スポンサーサイト 


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

横浜・川崎&近隣エリアの情報ならビタミンママ

4月のベストレビュー賞の発表です。 


かりんかりんです。

いつもベストレビュー賞にご応募くださってありがとうございます!

GWも終わり
次の祝日は7月までなし・・・。
イベントがなくてさみしい~って方も多いのでは?
そういう時こそ映画館へ足を運んじゃいましょう~♪
観る映画によってはちょっとしたストレス発散にもなったり
癒しの時間をすごせることも。

ここで、私が映画を選ぶ際のポイント?をご紹介しますね。
せっかくお金を払って観にいくんだから
いや~な気分しか残らないような映画作品はパス。
ま、観なきゃわからないので
たまに失敗することもありますが(^^;
それと映画館で観るべき作品ですね。
迫力あるハリウッド作品なんかは絶対に観ておいたほうがいいです。
あとは好きな俳優さんや、他の方のレビューを読んで選ぶことが多いかな。

みなさんから送っていただいた感想も参考にさせてもらっています♪
いつもありがとうございます!

ブログを読んでくださっている方もまだ上映中の作品もあるので
ぜひ参考になさってくださいね!

それでは送っていただいた感想と4月のベストレビュー賞の発表です!




ジャックと天空の巨人

お笑いタレントがいっぱい出てくる予告編をみて心配だったけど、吹き替えも意外とよかった!
子ども向けかな~と予想していた内容も、大人も十分引き付けられるクオリティの高い作品でしたよ。
映画館の大スクリーンで見た巨人は、本当に大きかったです。

HN 姫ちゃん




シュガー・ラッシュ

パパと子供と3人で見に行きました!
ゲーム世代のパパは凄く面白かった様でしたし、
娘はお菓子の世界で小さな女の子が活躍する姿に自分を重ねてとてもハマった様でした。
私もディズニーらしい作品に、最初から最後までワクワクでした。
ストーリーもディズニーらしいハッピーになれる作品でしたが、
3Dの映像もディズニーらしい、
ワクワクするもので、
2時間があっという間に過ぎました。

そして、本編の前に、
夏公開のモンスターズインクユニバーシティのトレーラーが見れたのも嬉しかった♪ 
夏の公開が待ち遠しいです!

HN イチゴチョコ




舟を編む

私は昔、編集の仕事をしていました。
ですので、この映画に描かれている世界がとても身近で、熱くなれました。
原作も併せて読んでみようと思います。
相変わらず、宮崎あおいちゃんは可愛かったですね。

HN かぐや




図書館戦争

高校生の時に助けてもらった図書隊員の王子様に憧れ
図書隊員になった榮倉奈々の凛々しさに憧れちゃいます。
メディア良化委員会と図書隊との激しい銃撃戦シーンでは、
お互いのプライドのぶつかり合いで、
命をかけ業務遂行する姿にじ~ん。
音楽も最高に良かったです。
教官役の岡田准一、ステキ過ぎ!
「岡田くん、超カッコイイ~」ってため息交じりの声が観客席のあちらこちらから聞こえてました♪

HN めいちゃん




アイアンマン3

待ちに待ったシリーズ最新作。
映像の進化は凄いですね。
あんなにアイアンマンがいっぱい出てくるとは(笑)。
話は少し暗い感じですが、
今までより人間トニー・スタークに焦点が当てられたドラマに仕上がっています。
これで終わるのかな。
いや、絶対復活してくれますよね!

HN 鉄男




それでは4月のベストレビュー賞の発表です。
「シュガー・ラッシュ」の感想を送ってくださったイチゴチョコさんに決定です!

イチゴチョコさんには
ワーナー・マイカル・シネマズ 港北ニュータウンで
平日に使える無料鑑賞チケットをペアでお送りします。
チケットを使って映画を観たらまた感想送ってくださいね~。

5月の感想もただいま募集中です!

同時にTwitterベストレビュー賞も募集しています!
ハッシュタグ #motto_wmcNT をつけて映画の感想をつぶやくと、
毎月1名様にワーナー・マイカル・シネマズ港北ニュータウンで
平日使える無料鑑賞チケットをペアでプレゼントしています。
たくさんつぶやいてペアチケットをGETしちゃいましょう~。

みなさんからのたくさんのご応募お待ちしていま~す!

