スポンサーサイト 


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

横浜・川崎&近隣エリアの情報ならビタミンママ

「ギンギラ太陽’s  はじめてモノ語り ボーン・トゥ・ラン ~夢の超特急~」試写会レポート 


夏休みもあと僅かという8月26日の金曜日。

「ギンギラ太陽’s  はじめてモノ語り ボーン・トゥ・ラン ~夢の超特急~」の試写会を
ワーナー・マイカル・シネマズ港北ニュータウンで開催しました♪

当日は午後から大雨となり心配していましたが
たくさんの方が観に来てくださいました!

この物語は、初代0系新幹線が引退前にもう一度東京を目指して走るお話でした。
太陽の塔、銘菓ひよこ、食堂車・・・
懐かしい色々な物が登場します。
そして誰もが子どもの時に口にした
♪ビュワーン ビュワーン 走る 青い光の超特急♪
あの懐かしい新幹線の歌が所々でうたわれていて
なんだかすごく心が和みました。
技術の進歩で速い新型がどんどん誕生し、
脇役になり、いずれ廃車になっていく新幹線達。
でも、ただ古くなって消えていくのではなく、
「技術が受け継がれている事」
「人々の役に立ちたいという気持ちがつながっている事」
そして「0系の長老と東北新幹線の出会い」を描くことで
「みんなが手と手を取り合い日本がひとつになって、私達の気持ちはひとつだよ」という
貴重なメッセージが込められています。
そんな気持ちが、観ている私達にもひしひしと伝わってくるんです。

是非、みなさんも公開されたら映画館に足を運んでくださいね。

演劇というと子どもには難しいかなぁというイメージがありますが、
上映中は何度も笑いがおこり
退屈している子どもはいなくて、
み~んな楽しんでいたようです!
役者さん一人ひとりが、お客さんに訴えるような迫力のある演技。
大人もきらきらした目と体全体で演技する姿に圧倒されていたようです。


試写会の後には、長老新幹線から簡単な挨拶がありました。
そして、出口で参加者のみなさんと写真を撮る準備のために、瞬く間に行ってしまいました。
さすが新幹線だ。はや~い。
出口ではたくさんの参加者のみなさんが、
うれしそうに長老新幹線とツーショットで記念写真を撮っていました!

ツーショット

参加者用のかぶり物も用意されていて、参加者の皆さんもおおはしゃぎです。

ギンギラ太陽's映画の上映中は、
カメラクルーがカメラをまわしていてました。
この映像はワーナー・マイカル・シネマズ港北ニュータウンの、映画の予告などに使われるそうです。




いちごも恒例の突撃インタビューしましたよ♪

WMC「おもしろかった、楽しかった」と満面の笑顔で元気いっぱい答えてくれたH君。
ワーナー・マイカル・港北ニュータウンがお気に入りで、
頻繁に映画を観に来てくれいるというUさんは
「あんまり新幹線には興味がなかったし、息子もまだ新幹線に乗った事がないのですが、
今回の映画ではとても勉強になりました。
これを機会に新幹線に家族で乗ってみたいなぁと思ってます」
と笑顔で話してくれました。

神奈川区 Uさん、H君

ワーナー・マイカル・シネマズ港北ニュータウンでは
電車の映画もよく上映しているので
そちらもチェックしてみてくださいね。

他には
お写真はありませんが
映画の感想を一言聞かせていただきました。

●とっても楽しかった!
●主人も私(お母様)も演劇が好きだけど、
 子どもにはまだまだ無理かなと思っていたので、
 今回演劇に触れられる良い機会になりました。
●登場人物がみんなかぶり物をしていたので小さい子でも飽きずに楽しんで観られた!
●演劇を大画面で見られて感動した!


皆さんも、
演劇を親子で楽しんでみてくださいね。

公開は9月23日(金・祝)からです。

スポンサーサイト
横浜・川崎&近隣エリアの情報ならビタミンママ

7月のベストレビュー賞 


かりんみなさん、こんにちは♪
かりんです。

もうすぐ夏休みも終わりですね~
私たちのこどもの頃の始業式は9月1日が定番だったけど
最近は2期制だったりゆとり教育の見直しなどがあったりで
夏休みの期間がどんどん短くなっていますね。
子どもたちにはちょっとかわいそうな気もするけど
そろそろ親のほうも限界だったので嬉しい限りです(笑)

学校が始まったら疲れを取りに(?)
ワーナー・マイカル・シネマズ港北ニュータウンで
大人向けの映画を楽しんでこようっと♪
ちょうど、8/27(土)から『神様のカルテ』が公開だしね。


