スポンサーサイト 


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

横浜・川崎&近隣エリアの情報ならビタミンママ

『任侠ヘルパー』観てきました♪ 


かりんかりんです。

SMAPの草彅剛くん主演の『任侠ヘルパー』観てきました!
って、もう「SMAPの」っていう枕言葉はいらないですよね。
前にも書いたけど、かりんは俳優としての草彅剛くんが大好きなのです
役柄によってがらっと変わる雰囲気は、日本の役者さんにはあまりいないタイプだと思うのよね~。

任侠ヘルパー

STORY
指定暴力団「隼會」を抜け、堅気となってコンビニ店員として働く翼彦一(草彅剛)。
ある日、コンビニに強盗に入った老人に
店の金を渡したことから刑務所送りになった彼は、
獄中でその老人・蔦井雄三(堺正章)と再会する。
元極道であった彼は彦一に、
コンビニのときのお礼に、
困ったら「極鵬会」の組長・朝比奈(宇崎竜童)を訪ねればいいと
「極鵬会蔦井雄三」と彫った将棋の駒を差し出す。
その後、出所する彦一の前にコンビニで一緒に働いていた成次(風間俊介)が
子分にしてほしいと迎えにくる。
同時に獄中で死んだ蔦井の娘(安田成美)が遺骨を引き取りに来て、
彦一に世話になったと礼を言って去っていく。
行くあてのない彦一は、朝比奈を訪ねるが、
彼から破産した老人たちを劣悪な介護施設に放り込み、
年金や生活保護費を絞り取るシノギを強いられる。


2009年のテレビドラマでスタートした『任侠ヘルパー』。
当時からヤクザが介護ヘルパーとして働くという設定で話題を集め、スペシャルドラマにもなった人気シリーズの劇場版です。

ドラマからスタートの劇場版はストーリーがつながっていたりして、
ドラマを見ていなかった人たちは二の足を踏むかもしれないけど、
この作品はぜ~んぜん大丈夫です!!

ドラマ版で出ていたキャストは一新し、
ストーリーもつながっていないので、
映画単独の鑑賞でもまったく問題ありません!

ドラマで共演していた黒木メイサが友情出演でちょっぴり出演しているのは、
ドラマから観ていた人には嬉しいおまけですね。

介護や貧困ビジネスを扱った社会派な内容だけれども、
本格的なアクションシーンや時にはくすっとした笑いを混ぜながら、
グイグイと映画の世界に引き込こんでいきます。

介護問題を扱っていることもあり、
施設に入居している老人役の役者さんたちの演技もびっくりするくらいリアルで、
目をふさぎたくなるシーンもところどころあります。

でも、実際こういう現場は多かれ少なかれあると思うので、
しっかり目を見開いて見るべきシーンなのですよね。

介護は大変な面ばかりクローズアップされがちだけど、
老いても生きがいや人として必要とされていることが大事なんだと改めて考えさせられました。

そして、やはり、この映画の核は剛くんの演じる彦一のかっこよさ!!

もう少し上手く立ち回れれば出世もするだろうし、
本当の悪人にもなりきれるのだろうけど、
ここぞというところで任侠道
「弱気を助け強きを挫く。命を捨ててでも義理人情を貫く」が捨てきれない彦一が
愛しすぎます。

この昭和のオトコを彷彿とさせる彦一にまた会いたいので、
ぜひ『任侠ヘルパー』のシリーズ化をお願いしたいです!

剛くんには平成の高倉健を目指してほしいなあ。

私は普段やくざ映画や男臭い(?)映画は見ないんだけど、
これは文句無くかっこいいし、ストーリーも秀逸。
たくさんの男性の方に観てほしいので、
ご主人を誘ってぜひ一緒に劇場でご覧になってくださいね!

スポンサーサイト
横浜・川崎&近隣エリアの情報ならビタミンママ

10月のベストレビュー賞 


かりんかりんです。

いつもベストレビュー賞にご応募くださってありがとうございます!

街はクリスマスモードとなり、1年でもっともキレイな時期になりましたね♪
かりんはこの季節が大好き。
イルミネーションが華やぐ夕方に外出するだけで
ちょっと得した気分になりませんか~?!