スポンサーサイト
横浜・川崎&近隣エリアの情報ならビタミンママ

『探偵はBARにいる2 ススキノ大交差点』観ました♪ 


かりんかりんです。

大泉洋主演の『探偵はBARにいる2 ススキノ大交差点』を観てきました~♪

探偵はバーにいる

STORY
ススキノのショーパブ「トムボーイズ・パーティ」で働くオカマのマサコちゃん(ゴリ)が殺害される。
探偵(大泉洋)と相棒の高田(松田龍平)は調査に乗り出すが、
どうやら事件の背後には道内でカリスマ的人気を誇る
反原発派の政治家・橡脇孝一郎(渡部篤郎)が絡んでいるらしい。
顔なじみの新聞記者・松尾(田口トモロヲ)に
「この件には首をつっこむな」と忠告をされるほど政治の世界は怖いところなのだ。
そんな折、探偵を尾行してきた女・ヴァイオリニストの河島弓子(小野真千子)から
事件究明の依頼を受ける。
はたして探偵はマサコちゃんの死の真相に辿り着くことができるのか・・・


2011年9月に前作『探偵はBARにいる』が公開されるやいなや
予想外(?)の大ヒット&ロングランとなり、
多くの映画ファンが待ち望んだ続編がついに公開されました~!

今回は夏~秋の北海道ということで
前回の冬とはまた違った雰囲気のススキノの街を堪能できます。
ススキノを飛び出して室蘭にもいくんですよ~。
ちょっとしたロードムービーになっているので
北海道のいろんな顔を見ることができます。
さすが、でっかいどう~(古)

北海道といえばもはやこの人抜きには語れない大泉洋がやはりいい!!
三枚目なんだけど、かっこつけるところはかっこつけてて
ハードボイルドなんだけどコメディ。

そうそうこれってどこかで似たようなのがあったな~と思っていたら
松田優作主演の「探偵物語」や「ルパン三世」に似ているんですよね~。
ルパンは探偵じゃないけどね(笑)

松田優作の息子でもある松田龍平は相棒・高田を演じていますが
どこかひょうひょうとしていて大泉演じる探偵とは真逆なんだけど
それがまたおもしろいんです。

で、ハードボイルドといえばアクションはかかせませんが
前作よりもパワーアップしているので
アクション映画好きな人でも満足できると思いますよ~。

そしてさらに今回いい味だしているのが、
「トムボーイズ・パーティ」のママ役の篠井英介と
新たな魅力を魅せたマサコちゃん役のゴリです♪

篠井英介はどっからどうみてもエレガントなママだし、
ゴリにいたっては実は悲しい過去があるんだけれど、
けなげに一生懸命生きているマサコちゃんを実にかわいく演じています。
マジックの腕前もメキメキと上達したそうですよ。

続編というと前作を見ていないと躊躇してしまうと思うけれど、

まったく問題ないです(笑)

前回から引き続き出ているのは、探偵とカラテの達人の高田、
情報をくれる新聞記者の田口トモロヲや暴力団の幹部松重豊ぐらいなので
「誰だこの人?」となることもないです。

あ、探偵がよく行くBAR「ケラー・オオハタ」と
喫茶店「モンデ」の看板娘(?)の峰子ちゃんもお忘れなく!
なんか札幌にいったら会えそうな気がするのは私だけ?
「モンデ」のナポリタンも食べてみたい~~♪

パート2もおもしろかったし、
探偵&高田のコンビもまだまだ見たいので
パート3の制作をぜひお願いしたいですね!!

横浜・川崎&近隣エリアの情報ならビタミンママ

観たら旅に出たくなる映画『県庁おもてなし課』 


ゆずゆずです♪

旅が大好きな私が
公開されたら絶対観にいきたいと思っていた映画

『県庁おもてなし課』

早速、観て来ました(^^)

県庁おもてなし課

STORY
高知県の観光促進のため、高知県庁に「おもてなし課」が新設された。
若手職員・掛水(錦戸亮)を中心としたメンバーは
高知出身の有名人に協力を乞うが、
地元出身の作家・吉門(高良健吾)から役所気質と民間感覚のズレを痛烈に批判される。
掛水は吉門のアドバイスをもとに柔軟な発想力を持つアルバイトの多紀(堀北真希)と、
本当のおもてなしを見つけ出すべく奔走する。


「おもてなし課」って高知県庁に本当にある部署なんですよ。
映画の中で作家の吉門が書いた
「おもてなし課」を舞台とした小説を
「観光推進小説」と紹介されていましたが
それでいったらこの映画は

観光推進映画

ですね(^^)

「自然しかない高知県」と言っていますが
日本最後の清流と呼ばれている四万十川
クジラが泳ぐ海
木漏れ日がきらめく森・・・

高知県を一大アウトドアレジャーランドにしようと
車でいろいろまわるシーンは
その光景を観ているだけでワクワクしてくるのです(^^)

旅番組にかかせないグルメ情報もあり(笑)
2時間のプチ旅行が楽しめる映画です(^^)


でも、この映画の魅力はそれだけじゃないんですよ。

最近のイマドキ男子には珍しい
ふるさと愛し
仕事に情熱を燃やす掛水が
爽やかでかっこいい!

