイカル・シネマズ港北は、
水の力で空気を洗うウイルスウォッシャー機能付きの空気のきれいな映画館なので、
安心して観られますね。

今なら人気のナチョスが
こだわりのハチミツ入りソース「ハニーマスタードソース」で味わえます。
くせになるおいしさぁ!!

みなさんもお試しあれ~~。

横浜・川崎&近隣エリアの情報ならビタミンママ

『スノープリンス』試写会のお知らせ 


ゆず朝ご飯はお米と味噌汁が好きという典型的な日本人の ゆず です。
こんにちは。

観る映画もどちらかというと邦画が多いです。
映画が伝えたいことや、登場人物の細やかな心の動きが、
胸にしっとり、自然に沁みてくる気がするんですよね。

12月12日(土)公開の「スノープリンス 禁じられた恋のメロディ」は、
誰でも知っている「フランダースの犬」と「小さな恋のメロディ」を日本風にアレンジしたもの。
スノープリンス

忠犬ハチ公の物語が「HACHI」になったり、
人気コミックドラゴンボールがハリウッドで実写化されたりと、
日本の物語がアメリカで映画になることは多いけれど、
海外の物語を日本人向けにアレンジした映画って珍しいんじゃないかしら?

STORYは・・・
昭和初期の北国の村で、両親を亡くし、祖父と犬のチビと暮らしている少年・草太は、貧しく学校にも通えない生活を送っていた。
過酷な環境で暮らしながらも、人を信じる気持ちを失わず、絵描きになる夢を持ち続けている草太。
そんな草太を応援する村一番の裕福な家庭の少女・早代。
たくさんの優しさに包まれ、幸せに暮らしていた草太にクリスマスの夜、悲しい運命が訪れる・・・。


監督は『東京タワー オカンとボクと、時々、オトン』で日本アカデミー賞最優秀監督賞を受賞した松岡錠司。
脚本は、米アカデミー賞外国語映画賞を受賞した『おくりびと』の小山薫堂。
繊細な心の機微を描かせたら、この2人以上の人はいないんじゃないかと。
誰でも知っている物語だけど、
今まで知らなかった物語になっていると期待しています。

主人公の草太を演じるのはジャニーズjr.の森本慎太郎。
ジャニーズのネームバリューで選ばれたんじゃないんですよ!
松岡監督が1万人の候補者の中から、森本君の澄んだ眼差しを見て決めたんですって。
うんうん。とてもまっすぐな目をしていますものねぇ~。
今までジャニーズ系のコンサートや、ジャニーズ系の舞台で、
生の森本君観たことあります(^^;
小さい頃から(今も小学生ですが)知っているので、
主役に抜擢されてとっても嬉しいです。
気分は母親です。

小学生や中学生のお嬢さんをお持ちのお母さんは、
是非一緒に観に行って、感動の涙を流してきて欲しいなぁ~。

この映画の試写会にビタミンママホームページをご覧の25組50名様をご招待します。

日時:11月24日(火) 19:00~
場所:ワーナー・マイカル・シネマズ 港北ニュータウン

応募締切 11月10日(火)


当選者の発表は当選ハガキの送付を持ってかえさせていただきます。



↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
ご応募はこちらをクリック
↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑

横浜・川崎&近隣エリアの情報ならビタミンママ

パブリックエネミーズ試写会 


ゆず寒い!
一気に寒さが厳しくなり、気温の変化についていけない ゆず です。
こんにちは。

みなさんも寒さで、何をするにも億劫な気持ちなったりしていませんか?
そんな人に朗報!(笑)
寒さを吹き飛ばすのにピッタリな熱い映画の試写会です。

パブリックエネミーズ

パブリックエネミーズ

1930年代のアメリカでカリスマ的な人気を得ていた伝説の銀行強盗ジョン・デリンジャーの物語です。
ジョン・デリンジャーが襲うのは利益を独り占めしている銀行。
強者からお金を奪い、弱者からは一銭も奪わないという、
独自の美学を貫いているヒーローのような銀行強盗なのです。
そんなジョン・デリンジャーが恋したのは、
フランス人の父とインディアンの母を持つビリー。
指名手配犯として国家に追われるジョン・デリンジャーと共に、
永遠の愛を信じて2人は自由への逃亡をはじめたのでした。

まるで映画のような(映画だけど)主人公だけど、
なんとジョン・デリンジャーは実在の人物なんです。
仲間を裏切らず、人々を苦しめる汚い銀行のお金だけを奪っていく。
脱出不可能と思われる警察の包囲網も突破していく・・・

いやぁ~~ん、かっこよくないですか?

しかも愛する女性を最後まで守り抜くんですって!!

