スポンサーサイト 


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

横浜・川崎&近隣エリアの情報ならビタミンママ

『天地明察』観ました。 


ゆずゆずです。

2012年は金環日食からはじまり
金星の日面通過、金星食と
珍しい天文現象がたくさん起こりました。

残念ながらお天気が悪くて、
観測にはあまり適していませんでしたが・・・

天体に振り回されていたのは
昔も今も変わらないようです。

江戸時代に星の動きを観察していた安井算哲と、その妻の物語『天地明察』を観て来ました。

天地明察


STORY
徳川家に碁打ちとして仕えていた安井算哲(岡田准一)は、
算術にたけ、なにより星を眺める事が好きだった。
ある日会津藩主の保科正之(松本幸四郎)の命を受け、
算哲は日本全国から北極星の高度を計り
その土地の緯度を計測する北極出地の旅に出ることになる。
旅から帰って来た算哲に次に課せられた使命は
最近ズレが生じてきている暦を正す事だった。
しかし暦を司っているのは帝であり
新しい暦を作るということは朝廷に背くことだった。


「おくりびと」の滝田洋二郎監督の作品。
800年以上日本で使われてきた中国の暦を
日本独特の暦にした実在の人物 安井算哲。
星を観察し、何度も計算を繰りかえして暦を作るという作業は
はっきりいって地味(^^;

それが
とても興味深い物語になっています。

研究者って地味なんですよねぇ~。
結果が出るまで何年も、何十年もかかるし。

諦めずに、何度も暦作りに挑戦する安井算哲の姿は
ぜひ、子どもにも観てもらいたいと
家に帰ってすぐ子どもに勧めました。

お父さんが観ても楽しめる映画だと思います。

そして、その安井算哲を支える奥さんがいいんです!
結婚まで何年も待たされ
結婚後は優しく見守りながらも
算哲が諦めようとすると厳しく叱咤し
また研究に向かわせる。

こんな奥さん欲しい!!(笑)


映画の中で重要な役割を果たしている
数学の問題を書いた「算額」。
算学の知恵比べをした江戸時代の娯楽です。
そのレベルはとても高く
1900年代のノーベル賞ものの問題もあるとか。
武士だけでなく商人や農民まで、
江戸時代は数学を楽しんでいたんですね。
この「算額」は世界でも類を見ない
日本独特の文化だそうですよ。

この貴重な「算額」
荏田の真福寺さんに現在見つかっている975面のうちの3面があるんですよ。
一般公開はしていませんが
4月10日の花まつり、8月17日は公開されるそうです。
それ以外の日でも10名以上で申し込むと
見せていただく事が可能だそうです。

お友達を誘って、算哲の気分を味わってみませんか?(^^)

真福寺
住所:横浜市青葉区荏田町432-8

スポンサーサイト
横浜・川崎&近隣エリアの情報ならビタミンママ

「白雪姫と鏡の女王」観ました♪ 


いちごいちごです。

少しだけ朝夕が涼しくなってきましたね。
いちごは、
「白雪姫と鏡の女王」
の色鮮やかな
ファンタジーの世界にどっぷり浸かって来ました!

白雪姫と鏡の女王


STORY
18歳の白雪姫(リリー・コリンズ)は、
幼い頃に父親である国王が亡くなって以降、
継母の女王(ジュリア・ロバーツ)によって城に閉じ込められ、
世の中を知らない箱入り娘に。
贅沢三昧のワガママ女王のせいで国は破産寸前。
ある日、女王の目を盗んで城の外に出た白雪姫は、
飢えに苦しむたくさんの人々を目のあたりにする。
「国民を救わなくては!」と立ち上がった姫だったが、
女王が財政難を打破するために結婚しようとしていた
ハンサムな王子(アーミー・ハマー)と恋に落ちてしまった。
怒った女王は白雪姫の殺害を企み、
森に逃げ込んだ姫は、7人の小人のもと、様々な戦術を学ぶ。
白雪姫VS鏡の女王、このおとぎの国での大バトルは、
痛快でロマンチック、かつユーモアたっぷりのファンタジーの世界へいざなってくれる♪


Once upon a time・・・、昔話を語る冒頭のシーンでは、
「白雪姫の肌が雪のように白く綺麗だなんて、大げさよ!18年間もひきこもれば、皆そんなもんよ」などと
口をはさむ女王の台詞に、
“この映画、私たちが知っているおとぎの国の白雪姫とは、
ひと味もふた味も違うかも?!”

