スポンサーサイト 


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

横浜・川崎&近隣エリアの情報ならビタミンママ

『エンダーのゲーム』観てきました♪ 


かりんかりんです。

SFファンが待ち望んでいた『エンダーのゲーム』を観てきました!

エンダーのゲーム


STORY
昆虫型の異星生命体フォーミックが地球を攻撃し、大打撃を受けながらもメイザー・ラッカムという兵士によって戦いを終結させる。だが、人類はフォーミックの再攻撃に備えるため、世界中から選抜した天才少年少女たちを、戦術を学びながら、共同生活を送る戦闘訓練基地(バトルスクール)に集める。そこへ、天才的頭脳を持つ10歳の少年エンダー・ウィッギン(エイサ・バターフィールド)も送られ、宇宙戦争を終わらせる指揮官として成長していくのだった。


原作は1985年に出版されたオースン・スコット・カードの長編小説「エンダーのゲーム」。
権威あるSF賞ヒューゴー賞とネピュラ賞を受賞したSF小説の名作なんです!

今から30年前に出版された小説が、スクリーンで実写になって蘇るってスゴイですよね。
当時から映画化の話はあったそうですが、制作側と原作者の間で意見が割れ、結局何年もの紆余曲折を経て、今の制作陣にまかせることに決まり、こうしてスクリーンで観ることができた訳です。

でも、今のVFXの技術の元で映像化されてかえってよかったのではないかと思います。
だって、すご~くキレイだし、戦闘シーンもものすごい迫力なんですよ。

先月、『ゼロ・グラビティ』を観たときも「スゴイ!」と思ったけど、
『エンダーのゲーム』も負けていませんよ!!
バトル訓練中の映像はこちらも「どうやって撮ってるの~?」状態でした(笑)

ストーリー的には長編小説を2時間弱の映画にしているので、駆け足的なところはあると思います。
でも、宇宙戦争を終わらせるために生まれてきた<サード>と呼ばれるエンダーの苦悩はひしひしと伝わってきました。
孤独な少年が自らの力で仲間を集め、リーダーとして成長していく姿は、SF小説と一括りにできない内容だからこそ、名作と呼ばれる所以なのではないかと思います。

この苦悩する少年エンダーを演じたのは、『ヒューゴの不思議な発明』で主人公ヒューゴを演じ注目されたエイサ・バターフィールド。

彼がまた驚くべき演技力なんですよ!

ヒューゴのときもちょっと影のある少年を演じていたけど、エンダーは自分の生まれてきた境遇を理解しつつも、自分の中に潜む凶暴性に怯え苦しむ少年という難しい役どころ。そして、エンダーの唯一の理解者・心優しき姉のヴァレンタインには『リトル・ミス・サンシャイン』のアビゲイル・ブレスリンが扮しています。

彼女が見違えるようなお姉さんに成長していておばちゃんは嬉しい。←誰?親戚のおばちゃん?(笑)

他にはエンダーを見いだしリーダーへと導く、鬼教官役にハリソン・フォード。
そのハリソン・フォードのやり方に疑問を呈する心理学者役のヴィオラ・デイヴィス。
伝説の兵士メイザー・ラッカム大佐役には『ヒューゴの不思議な発明』でも共演したベン・キングズレーと、10代の若き俳優たちをアカデミー賞級のベテラン俳優達が支えています。

これはもうスクリーンで観るしかないでしょう~!!

家族や友達同士、もちろん、昔SF少年だったパパさんたちも満足できる作品ですよ。

2月の前半は試験休みで学校がお休みの中高生の子も多いと思います。
ぜひ、イオンシネマ港北ニュータウンの大きなスクリーンでご覧になってくださいね♪

スポンサーサイト
横浜・川崎&近隣エリアの情報ならビタミンママ

12月のベストレビュー賞 


かりんかりんです。

いつもベストレビュー賞へのご応募ありがとうございます!


大寒も過ぎ、寒さもこれからが本番ですね。
外に出るのもいや~な季節だけど、
これから春休みにかけて、なぜか毎年観たい作品がいっぱいあるんです。
きっと「外に出て映画をたくさん観なさい」という神様のお告げですよね(笑)

それではお待たせしました!
みなさんから送っていただいた感想と12月のベストレビュー賞の発表です!
上映中の作品もあるのでぜひ参考になさってくださいね。




かぐや姫の物語

とにかく絵がすばらしかった~!
デッサン画のような優しいタッチにもかかわらず
時には激しく、時には繊細で、かぐや姫の心情に添って描かれているようでした。
ストーリーはほぼみんなが知っているかぐや姫の物語なので
お子さんと見るのもオススメです!