ワーナー・マイカル・シネマズ港北ニュータウンのあるノースポート・モールも
とってもキレイなんですよ~。

映画を観たら外に出て、ぜひイルミネーションもご覧になってくださいね♪

さて、遅くなりましたが、皆さんから寄せられた10月の感想と
ベストレビュー賞の発表です!




新しい靴を買わなくちゃ

とにかく映像がキレイです。
ドキュメンタリー風の映像が岩井俊二監督の独特な空気感というか。
そしてパリに旅行したかのような気分にさせられます。
気になる内容は、大人のラブストーリー。
色々な痛みを抱えている2人がパリで出会ってしまった。
最終的に前向きに終われるところが好きです。
見終わってとてもスッキリとした気持ちになりました!

HN クリスタル




ツナグ

松坂桃李くんが好きなので見てきました。
死んだ人と生きている人間を仲介する使者‘ツナグ’の話だとは知っていました。
だから、泣く覚悟はしていったけど、

泣けた、

とにかく泣きました。

それぞれのエピソードが重く、深い。
この映画は死者と生きている人をただつなぐ物語ではないんですね。
松坂くんの祖母役の樹木希林の存在感が凄かったです。

HN SAKU




最強のふたり

‘上映時間が2時間じゃ足りない’って思える映画を久しぶりに観ました。
富豪フィリップと黒人青年ドリスの最強コンビの行く末をもっと見たかったです!
ドリスを通して、人間っていいなぁ~、と人の心の温かさを感じました。
彼みたいな青年がそばにいたら、きっと人生楽しく正しく導いてもらえそう(笑)。
実話だなんて、ステキ過ぎます♪

HN マルッチー




アルゴ

イラン革命でカナダ大使館に逃げこんだアメリカ大使館職員を、
映画の撮影と扮して救出する作戦を取るというまさに映画みたいな本当の話が元になっているそうです。
ストーリーだけでもおもしろいのに、
俳優のベン・アフレックが監督も兼ねているこの作品は、
緊迫するシーンあり、
でも、ちょっと笑えるシーンもありと、
緩急のある演出でとても素晴らしかったです。
ポスト、クリント・イーストウッドと呼ばれている理由がわかりました。

HN みどり




それでは10月のベストレビュー賞の発表です!
「新しい靴を買わなくちゃ」の感想を送ってくれたクリスタルさんに決定です!

かりんも観たけど、すご~く映像がキレイですよね。
さすが岩井俊二が撮影を担当しているだけのことはありますよね。
北川悦吏子の脚本や演出は好き嫌いがあるかもしれないけど
この映画はパリでの物語なので彼女に合っていたんじゃないかと思います。
パリだからこそおとぎ話風でよかったですよね♪

クリスタルさんにはワーナー・マイカル・シネマズ港北ニュータウンで平日に使える
無料鑑賞できるチケットをペアでお送りします。


映画を観たらまた感想を送ってくださいね~。

11月のベストレビューのご応募もまだまだ受付中です!
左のベストレビューのバナーをポチッと押して感想を送ってくださいね。

同時にTwitterからの応募も受付中です。
ハッシュタグ #motto_wmcNT をつけて映画の感想をつぶやくと、
毎月1名様にワーナー・マイカル・シネマズ港北ニュータウンで平日使える
無料鑑賞チケットをペアでプレゼントしています。

こちらの感想とダブルでTwitterからの応募も可能です。
たくさんつぶやいてペアチケットをGETしてくださいね。

みなさんからのたくさんのご応募お待ちしていま~す。

横浜・川崎&近隣エリアの情報ならビタミンママ

『北のカナリアたち』観て来ました♪ 


いちご暦では立冬も過ぎ、だんだん寒くなってきましたね。
いちご体感気温マイナス30度の銀世界で撮影した映画、

「北のカナリアたち」

観てきました!!