と作品に一気に惹きつけられました。

ネタバレになるといけないので、あまり言えないけれど、
魔法にかかる相手は白雪姫ではないし、7人の小人が、ここでは7人の巨人として活躍するんです(^^;。

ターセム・シン監督がVFX(デジタルカメラやコンピューターを使用し、
映画を加工していく映像効果)を使って生み出した魔法の世界は、
おとぎの国に迷い込んだような錯覚に!

また、ため息が出てしまうぐらい素敵な衣装の数々も、
女性のみなさんにとっては見どころの一つです♪。

このゴージャスできらびやかなコスチュームたちのデザインを手がけたのは、
日本が世界に誇る芸術家・石岡瑛子さん。

メインキャラクターたちが着るドレスやスーツだけでなく、
エキストラ用に300着以上もの衣装をデザインし、
そのほとんどが手作業だったそうです。
コスチューム図鑑などがあったら、ぜひ、購入した~い!!

そして、初の悪役に挑戦したジュリア・ロバーツは、
魔女でも、やっぱりキレイ~!!
舞踏会前のトリートメントのシーンは、
ヘビ、かたつむり、ハチ、新鮮な鳥の糞など、
思わず「え~~~っ、そんなパック方法が・・・」と驚きますよ(笑)。

白雪姫役のリリー・コリンズ(父はミュージシャンのフィル・コリンズ)も
華やかで気高い女性を見事に演じています。

斬新なストーリーがテンポよく展開するので、
最初から最後までずっと楽しめる映画でした♪

原作の「白雪姫」は毒リンゴを食べて王子様が通りかかるのを待っていましたが、
ここで描かれているのは、自分で運命を切り開く強いタイプのお姫様。
今の時代にふさわしいヒロインです。

皆さんの感想をぜひ聞かせてくださいね。
毎月発表されるベストレビュー賞に選ばれると
映画鑑賞のペアチケットがもらえま~す♪
ご応募お待ちしています。

横浜・川崎&近隣エリアの情報ならビタミンママ

ワーナー・マイカル・シネマズ 突撃レポート 


ゆずいちごみなさん、こんにちは!

ゆずいちごは、
ワーナーマイカルシネマズのお客様感謝ディーに
突撃インタビューしちゃいました!!

突撃インタビュー 突撃インタビュー

ねっ、すごい人で、びっくりでしょ~。
なんだか、迷子になってしまいそうなくらい賑わっていました。

そんな中、
チケット売場の長蛇の列を横目に
e席リザーブブースに向かう2人の女性。
ひとりはチケットの交換、
もうひとりはフード&ドリンクコーナーへ。
むむ、スマートな行動!この2人できるぞ!と
早速突撃インタビュー。

突撃インタビューお話を伺うと
やはり月に1~2回はワーナー・マイカル・シネマズ港北ニュータウンで映画を
観ているというコアな映画ファンでした(^^)

半券チケットでジュースをサービスしてもらったり
6回映画を観たら1回無料になる『シックスワンダフリー』を利用したりと
上手にワーナー・マイカル・シネマズを利用しています。

お客様感謝デーは混んでいる!と予想して、
e席リザーブを今回初めて利用したそう。
「並ばなくて済んでとっても楽でした」。

そうなんです。
レディースデイやお休みの日って、
駐車場まで列が並んじゃうことがあるんですよ。
そんな時、e席リザーブで事前に席を予約しておくと並ばなくてよいので、
朝の家事を済ませ、
ゆっくりお茶を飲んでから
映画の上映に間に合うように家を出てきて大丈夫なんです。
しかも、良い席を予約できちゃう。
100円でこの余裕&安心を得られるのは嬉しいですよね。

到着してから10分ほどで
売店で購入したポップコーンとジュースを持って
ふたり、『天地明察』を観るために劇場へと入って行きました。

このスマートさ、見習いたいですね(^^)

青葉区 YKさん MFさん

突撃インタビューお次は、突撃インタビュー始まって以来の大所帯、
5人の美女集団にお話しを伺いましたぁ♪

お子さんが同じ年少さんという幼稚園のママ友のみなさん!
幼稚園に子どもを送った後、直行で映画館へ。
席が取れないと嫌なので、始めに席だけ確保したそう♪
あとは、時間までブランチをし、映画鑑賞をするそうです。