HN カトリーヌ




かぐや姫の物語

とても感動しました!
かぐや姫の苦悩や心情が丁寧に描かれていて、世界に引き込まれてしまいました。
懐かしい絵のタッチも、雰囲気が醸し出されていてとてもよかったです。
そして地井武男さんの声がとても素敵でした。
小3の娘と観に行ったのですが、話の内容がほとんど分かったそうです。
他の映画を観に行った時は、大体質問攻めなので、お子さんと一緒の映画にもおススメです。

HN リン




利休にたずねよ

歌舞伎の名門に生を受けた海老蔵さんの自然体で洗練された所作の美しい事!
侘び寂びの世界に魅せられました。また、市川団十郎さんとの最後の親子共演となったシーンも、胸を打ちます。
全体的に落ち着いた「静」の印象が強いですが、
終盤にこの「静」を打ち破る展開があり、とても興味深い作品でした!

HN おまつちゃん




永遠の0

途中から最後まで泣き通しでした(涙)
なぜあんなに生きて帰ることに固執した宮部(岡田くん)が特攻を志願したのか。
明確な理由はわからなかったけど、あの時代を生き抜いた人にしか結局わからないのかもしれません。
あらためて平和のありがたさを実感させてくれた作品でした。

HN ゆり




それでは12月のベストレビュー賞の発表です!
『かぐや姫の物語』の感想を送ってくださったリンさんに決定です!
リンさんにはイオンシネマ港北ニュータウンで平日に使える無料鑑賞チケットをペアでお送りします。
映画を観たらまた感想送ってくださいね~。

今回惜しくも残念だった方もただいま1月分の感想を募集中ですので
ぜひぜひ応募してみてくださいね。

同時にTwitterベストレビュー賞も募集しています!
ハッシュタグ #motto_wmcNT をつけて映画の感想をつぶやくと、
毎月1名様にイオンシネマ港北ニュータウンで
平日使える無料鑑賞チケットをペアでプレゼントしています。
たくさんつぶやいてペアチケットをGETしちゃいましょう~。


たくさんのご応募お待ちしておりま~す

横浜・川崎&近隣エリアの情報ならビタミンママ

『ジャッジ!』観ました♪ 


いちごこんにちは♪いちごです。

2014年が始まりましたね!!
“今年の映画開きは、笑いから!“という方にはもってこいの作品

「ジャッジ!」
をご紹介します。

ジャッジ!

STORY
世界一のCMを決める世界最大の広告祭がサンタモニカで開催された。
審査員に選ばれた 新人広告マン・太田(妻夫木聡)は同伴者が必要なため、
名字のローマ字表記が 同じ会社の同僚・大田(北川景子)を“偽の妻”として同行する。
華やかな審査会が開幕する中、太田は「ちくわのCM」で賞を獲らなければ、
会社をクビになるという衝撃の事実を知る。
世界中のクリエイターがやっきになって駆け引きを繰り広げる中、
ライバル会社の木沢(鈴木京香)も参戦。
果たして、グランプリの栄冠は誰の手に?



監督の永井聡氏は、サントリー「グリーンDAKARA」など
数々の話題CMを手がける敏腕CMディレクター。

そして、脚本を担当する澤本嘉光氏は、
ソフトバンク「ホワイト家族」シリーズや
トヨタの「ドラえもん」シリーズを手掛け、
カンヌ国際広告祭で表彰されるなど国内外の受賞歴を誇るCMプランナー。

CM業界が誇る超一流クリエイターにより、
知られざる広告業界の裏側を笑いとともに描いています!

清須会議やトヨタCMののび太くん等に引き続き、「ダメ男」役を演じる妻夫木くん。
太田のバカが付くほどの真面目さがとても魅力的で、
つい応援したくなります。

そんな「ダメ男」の周りには、個性派揃いの超豪華キャストが集結!
賭け事が大好きで仕事のできるヒロイン役の北川景子、
ライバル会社のエリートクリエイター役には、鈴木京香、
太田の指南役を演じるリリー・フランキー、
無茶と書いてチャンスと読ませる、社内一のくせ者上司役に豊川悦司、
出演者総出で繰り広げるドタバタ劇は、
ギャグ連発で、クスクス笑えます。

そして、見逃してならないのが、
劇中の広告祭りに出品されたCMの数々!!
さすがは、CM界大物のクリエイターたちの作品です。
実際にテレビ放映されたら、話題沸騰になること間違いなし!
いちごは、心温まるトヨタCMがすごく気に入りました。
それから、きつねうんどんの狐ダンスも、忘れられないです(笑)。

とにかく、笑えます!!

笑う門には福来る♪
いっぱい笑って、
すてきな2014年の幕開けとなりますように★★★

横浜・川崎&近隣エリアの情報ならビタミンママ

こどもの映画館シリーズ第一弾!「沖縄美ら海水族館 ~海からのメッセージ~」始まります♪ 


先日、このブログで紹介しました
こどもの映画館シリーズ第一弾!
いよいよ明日1月18日(土)から始まります!!