さて、遅くなりましたがみなさんから送っていただいた感想と
お待ちかねのベストレビュー賞の発表です。




スーパー8
ET+スタンドバイミー的な触れ込みの宇宙人系の映画って、不思議と夏休みにしっくりきますよね。
主人公は子ども達ということもあり、小学生の息子と一緒に観にいきました(字幕デビューです)。
ワーナーのウルティラも初めてでした。
スクリーンも大きかったのですが、音響が凄いですね。
最初の列車事故のシーンは、場面の中にいるようなリアリティで、子どもと一緒にお尻を浮かしていました。
映画はETよりスタンドバイミーに近かったですかね。
宇宙人が潜んでいるシーンは、ちょっと子どもには怖かったかな。

HN 矢追




マイティーソー

ヒーローもの大好きな大学生です。
この系統の映画は現実離れしてますが、そこがファンタジックでいいです。
お金を払って見るものですから、リアルすぎてへこむのはちょっと。
「明日の元気」がもらえました。

HN SHO




ハリー・ポッターと死の秘宝2

原作全部読破。
映画全作品劇場鑑賞。
何も言うことはありません。
ハリー、ロン、ハーマイオニー、ハグリッド、シリウス、ダンブルドア校長先生、マクゴナガル先生、ルーピン先生、双子のお兄ちゃんたち、ルーナ、ジーニー、ドラコ、スネイプ、そしてネビル! 

みんなみんな、お疲れ様。

そしてアリガトウ。

HN かあたん




アイアムナンバー4

予告を見たときから思ってたんです。これってメチャクチャ青春してる映画じゃない?って。

ビンゴ! 

トワイライトを男の子中心にするとこんな感じ、という話でした。
詳しくは書けませんが、「あれ、ここで終わり?」という感じで、
これはぜひとも続編を作って、話を完結させてほしいです。

HN みかりん




それでは7月のベストレビュー賞の発表です!
『ハリー・ポッターと死の秘宝2』の感想を送ってくださったかあたんさんに決定です!

この気持ち、すんごくよくわかります~~(涙)
最終章にして最高にすばらしかったですよね!
みんなに会えなくなるのは淋しいけど、10年も楽しませてもらったことに感謝して拍手を贈りたいです!!

かあたんさんにはワーナー・マイカル・シネマズ 港北ニュータウンで
平日に使えるペアチケットをお送りします。
映画を観たらまた感想を送ってくださいね。

今回残念だった方々もただいま8月分の感想を募集中です!
たくさんの感想をお待ちしていま~す!
Twitterもよろしくお願いします~(^^)

横浜・川崎&近隣エリアの情報ならビタミンママ

「ギンギラ太陽’s  はじめてモノ語り ボーン・トゥ・ラン ~夢の超特急~」試写会のお知らせ 


ゆずかりんいちごみなさん、こんにちは!

福岡で大人気の劇団「ギンギラ太陽’s」ってご存知ですか?

ギンギラ太陽's


かぶりモノをした役者さんが、
「建物」や「乗り物」などモノを擬人化することで物語を展開するユニークな演劇集団です。
でも、「笑い」だけじゃないんですよ!
脚本は徹底的に取材をし
史実に基づいて描かれいるので、
笑いとともに深い感動をもたらしてくれる劇団なのです。

そのギンギラ太陽'sの作品

はじめてモノ語り ボーン・トゥ・ラン ~夢の超特急~
が映画になって
9月23日(金・祝)から全国のワーナー・マイカル・シネマズで公開されます。

普段なかなか観る事ができない劇団の作品を
映画で観る事ができるんですよ~


はじめてモノ語り ボーン・トゥ・ラン ~夢の超特急~
STORY
昭和30年代「夢の超特急」として誕生した初代0系新幹線。
しかし今は吹きさらしの博多の車庫に放置されていた彼らは引退廃車となる前、ある計画を思いつく。
「走るために生まれた彼ら」が取った行動とは…!


2011年4月29日、遂に新幹線は青森から鹿児島まで繋がりました。
明日を、未来を信じて走り続けてきた新幹線。
彼らO系の最後の走行を通して、夢と理想を追い続け、壮大な夢を実現させた
開発者たちの「技術や想いのタスキ」が次の世代へと繋がり、
日本がひとつになっていく様子が、ユーモラスに感動的に描かれていています。


この映画を、な、な、な、なんと
公開から1ヶ月も前の8月26日(金)に
ワーナー・マイカル・シネマズ港北ニュータウンで親子試写会しちゃうんです!!