まるでハーレークイーン・ロマンスのようなドキドキする展開~~。
ス・テ・キ

更にジョン・デリンジャーを演じるのはジョニー・デップ!!
はまり役すぎます!!
もう、観たらドキドキしすぎて過呼吸起こすかも~~(笑)
興奮しすぎて、きっとTシャツ1枚でも暑くなりそうです。

12月12日公開のこの映画の試写会に、
ビタミンママホームページをご覧のみなさん10組20名をご招待します。


 試写会は
 日時: 12月3日(木) 18:30~
 場所:ワーナー・マイカル・シネマズ 港北ニュータウン
 応募締切:11月24日(火)


 当選者の発表は当選ハガキの送付を持ってかえさせていただきます。



↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
ご応募はこちらをクリック
↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑

横浜・川崎&近隣エリアの情報ならビタミンママ

9月のベストレビュー賞 


かりんみなさん、こんにちは♪
かりんです。

インフルエンザが猛威を奮っていますが
みなさんのまわりではいかがですか?
子どもたちの学校では学級閉鎖や学年閉鎖などがありましたが、
今のところ我が家の子どもたちは風邪をひくこともなく元気に過ごしています。

こんな時期はなるべく人がたくさん集まるところには出かけたくありませんが、
ワーナー・マイカル・シネマズ港北ニュータウンは安心です。
だって、どのスクリーンにもウィルスウォッシャー機能があるんですもの!
同じ映画を観るなら安心して観られる映画館を選びますよね!
ますますお世話になろうと思っているかりんなのでした(^-^)v

さてさて、9月もたくさんベストレビュー賞へのご応募をいただきました。
いつもありがとうございます!
試写会で「私の中のあなた」を観た方からの感想もありました~。
ホント、オススメの映画なのでぜひ劇場でご覧くださいね。
ハンカチは必須ですよ~。

それでは、みなさんの感想とベストレビュー賞の発表です!!




ホッタラケの島

夏休みも終わりなので、上のこどもと相談して、
物の大切が伝わるお話かな?と思い、観にいってきました!
正直言うと、フルCGの作品はアニメとはまた違い、
何となく演技が不自然な感じを受けてしまうので若干観るのに抵抗があったのですが
なんのなんの!
今のCG技術の高さ、声優さんの声のみの演技力(声優さんたちもビックな方々でした)、
ハートフルなお話で、娘ともども大満足♪の映画でした。
遥とテオ(人間とキツネ)のやり取りはコミカルでリズムよく、
キツネの世界でのお母さんの形見の手鏡をめぐる駆け引きは目をくぎ付けにしました。
そうそう、テオ以外にも、羊のヌイグルミも重要な役どころです。
誰でも大切にしていた「たからもの」を持ったことがあると思います。
モノにあふれる時代だからこそ、老若男女問わず見てほしいな、と思った作品でした。
家に戻り娘は私に「たからばこ、見せてあげる!」と、
靴箱に入ったこまごました宝物を見せてくれました。
「これね、キツネさんに持っていかれないようにここにしまっておくから、誰にも、パパにも内緒だよ!」と言っていました。
その後娘のすきを見て、
デジカメでその箱の中身を買ったホッタラケのパンフと一緒にパシャリ★
いつか娘が大きくなって自分のアルバムを見て思い出してほしいなと思います。
そして、モノへの愛着をもっともっと持っていってほしいです。

HN ウィル大好き




20世紀少年 ― 最終章 ― ぼくらの旗

子供たちと一緒に久しぶりに映画を見ました。
ずっと見たかったのですがなかなか時間がなくて・・
待望のシアター・大画面♪子供より興奮してしまいました(笑)
内容は・・結末を話してしまうとこの映画の醍醐味がなくなってしまうので言えませんが
役者さんひとりひとりが役になりきって、
いえいえ、その人になっていました。
脇役と言われるであろうワンカットしか出てこない人までもが、
とても存在感のある演技をしていました。
研ナオコさんが私個人的には、とてもツボに入りました♪
子供と「楽しかったね~スカッとしたね~」などと言いながら劇場を後にしました。
興奮する内容、でも何かちょっと考えさせられる映画。
子供も大人も楽しめる二十世紀少年でした。

HN チューリップ娘




私の中のあなた

キャメロンが演じる何とか我が子を助けたいという母親の気持ちが、
ちょっと怖いくらいの映画ですが、
その母親の行動にびっくりしながらもかなりうなずいてしまう私がいました。
話の展開は日本ではありえないけど、
なんの違和感もなくどっぷり映画の世界に入ってしまいました!
最後は、涙が止まらなくて、一生懸命こらえてましたが、
まわりの人のすすり泣きがたくさん聞こえて、逆に最後は素直に泣けました!
父親は、あまりしゃべりませんが、目や表情で男親の気持ちが伝わるので、
パパと2人で観にいくのもいいかも!?