幼稚園のママたちは、限られた時間を有意義に過ごすため
綿密なる計画を立てているんですね。

幼稚園のお子さんたちには「カーズ」や「ジュエルペット」などで、
3D映画を体験させたそう。
しばらくは不思議なメガネのとりこになってしまったとか。
親子で映画鑑賞をできるのって、良いですよね♪
今日は、何を観るのか聞いたところ、
「もちろん、踊る大捜査線 THE FINAL!!」という答えが返ってきました。
テレビシリーズからファンだったそう。
「クスクス笑えるところが、魅力なんですよ~。で、はまっちゃって・・・」。
ワーナーマイカルシネマズの上映ランキングでも1位を占めているこの映画、
e席リザーブで先に席だけ予約しておくのも1つの手かもしれないですね(^^;。

青葉区 KKさん、CYさん、NMさん、KSさん、KKさん

今回も突然のインタビューにも関わらず快くご協力くださり、
ありがとうございました!
また来月もみなさんのもとへ突撃しますので、
ぜひぜひお楽しみに~♪

芸術の秋、映画館で楽しいひとときをお過ごしくださ~い♪♪

横浜・川崎&近隣エリアの情報ならビタミンママ

8月のベストレビュー賞 


かりんかりんです。
いつもベストレビュー賞にご応募いただきありがとうございます!


厳しい残暑が続いていましたけど、朝晩はだいぶ秋めいてきましたね。
虫の鳴き声も聞こえるようになり、いよいよ暑かった夏ともお別れですね~。
夏はファミリーで観れる映画作品が多いのですが、秋は女性向けの映画がけっこう多いんですよ。
今上映しているもので私がオススメなのは『夢売るふたり』。
女性の私が見ても「女って恐ろしい・・・」と思いました。
でもすご~くよくわかる部分もたくさんあるので、これまた恐ろしくなったりして(^^;
R15+の作品なのでお子さんが学校や幼稚園に行っているすきに
ぜひごらんになってくださいね!

さて、それではみなさんから送られた感想と
8月のベストレビュー賞の発表です!




ダークナイト ライジング

「ダークナイト ライジング」を見るためにシリーズを予習してから見に行きました。
前作を見ていなくても十分楽しめる作品でしたが、
通してみることで、楽しさは倍増するもんだと実感しました! 
新作のライジングが映像といい音響といい、劇場で見て大満足だったので、
前作も劇場で見ればよかった~と後悔してま~す。

HN アン



マダガスカル3

夏休み最後のお楽しみで、娘と一緒に見に行ってきました!
娘は初めての3D映画。大丈夫かな~?と思っていましたが、子供用の3Dメガネがあり、問題なく楽しめた様です♪
ストーリーも底抜けに明るく、たくさん笑って、ひたすら笑って。。。楽しい時間を過ごしました。
娘に感想を聞くと、「おもしろかった~~!1や2と違って、びょーんって出てくるから、ダンスのとこも面白かった!」と、めいっぱい楽しめた様です。
3D、楽しいですね♪♪♪
映像も素晴らしかったです! 親子で楽しめる、良い映画でした。

HN  アンジー



アベンジャーズ

予告を見て、これはシアター鑑賞だなって決めてました。
アイアンマンくらいしか見たことありませんでしたが面白かった~! 
メカ好きなので、アイアンマンはもちろん、
敵の巨大な竜みたいなヤツとか、
バイクみたいな乗り物とかにもしびれました。
あ、アイアンマン3ってやるんですね。
もちろん見に行きますよ!

HN スターク社員



After school Midnighters 放課後ミッドナイターズ

不気味なイメージがある真夜中の学校で繰り広げられるストーリーでしたが、
ハチャメチャに面白かったです。
人体模型(キュン様)の声優の山寺宏一は、もう最高~♪
和製「不思議の国のアリス」と言われている映画らしいけど、それ以上かも♪。
映像の細やかさは、さすが日本人の技!最後に、ホロってくるのがこれまた良かったです♪

HN ミッドナイトパーティ



それでは8月のベストレビュー賞の発表です!
「マダガスカル3」の感想を送ってくださったアンジーさんに決定です!