日時:2011年8月26日(金) 17:30~ 
場所:ワーナー・マイカル・シネマズ 港北ニュータウン
応募締切:8月25日(木)13:00
当選者数:30組60名


当選者の方へは8月25日(木)までに
当選メールにて連絡いたします。

2歳以下のお子さんが膝の上で鑑賞する場合
おひとりとカウントいたしませんので
ぜひファミリーでお越しください。


↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

  応募はここをクリック

↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑



また、今回の試写会には撮影が入ります。
(劇場公開用のウェブ予告などで使用する予定です)。
さらに、一部のお客様へインタビューもさせていただきますので、
それをご了承いただいくことが応募条件となります。

横浜・川崎&近隣エリアの情報ならビタミンママ

『行け!男子高校演劇部』観ました♪ 


ゆず毎日暑いですが、高校野球も熱いですね!!
地元高校がン年ぶりに一回戦を突破し
喜んでいるゆずです。
こんにちは。

高校野球は「青春~~」って感じがしますよねぇ~。

野球に限らず
高校生の部活って「青春」ですよね!
そんな高校生の部活を描いた映画は
「ウォターボーイズ」
「ボックス!」
「ルーキーズ」と数多くあります。
文化部だって負けていません。
「書道ガールズ」
「スイングガールズ」なんてのもありましたね。

そんな部活にかける高校生の青春を描いた傑作映画が
またひとつできました。

行け!男子高校演劇部


行け!男子高校演劇部

です。

演劇にかける6人の男子の
汗と涙と友情の感動物語・・・・・・・

で~は~な~く~

最初から最後までハイテンションの
超笑えるオバカムービーなのです。

なのに最後は感動しちゃってるから悔しい(笑)


STORYは
池松男子高校に入学した小笠原元気(中村蒼)は女の子にモテる部活を探していたところ、
勘違いで廃部寸前の演劇部に入部することに。
顧問(池田鉄洋)すらやる気のない部内で彼が部員獲得に孤軍奮闘し、何とか廃部を免れる。
そんな中、演劇の見学に訪れた女子高である美少女に一目ぼれした小笠原は、
総合演劇祭出場に向けて奮起するが……。


この映画、顧問役の池田鉄洋さんが初めて書いた脚本なのです。
池田さんというと・・・名脇役?
出てくるだけで存在感があって注目しちゃう。
なんか・・・奇才という感じ。
なのですが、この人がこんな面白い脚本を書くとは思いませんでした。
池田さんというとあの独特な風貌から
ちょっと引いちゃう?人もいるかもしれませんが
実はとっても面白い人で演技派。
そんな池田さんそのまんまの映画です。

最初ちょっと引いちゃうかもしれませんが
クセになる面白さで
どんどん画面に引きずり込まれます。

な~んか~
出ている人が~
中村蒼君以外地味だし~~

なんて言っている人。

堺雅人さんも出ていますぞ。

ほとんどメディアで取り上げられていない地味な映画ですが(^^;
この夏、ゆず一押しの映画です。

小学生男子はきっとバカ受けすることでしょう。
中学生も高校生もバカ受けすることでしょう。

私も笑いすぎて腹筋が痛くなりました。

ワーナー・マイカル・ネマズ港北ニュータウンでは
映画の中で使用した実際の衣装が展示されています。
行け!男子高校演劇部 行け!男子高校演劇部

こちらも映画のあと見ると感動が蘇ってきます。
特に緑の・・・が。

アニメを卒業したお子さんと楽しめる夏休み映画です。

横浜・川崎&近隣エリアの情報ならビタミンママ

wmc港北ニュータウンの夏休み♪ その2 


夏休み、親子で鑑賞するのにピッタリな映画

ライフ ―いのちをつなぐ物語 ―

試写会のお知らせです。

ライフ ―いのちをつなぐ物語 ―


イギリスのBBCが製作した
地球上のさまざまな動物たちの生きざまに迫る驚異のドキュメンタリー。
アザラシやチーター、さらにハネジネズミやカイツブリなどの珍しい生き物たちが
必死に知恵を絞って命をつなぐ姿を追い掛けています。
9月1日公開のこの映画を
ひとあし先に夏休み中に見てみませんか?