HN あまぐりむいた




南極料理人

友達がこの映画を見て、「翌日の食欲が倍増するよ~!」と言っていたので、
ドキドキしながら見てきました。
 あまりの寒さのため、ウイルスすらも生きる事が出来ない南極ドーム「ふじ」基地。
ここで、調査目的のため、1年半の奇妙な同居生活を送ることになった隊員8名。
仕事内容はそれぞれ違うため、バラバラのポイントで仕事をしているのですが、
食事の時はほぼ一緒。
最初は食事の時間もただただ「食らう」だけだったのですが、
美味しい食事と楽しいイベントで、だんだんと打ち解ける隊員達。
やっぱり「お食事」は偉大ですね~~。
基地には、調査目的のみの隊員のみではなく、
調理担当や医療担当の方もいらっしゃるという事を映画を見て初めて実感し、
新鮮でした(考えてみれば、当たり前ですね)。
堺雅人の温かい雰囲気が、お料理を通しても伝わってきました。
実際の調理担当の方もきっと、
みんなへの愛情をこめてお料理を作っていたんだろうな~と感じました。 
・・・案の定、見終わった後は、ラーメンが無性に食べたくなりました。(笑)

HN みる




それではベストレビュー賞の発表です!
「20世紀少年 ― 最終章 ― ぼくらの旗」の感想を送ってくださったチューリップ娘さんに決定です!
「20世紀少年」私も大好きです~。
原作よりも結末がわかりやすくなっていて、
また彼のおかげで大好きなラストとなりました。
最初はあまりにも原作が長いのでどうなることかと思ったけど、
無事に終わってよかったです(笑)

チューリップ娘さんにはワーナー・マイカル・シネマズ港北ニュータウンで使えるペアチケットをお送りします。
また、映画の感想送ってくださいね~。

今回、惜しくも残念だった方も10月のベストレビュー賞をただいま募集中ですので
また送ってくださいね~。
たくさんのご応募お待ちしております!

横浜・川崎&近隣エリアの情報ならビタミンママ

いっぱいになったポイントカードで「カイジ ~人生逆転ゲーム ~」を観てきました♪ 


ゆず昨年は24本映画館で映画を観た ゆず です。
こんにちは。

今年は昨年の記録(?)を抜いて既に25本観ました。
でも、かりんちゃんの方が多く観ている気がします。
ゆずかりんも映画大好きなのです。

なので
5回観ると、1回無料の新ポイントサービス
もう溜まっちゃいました(^^)
ポイントカード

このポイントカードを使って26本目の映画を観てきましたよ~~。


観てきた映画はカイジ ~人生逆転ゲーム~
カイジ ~人生逆転ゲーム~
これは私的には大HIT!
累計1300万部突破の人気コミックの映画化です。
私は原作を知らないで映画を観たのですが、
同じように原作を読んでいない方は
(原作派の人は既にイメージが出来上がっていると思うので)
絶対「オモシロイ!」と思ってもらえる映画だと思いです。


STORYは
伊藤カイジはだらだらと無為の日々を送る26歳のフリーター。
そんな彼に悪徳金融会社の社長・遠藤が近づく。
友人の借金を肩代わりさせられ、知らないうちに負債額202万円を抱え込んだカイジに、
たった一夜で借金を帳消しにできて、さらに大金を手にするチャンスを提示する。
半ば脅されるように乗り込んだ豪華客船エスポーワールでは、
人生の負け犬たちが一発逆転のゲーム〈限定ジャンケン〉に挑もうとしていた。



主人公のカイジには藤原竜也。
誘惑に弱く、無気力なカイジが、一転勝負ごととなると鋭い眼光となり、
相手の心理を鋭く読んでいきます。
デスノートで一緒だった松山ケンイチが友情出演をしてて、
カイジと共に命を賭けた勝負に挑んでいます。
カイジに様々なゲームを仕掛ける利根川には香川照之。
ヘビのようにカイジをジワジワと追い込んでいきます。


実は私、ギャンブルって苦手なです(^^;
麻雀やパチンコも嫌い。
なので、賭博漫画と聞いて敬遠していたのですが、
映画はギャンブルというより、
生き方を示している映画といった感じでした。
甘えたことばっかり言ってるんじゃねぇ!!と渇を入れられましたよ。
「自分の人生このままじゃいけない!なんとかなるさ~じゃ、なんともならない!自分で行動しなきゃダメなんだ!」と。