多紀との恋愛も
見てて照れちゃうくらい
純粋でもどかしい・・・。

恋愛といえば自信家の吉門が
こと恋愛に関しては臆病で
こちらも見てて歯がゆいんだけど
その分最後はハッピー!ハッピー!!

最後の最後に
「え?この人か!!」というビックサプライズもあり

観て損のない映画ですよ(^^)

でも、高知県に行きたくて我慢できなくなるかも~~(笑)

横浜・川崎&近隣エリアの情報ならビタミンママ

おデブさんに朗報♪ 




『体脂肪計タニタの社員食堂』

なんと100kg以上の人は
無料で鑑賞できるんですって!

横浜・川崎&近隣エリアの情報ならビタミンママ

今日はレディスデー 


moblog_afc21146.jpg

珍しく比較的空いています。
チャンスかも!!


横浜・川崎&近隣エリアの情報ならビタミンママ

『名探偵コナン 絶海の探偵(プライベート・アイ)』観ました! 


かりんかりんです。

GWの映画と言えば「名探偵コナン」♪

今や国民的アニメとなった「名探偵コナン」シリーズの劇場版第17弾
『名探偵コナン 絶海の探偵(プライベート・アイ)』を観てきました~!!

名探偵コナン

STORY
海上自衛隊によるイージス艦の体験航海を楽しむため、
京都の舞鶴港沖にやってきたコナンたち少年探偵団一同。
しかし突然、けたたましい音が鳴り響き、左腕を失った自衛隊員の遺体が見つかる。
捜査に乗り出したコナンは、イージス艦にある国のスパイ“X”が紛れ込んでいることを突き止めるも、
スパイの魔の手はコナンたちにも忍び寄っていた。
(WMC港北ニュータウン映画紹介より引用)


今回のコナンの舞台はなんと!イージス艦なんですよ~。
しかも海上自衛隊全面協力っていうんだから、すごいですよね!
アニメなんだけど、すごいリアルに描写されていて迫力があるのにびっくり~!
実際にコナンくんたちとイージス艦に乗船しているようでしたよ。

いつもハラハラドキドキするコナンシリーズだけど、
今回は国家機密に関わるサスペンスとスパイ“X”の暗躍が描かれているので、
むしろ大人の方が楽しめる作品になっているような気がします。

もちろんおなじみのコナンくんの道具や毛利探偵の活躍(?)、
蘭ちゃんと新一の微笑ましいエピソードなどみどころ満載(笑)
そうそう、服部平次くん、和葉ちゃんカップルも久しぶりの登場で目が離せません(^^)

アニメなのにここまでスリルとサスペンスを描くことができるコナンってホントすごいです。
17作も続いている理由がわかりますよね~。

で、今回のコナンくんはいつもよりもちょっと大人向け。
もしかして脚本が違うのかしらと思ったらビンゴ!
『相棒』シリーズの脚本を手がける櫻井武晴さんでした。

コナンくんは右京さんにも負けず劣らずの頭脳がありますものね~(^_^)/

今年のGW家族向け映画のイチオシは『名探偵コナン 絶海の探偵(プライベート・アイ)』で決まりですね♪

あ、そうそう、エンディングのあとにお楽しみがあるので、
必ず最後まで席を立たないでくださいね(^^)


GW期間中はWMC港北ニュータウンで一番広いスクリーンURTILAでの上映です。
息を飲む鮮明な映像とシアターいっぱいに響き渡る4ウェイ立体音響。
間違いなくコナンくんたちと同じイージス艦に乗り込んだ感覚になると思いますよ~。

アニメとは思えない、でもアニメだからこそおもしろい
『名探偵コナン 絶海の探偵(プライベート・アイ)』を
ぜひご家族揃ってご覧になってくださいね♪

GW期間中(~5/6(月・祝))は連日8:00オープン♪
窓口が混み合うこともあるのでe席リザーブがオススメで~す!!