■日時:8月24日(水) 〔18:30開場/19:00開演〕
■応募方法
ノースポート・モール、モザイクモール港北、あいたい、港北MINAMO、ルララ港北
各店舗で1,000円以上(税込)買い物したレシートを応募用紙に添付し、
必要事項をご記入の上、各店舗設置の応募箱にご投函して下さい。
※応募は応募箱設置のそれぞれのショッピングセンターのレシートのみ有効です。
(他館のレシートが添付されている場合は無効となります。)

■応募締切:8月17日(水)

みなさんのご応募、お待ちしておりまぁ~~す。

横浜・川崎&近隣エリアの情報ならビタミンママ

wmc港北ニュータウンの夏休み♪ その1 


ゆず夏休みがはじまって10日以上経ち
朝のお弁当作りがなくなって
すっかりだれきっているゆずです。
こんにちは。

子ども達が小さい時は
毎日何をして過ごそうか
考えるのが大変でした。

毎年行っていたのはスタンプラリー。
最近はいろんなスタンプラリーが増えましたよね。

WMC港北ニュータウンでも市営地下鉄を利用したスタンプラリーを行っているんですよ。

カーズ2 スタンプラリー


スタンプポイントは
あざみ野、センター北、新横浜、中山、日吉の5ヶ所。

スタンプを3つ集めて
上記の駅の事務室に行くと
先着600名にオリジナルうちわをプレゼント!!

しかも、スタンプラリーの台紙を持って
WMC港北ニュータウンにカーズ2を観に行くと
オリジナルグッズももらえちゃいます!!(^^)



市営地下鉄は夏休み中子ども100円キャンペーンも開催中。
子どもは100円で市営地下鉄に乗れちゃうんです。


ぜひぜひ、夏休みの思い出にチャレンジしてみてくださいね!!

横浜・川崎&近隣エリアの情報ならビタミンママ

『忍たま乱太郎』観ました♪ 


かりんみなさん、こんにちは♪
かりんです。
あの国民的アニメの実写版で話題沸騰中の『忍たま乱太郎』を観てきました!

忍たま乱太郎


今さらストーリーを紹介することもないと思いますが(^^;

STORY
先祖代々、ヒラ忍者の家系に生まれた乱太郎は、エリート忍者目指して忍術学園に入学する。
生徒たちは忍者のたまご、略して「忍たま」と呼ばれている。
乱太郎は「1年は組」になり、そこでしんべヱやきり丸と出会い、
落ちこぼれながらも一生懸命、忍術の勉強に励むのだった。
ある日、髪結いの息子で、4年は組の斉藤タカ丸の家に暗殺者が現れる。
乱太郎たちは友だちを助けるために立ち上がるが・・・


まさに、アニメそのまま!
テレビからそのまま立体になって飛び出してきたようでした(笑)
乱太郎役の加藤清志郎くんや、きり丸やしんべヱ役の子どもたちのかわいさといったら!

でもでも、それ以上にすごかったのが、
大川学園長役の平幹二郎や
ドクタケ忍者隊の稗田八方斎(ひえたはっぽうさい)役の松方弘樹などの超大物俳優さんたちが、
特殊メイクをして実に楽しそうに演技をしているのには感動しました!
稗田八方斎の頭が重くて後ろにひっくり返るのなんて、
アニメではおなじみだけど実写で見れるとは思わなかったですよ~

山田先生や土井先生もイメージぴったりだし、
私の大好きな山田先生の女装姿もありました♪ え?趣味が悪いですか(^^;

監督は昨年『十三人の刺客』でベネチア国際映画祭でも絶賛された三池崇史監督。
でも、とても同じ監督が撮ったとは思えない、明るい「毒」のない作品でした。
もちろんアニメであるようなしんべヱの鼻水や、子どもたちの大好きなう○こは
これでもかってくらいバーーンと出てきますけど(笑)

劇場内はやっぱり家族連ればかりだったのですが、
子どもたちが大ウケしていたのはアニメと同じようなシーンです。
アニメと同じことが実写でできるってすご~いですよね。

いつも思うんだけど、劇場内で子どもたちの笑い声を聞くのは、
一緒に観ている私たちもしあわせな気持ちになりますね!

映画を作った監督、出演者、スタッフの大の大人たちが、
子どもたちに喜んでもらえるよう一生懸命取り組んだそうですよ。
だから、出演しているたくさんの忍たま役の子どもたちも
のびのびと演じていて楽しい作品になっているんですね。

壮大なストーリーがあるわけじゃないけど
観て楽しくワクワクできるのは間違いありません!!

ぜひ家族揃って劇場で大笑いしてきてくださいね!!

今週土曜日から公開されている『カーズ2』も楽しみですよね!
カーズ

映画を観たらこちらのドリンクカップもご一緒にいかがですか?
「カーズ2ドリンクカップ」ソフトドリンクレギュラーサイズ ¥750(フィギュア付き)数量限定販売なので欲しい方はお早めに~

横浜・川崎&近隣エリアの情報ならビタミンママ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。