子どもにも絶対観せちゃう(笑)
勉強すべき時に勉強しないで遊んでいたり、
まわりに流されてだらだら過ごしていると、
あっという間に時間は経って
何もない大人になってしまう。
そして、負け犬のような生活を送ることになっちゃうって教えてくれているんだもの。
私が説教するより、この映画の方がずっとリアルで、心に響くと思うわ。


こんな面白い映画、ポイントカードのおかげで無料で観ることができたなんて、
とってもラッキー(^^)

皆さんも、ポイントカード上手に利用してくださいね。

横浜・川崎&近隣エリアの情報ならビタミンママ

ワーナー・マイカル・シネマズ 突撃レポート 


ゆずいちご秋の気配を感じる今日この頃です。
食欲の秋もいいけど、ゆっくりと映画観賞を楽しむってのもまたいいんじゃないかしら!
映画観賞じゃ痩せられませんから・・(笑)ついでにスポーツの秋も楽しんじゃいましょう!
さて、今日もいちごゆずの突撃インタビュー(*^^)v

突撃レポート誰に声をかけようかなぁときょろきょろしていたら・・・・
何だか楽しそうでルンルン気分なおしゃまな女の子を発見!!

声をかけてみると・・・
ワーナー・マイカル・シネマズ港北でしかやっていないという
「それいけ!アンパンマン だだんだんとふたごの星」
を観にわざわざ鶴見区から来てくれたんですって。

Nちゃんはアンパンマンの大ファンで特に赤ちゃんマンが大好き!
アンパンマンはいつもテレビでも見ているんだそうです。
でも、4歳のNちゃん、ちょっぴり大人になったのか、
最近は他の映画にも興味をもちはじめたみたいで・・・・
そろそろアンパンマンは卒業みたいです。
次は何を観るのかしら。
ワーナー・マイカル・シネマズ港北には初めて来たというお母様に映画館の印象を聞くと
きれいだし、キャラクターがあって楽しいし、アメリカンな雰囲気が素敵とのことで
とても気に入って頂いたようでうれしいで~す。
1人でゆっくり映画を観たいけどなかなか機会がないというMさん。
次回は是非、お友達とかお1人でいらしてみて下さいね!
またまた違った気分で映画を楽しめるかもです。

鶴見区  Mさん
     Nちゃん(4歳)


突撃レポート映画大好きオーラが出ている人を発見!(笑)
早速インタビューしてみると、
今日は1人で「プール」を観に来たのですが、
実は昨日もお友達と「ココ・アヴァン・シャネル」を観に来たんですって。

うふふ・・・私の勘が当たりました。

でも、ちょっと前までは1人で映画館には行けなかったそうなんです。
「アマルフィ 女神の報酬」がとっても観たかったのに友達と都合がつかず、
思い切って1人で観に来たら、
“1人でも大丈夫!”と気づいたんですって。
それからは、友達と一緒の映画はもちろん、“自分の観たいときに好きな映画が観られる
”おひとり様映画も楽しんでいるそうです。

私も空いた時間にぱっと観られる、おひとり様映画よくやってまぁ~す。

ポイントサービスやクーポン券も上手に利用しているようで、
今日の映画は先日映画館でもらった5枚つづりの1,200円クーポンを利用したそうです。
映画ライフ楽しんでますね~。

「かもめ食堂」「めがね」はDVDで鑑賞、
でもやっぱりお家でDVDだと映画に集中できないということで、
今日の「プール」はゆ~~ったりとした雰囲気を味わうそうです。

癒されそうですね(^^)

映画を観たら是非感想を「ベストレビュー賞」まで送って下さいね。
感想を送って下さった方の中から、毎月1名様にワーナー・マイカル・シネマズ港北ニュータウンで使える平日ペアチケットが当たります。

「プール」の感想、「ココ・アヴァン・シャネル」の感想、楽しみにしていまぁ~す。

青葉区 K.Mさん


今回もご協力ありがとうございました。

食欲の秋・・・ワーナー・マイカル・シネマズ港北でも色々なセットメニューやお得なセットがたくさん!

今、売店でコーヒー、緑茶、カフェラテなどのホットドリンクと
ベーグル(生ハムとマリネor ブルーベリーチーズクリーム&メープル)をセットで頼むと
50円割引になります。

それと10月31日のロードショー
「フレッシュプリキュア!おもちゃの国は秘密がいっぱい!?」の公開を記念して
フレッシュプリキュアドリンクタンブラーとポップコーンバスケットを特別先行販売してます。
数量限定なので、お早めにお買い求め下さ~い。

まだまだおいしい物がたくさん!
おいしい物を食べながら映画を観られるなんて、
贅沢な時間が過ごせるワーナー・マイカル・シネマズ港北って最高!!

横浜・川崎&近隣エリアの情報ならビタミンママ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。