北のカナリアたち

STORY
日本最北端の離島に赴任した小学校の教師・川島はる(吉永小百合)は、
生徒たちの素晴らしい歌声に気づき、
合唱を教え、彼らの心を明るく照らしていった。
その響きわたる歌声は島の人々をも優しく包み込んでいく。
しかし、衝撃的な事故により、はるは島を追われる。
自分たちは捨てられたと思い、歌を捨て、
心に深い傷を負いながら大人へと成長していく6人の生徒たち・・・。
20年後、東京で暮らすはるに、生徒の1人が起こした事件の知らせが届く。
その事件がきっかけで、はるは再び、かつての教え子たちひとりひとりと再会することに・・・。
成長した生徒たちの姿に喜ぶはるだが、
それぞれの苦しい想いを抱えながら、生きてきたことを知る。
そして彼女自身もまた、心を閉ざしていた想いを生徒たちに明かしていく。
歌が本来持っているぬくもりで、止まっていた長い時間が氷解され、
感動のクライマックスに涙が止まらない巨編。


監督は『顔』や『大鹿村騒動記』など、
人間の内面を細かく描いてきた名手・阪本順治。
撮影は『劔岳 点の記』で監督を務めた名カメラマン・木村大作。

登場人物それぞれが20年間心にしまっていた思いを、
北海道の雄大な大自然とともに「これでもか~っ」というくらい克明に映し出しています。

北の大地の厳しい冬とエゾカンゾウが咲き誇る短い夏のコントラストも素晴らしい!
零下30度の極寒の地、利尻・礼文島ロケは、
30年ぶりの大雪に見舞われた猛吹雪の中での撮影だったとか。
スタッフやキャストの意気込みも半端ないです!


原作は、ミステリー作家、湊かなえの「往復書簡」に収録されている「二十年後の宿題」。
じわじわ~と真実が明らかにされていく中、皆の凍りついた心が少しずつ溶かされ、
ほぐされ、そして、感動の涙へと・・・。
いちごは、思いっきり心が揺ぶられました。

そして、この作品の鍵となるものは、
澄み切った大自然の空気にぴたりと合う純真無垢な天使のような歌声!
さすがは、全国3100名の中から選ばれた子役たちの歌声ですね、
鳥肌が立つほど美しかったぁ。
人と人との思うようには進まない関係をかけがえのない絆へと結びつけてくれます。
特に、みんなで合唱する「歌を忘れたカナリア」は、
暗く閉ざされた心の中を灯となって温かく照らしていく。
人の心も動かす歌の力のすごさを感じます。

東映創立60周年記念のこの作品、主役は日本映画界を代表する吉永小百合さん。
40代から60代を見事に演じきっているのは、さすがです!
今年67歳の小百合さん、分校時代の先生は40代ですが、
なんの違和感もなく、ドアップ映像でも本当にキレイだな~って思いました。

ご自身も教師を志望していた時代があったそう。
あんな素敵な先生がいたら最高ですね!

また、驚くことに俳優陣は、主役級のキャストが勢揃い。

とにかく超豪華なんです!

柴田恭兵、仲村トオル、里見浩太朗というベテラン勢から、
森山未来、宮崎あおい、満島ひかり、など日本の映画界の未来を背負う
実力派の若手俳優たちがしっかり脇をかためています。

川井郁子の心をえぐられるようななんとも悲しいバイオリンの調べにも、
心を掻き立てられます。

ハンカチは必ず持参してくださいね。

映画を観たら、ぜひ皆さんの感想なども聞かせてください。
毎月発表されるベストレビュー賞に選ばれると
映画鑑賞のペアチケットがもらえますので、ご応募くださいね♪
お待ちしていま~す。

横浜・川崎&近隣エリアの情報ならビタミンママ

ワーナー・マイカル・シネマズ 突撃レポート 


かりんいちごこんにちは。
あっという間に11月に入りましたね。
みなさん、冬支度を始めていますか?
レディースディの月曜日ですが、子どもたちや親子連れの姿を多く見かけます。
横浜は2期制の学校が多いからでしょうか。

いちごかりん恒例の突撃インタビュー開始です。

突撃レポート映画館から楽しそうに出てきたお二人!
お話を伺ったところ親子ではなくて、
甥子さんのT君とおばさんで
一緒に映画を観に来たとのこと。

甥子さんは、お姉さんのお子さんだそうで、小学4年生の男の子T君。

一緒に映画鑑賞だなんてステキですね~。

観たのは、T君が以前からリクエストしていたという「のぼうの城」。田楽踊りのシーンでは、思わず踊り出してしまったくらい。
「迫力があって、ものすごく面白かったぁ~」と、興奮して話すT君。
歴史が大好きで、歴史本もたくさん読んでいるんですって。スゴ~イ♪