私も娘と一緒に観ました~♪
3D映像がとてもキレイでサーカスの場面(わかります?)では、あまりにも音楽と映像がステキで泣いちゃいそうなくらい感動しました(大げさですが)。
ストーリーもよかったですよね。
しばらくは♪~踊るのスキスキ♪が頭から離れなくて大変でしたけど(笑)

アンジーさんにはワーナーマイカルシネマズ港北ニュータウンで平日に使える無料鑑賞できるチケットをペアでお送りします。

映画を観たらまた感想を送ってくださいね~。
お待ちしていま~す!

9月のベストレビューのご応募もまだまだ受付中です!
左のベストレビューのバナーをポチッと押して感想を送ってくださいね。

同時にTwitterからの応募も受付中です。
ハッシュタグ #motto_wmcNT をつけて映画の感想をつぶやくと、
毎月1名様にワーナー・マイカル・シネマズ港北ニュータウンで平日使える無料鑑賞チケットをペアでプレゼントしています。

こちらの感想とダブルでTwitterからの応募も可能なので
たくさんつぶやいてペアチケットをGETしちゃいましょう~。

みなさんからのたくさんのご応募お待ちしていま~す。

横浜・川崎&近隣エリアの情報ならビタミンママ

『踊る大捜査線 THE FINAL 新たなる希望』観ました♪ 


かりんかりんです。

ついにFINALを迎えることになった『踊る大捜査線 THE FINAL 新たなる希望』を観てきました~!

踊る大走査線 ファイナル


STORY
湾岸署管内で開催された国際環境エネルギーサミット会場で誘拐事件が起こり、
その後被害者が射殺体で発見される。
使用された拳銃は、警察が押収していた拳銃だった。
捜査を担当することになった湾岸署だったが、
青島(織田裕二)ら所轄の捜査員には一切の情報が開示されない異例の捜査方法が発表される。
そんな中、第2の殺人事件が起こり、
そして第3の事件、真下(ユースケ・サンタマリア)の息子が誘拐される・・・

今さら紹介しなくても皆さんご存知だとは思いますが
シリーズものなので今まであまり見たことがない~という方にでも
わかりやすいよう『踊る大捜査線』についてご紹介しますね。

今から15年前、フジテレビの連続ドラマとしてスタートした『踊る大捜査線』。
それまでの派手な事件ばかりを扱う刑事ドラマと比べ、
日常的な署内での出来事や、
警察組織の矛盾、
お役所的な側面をクローズアップしているのが特徴的でした。
そして必ずといっていいほど笑えるシーンが毎回あり、
今までの刑事ドラマの常識を覆したといっても過言ではありません。

このお笑い担当が、ご存知「スリーアミーゴス」(北村総一朗、小野武彦、斉藤暁)のお三方ですよね(笑)

今回の映画でも指導員の立場になったにもかかわらず出演して(しゃしゃり出て)おり、
しっかりと笑わせてくれています♪

とここまで書くと知らない人はコメディかと思うでしょ?
でもまったくそんなことはありません。
「踊る」の核には青島刑事と警察庁のキャリア室井慎次(柳葉敏郎)の約束があります。
警察組織の腐敗を正すために室井は出世し、青島は現場でがんばっていくという、まさに熱き男の友情(涙)

たぶんこれがずっとあるから「踊る」は皆さんから愛され、15年も続いたのではないかな~と思います。

で、今回の劇場映画4作目の『踊る大捜査線 THE FINAL 新たなる希望』。

FINALということもあり、久しぶりに青島と室井さんがタッグを組み、事件に向かいます。
電話越しに「青島!」「室井さん!!」と呼び合う姿を見て、思いのほか感動!
やっぱり「踊る」はこうでなくっちゃね~。

もちろん冒頭から笑いありで、「え~!」とびっくりするような展開だったり、
ビール隠しに、お弁当争奪戦だったりと、笑えるシーンがこれでもかと出てきます。
このへんの笑いとドラマの匙加減が絶妙なんですよね。

そしてラストはタイトルの通り、希望のある「踊る」らしいラストでした♪

映画を観終わった後、
15年間青島刑事とともに湾岸署内を盛り上げてくれたすべての人たちにお礼を言いたい気持ちになりました!

青島くんやすみれさん、湾岸署内の人たちに会うのもこれで最後ですよ~。
FINALはぜひWMC港北ニュータウンの大きなスクリーンでご覧になってくださいね!

おまけ
プログラムが、機密文書(笑)
踊る大走査線 ファイナル

横浜・川崎&近隣エリアの情報ならビタミンママ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。