第一弾は
『沖縄美ら海水族館 ~海からのメッセージ~』

美ら海

STORY
「沖縄美ら海水族館」で飼育員として働くお父さんを訪ね、東京からやって来たお母さんと子供たち。
沖縄に住むおじいちゃんも加わり、久しぶりに家族が全員集合した。
子供たちはお父さんの案内で海岸から沖合い、黒潮、さらに深海へ潜っていくかのように、
水族館のなかの「美ら海」を旅していく。



特別料金:高校生以上・シニア 1000円 
中学生以下 500円


1/18(土)~24(金)の上映時間
9:35  11:05  12:45  14:15  15:50  17:25
(17:25の回のみ、23(木)・24(金)は休映)

こどもの映画館は「親子でいっしょにはじめての映画館」がコンセプト。

ちょっと明るめで暗くない、音量も小さめ。
普通の映画より短めの上映時間(60分)だから
お子さんの映画館デビューにピッタリです♪

bg_main_20131220111745195.jpg

親子で是非映画館に足を運んでくださいね♪

横浜・川崎&近隣エリアの情報ならビタミンママ

試写会のお知らせで~す! 


moblog_a7de0307.jpg

昨年のニューヨーク映画祭で大絶賛、早くもアカデミー賞有力候補作の呼び声も高まっている「LIFE」。
主人公ウォルターの頭の中で炸裂する奇想天外な妄想が見事にビジュアル化されているので、
かなり期待できる映画みたいですよ♪

2月13日(木)18:30から上映開始です。

ぜひぜひ、応募して下さいね~。

締切は、2月2日(日)です。

横浜・川崎&近隣エリアの情報ならビタミンママ

ラストシーンは鳥肌もの!『永遠の0』観ました! 


ゆずあけましておめでとうございます。
今年もたくさん映画を観て、
みなさんにオススメしたいゆず です。
宜しくお願いいたします。

そんな私の2014年最初のオススメは

『永遠の0』

永遠の0
STORY
祖母の葬儀の席で会ったことのない実の祖父・宮部久蔵(岡田准一)の存在を聞いた佐伯健太郎(三浦春馬)。
進路に迷っていた健太郎は、太平洋戦争の終戦間際に特攻隊員として出撃した
零戦パイロットだったという祖父のことが気に掛かり、かつての戦友たちを訪ねる。
そして、天才的な技術を持ちながら“海軍一の臆病者”と呼ばれ、
生還することにこだわった祖父の思いも寄らない真実を健太郎は知ることとなり……。


太平洋戦争に出征した百田尚樹の父親や親族の話をもとに
書かれた作家デビュー作『永遠の0』。
販売部数は300万部を超えるベストセラーになりました。
監督は『ALWAYS』シリーズの山崎貴。

昨年の夏に原作を既に読んでいましたが
それでも映画では号泣でした。

映画でも十分特攻は悲惨でしたが
映像で見る特攻は
自分の想像をはるかに超える悲惨さでした。

戦争は起こってはいけないことなんだと
改めて思い知らされました。
戦争が終ってから生まれた私達は
戦争の悲惨さを知らないので
テレビや映画で“かっこいい戦争”を観る機会が多いけど

違う!
戦争は悲惨なんだ!
起こってはいけないんことなんだ!

そして、自分達はこの犠牲の上に生きているのだ!と

この映画を観て強く感じました。

毎日ダラダラ過ごしている自分が恥ずかしくなりましたよ。

そして、岡田准一君がかっこいい。
ただのアイドルだと思っていたら(失礼)
本当にいい役者さんに成長していたんですね~。

普段は、みんなの命を守りたいという、
そんな気持ちが優しい目に表れているのに
いざ戦地に出向くと鷹のような鋭い目になるんですよ!!

この目の違いを見るだけでもお金を払う価値があるのではないかと(笑)

エンドロールに流れるのは、まさかのサザン。
戦争の映画なのにサザン。
でも、これがいい。
今を生きる私達が
この映画を観ていろいろ感じ取って欲しい。
そんなメッセージを感じる曲。


空中戦の迫力は大スクリーンで見てこそ!!

是非、映画館に足を運んでください。

横浜・川崎&近隣エリアの情報ならビタミンママ

明けましておめでとうございます♪ 



明けましておめでとうございます♪
今年もイオンシネマ港北ニュータウンと「もっとシネマコンプレックス」を宜しくお願いします!!
お正月休みは家族で映画館へ!
今なら「6半年祭」開催中。
謎解きゲームや座席の番号が抽選番号になるルーレットゲームなど、お楽しみがいっぱいです(^-^)

横浜・川崎&近隣エリアの情報ならビタミンママ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。