ちなみに、一番好きな武将は?との問いに、元気よく「織田信長!」と答えてくれました。
しっかりとした受け答えに、かりんいちごも脱帽でしたぁ♪

川崎市宮前区 THくん(小4)

突撃レポートさてさて、お次は・・・。
仲睦まじくサンドウィッチを食べている親子にトツゲキッ!。
今日はこれから「スマイルプリキュア!絵本の中はみんなチグハグ!」を観るんだそう。

アンパンマンのポーチを肩にかけて、にこにこしているTちゃん。
映画デビューは、2歳のころに観た「アンパンマン!」ですって。
「プリキュアで誰が好きなの?」と聞いたら、
映画館でもらった帽子についているキャラクターを指して
「これ!!ハッピーが好きなのぉ~♪」と照れながら答えてくれました。
あまりの可愛さに、かりんいちごもデレデレになってインタビューしてしまいました。
来春から、幼稚園。
これからもママとたくさん映画を観に来てね!

川崎市中原区 ASさん、TSちゃん(3才)

突撃レポートスマイルプリキュアのタンブラーとポップコーンバケットは、ワーナーマイカル限定!
ドリンクは、100円アップでヒアルロン酸ジュレ入りのソーダにチェンジすることもできるので、ママにはちょっと嬉しいかも!
ぜひ、お試しあれ~。

今回も突然のインタビューにも関わらず快くご協力くださり、
ありがとうございました!
来月はいよいよ師走!
またまたみなさんのもとに突撃しますので、お楽しみに~♪

横浜・川崎&近隣エリアの情報ならビタミンママ

『のぼうの城』観て来ました。 


ゆずゆずです。
急に寒くなりました。
でも、寒さを吹き飛ばす面白い映画が
ワーナー・マイカル・シネマズにはい~~っぱい!!
どれから観ようか悩んでしまいます。
私が選んだのはこれ!

『のぼうの城』

のぼうの城

STORY
湖に浮かぶその姿から“浮き城”の異名を持つ忍城(おしじょう)。
城代は将に求められる智も仁も勇もない成田長親(野村萬斎)。
しかし、彼は多大な人気で人心を掌握し
領民から「でくのぼう」を略した「のぼう様」と呼ばれ慕われていた。
そこへ天下統一を目指す豊臣秀吉の命で
石田光成率いる2万の兵が攻撃をしかけてきた。
長親は1/40の500の兵で迎え撃とうとする。



日本版「レッドクリフ」と言ったら言い過ぎ?

2万の兵に500の兵で立ち向かう
奇策の数々に
迫力ある映像。

違いといったら
大将が“でくの坊”だという事でしょうか?(^^;

でも、この“でくの坊”
ただの“でくの坊”じゃないですよ。

人々の心をがっつり掴んでいます。

戦いを決めた後も
泣きながら「すまんのぉ~」と領民に泣いて謝る“のぼう様”。

それを見て「しょうがないなぁ」と苦笑いしながら戦の準備をする人々。

そして、彼の人を惹きつける力は
やがて敵をも魅了し
戦を嫌って逃げ出していた農民をも味方につけ・・・

おぉ~~っと、これから先は映画館で(^^)

“のぼう様”の踊る田楽踊りは「さすが!」の一言。
狂言を観にいきたくなります。

観にいきたくなると言えば
エンディングで現在の石田堤の様子が紹介され
埼玉に行きたくなっちゃいました(^^)
エンディングまで、しっかり楽しんでくださいね。

ワーナー・マイカル・シネマズで
私が密かに楽しみにしているのが
映画にちなんだオリジナルフード。

今回もありますよ~。

のぼうの城
のぼうの城ポップコーン

塩味のポプコーン
ぼうの城り塩味ポップコーンのハーフ&ハーフ。

ぜひぜひ、映画館で食べてみて♪

横浜・川崎&近隣エリアの情報ならビタミンママ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。