横浜・川崎&近隣エリアの情報ならビタミンママ

『リンカーン』観ました。 


いちごこんにちは♪いちごです。

ゴールデンウィーク真っ最中!
多くの映画を観てもらおうと映画業界から生まれた言葉「ゴールデンウィーク」!
ゆずちゃんかりんちゃんも毎年お話しているから、
「もう、知ってるよ~」って声が聞こえてきそう (笑)
今日5月1日はファーストデイ。
どなたでも1,000円で映画を観る事ができます!!

正統派GWを過ごすのなら
「リンカーン」もお勧めですよ

リンカーン

STORY
アメリカ第16代大統領エイブラハム・リンカーン(ダニエル・デイ=ルイス)が再選された1865年。
アメリカを二分した南北戦争は4年目に入り、大勢は大統領が率いる北軍に傾いていた。
しかし、リンカーンは、奴隷制度に永遠の別れを告げるため、
たとえ多くの死者が出ても合衆国憲法修正第十三条を
下院議会で批准する前に戦争を止めるわけにはいかなかった。
法案を成立させるためには20票足りない・・・。
議会工作を進めるべくリンカーンも自ら命をかけ、敵対する民主党議員の切り崩しにかかる。
リンカーンにとってホッとできるのは末息子のタッドと過ごすひと時だけ。
長男のロバートは、意に反して、北軍に入隊してしまう。
見守ることしかできない父親のリンカーンがそこにいた。
下院議会に合衆国憲法修正第十三条が提出された1月25日、判決はいかに・・・。
リンカーンが、命をかけて世界を変えた知られざる28日間の衝撃的な感動作!!


148回目のリンカーンの命日に合わせ、公開された映画「リンカーン」。

世界最強のヒットメーカーのスティーブン・スピルバーグが
12年間構想を温めてきたというだけあり、

魂が揺すぶられましたぁ!!

教科書に出てくる歴史上の人物が世界を変える!
その瞬間に、自分も立ち会っているかのような錯覚に陥っちゃうのです。

自らの信念に従い、孤立や誤解を恐れずに戦いぬいた男、エブラハム・リンカーン!!
風貌も情熱も心の温かさも、ピカイチ!
温厚でゆったりした口調に、その上、お茶目ときたら、
「格好良すぎ~!!」と思わずにはいられません。
アメリカで最も愛された大統領というのも頷けますね。

リンカーン演じるのは、本作品で3回目のアカデミー賞の主演男優賞に輝いた
ダニエル・デイ=ルイス。

法律を変えてでも人民の自由を守り抜こうと懸命に突き進んでいく指導者としての顔、
南部出身の妻メアリー・トッド(サリー・フィールズ)の夫としての顔、
息子が軍に志願したことに心をかき乱される父として顔・・・、
今まであまり知られていなかった様々な表情を持つリンカーンを見事に演じきっています。

彼の澄み切った瞳の奥深くに潜む不屈の闘志までもが、
リンカーンそのものなんです!!

また、奴隷解放急進派のタデウス・スティーブンス(トミー・リー・ジョーンズ)の
渋い演技にも、惹きこまれます。

日本では、缶コーヒーのCM「宇宙人ジョーンズ」でお馴染みの彼ですが(^^;。

下院議会での奴隷制強硬賛成派との討論は、
剣を持たない戦いのようで、迫力満点!
彼の思いが観客席にもビンビン伝わってきます。
そして、朝日を浴びながら、議決場で杖を片手に一人待つシーンは、
心に、ぐぐぐ~っと迫りくるものがあります。

そして、判決のシーンはいちごも手に汗握り、それはもう緊張しましたぁ。
法案が可決された時は、涙が止まらなかったです。
奴隷制から解放され自由になれた黒人の人たちの気持ちが痛い程伝わってきて・・・。

政治の世界は苦手と思っている人も、何の問題もなく物語に入っていけますよ。
ぜひ、世界を変えた歴史的瞬間に立ち会ってください!!
きっと、あなたの心も揺すぶられると思います♡。

そして、映画を観た後は、ぜひぜひ感想を送って下さいね。
毎月発表されるベストレビュー賞に選ばれると
映画鑑賞のペアチケットがもらえま~す♪
同時にTwitterでもベストレビュー賞を募集しているので、
じゃんじゃん感想をつぶやいてくださいね。
お待ちしていま~す♪。

横浜・川崎&近隣エリアの情報ならビタミンママ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。