スポンサーサイト 


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

横浜・川崎&近隣エリアの情報ならビタミンママ

6月のベストレビュー 


かりんかりんです。

いつもベストレビュー賞へのご応募ありがとうございます!

毎日暑いですね~。
皆さん、夏バテしていませんか?
小さいお子さんがかかりやすいヘルパンギーナなどの夏風邪も流行っているようなのでお気を付けくださいね。
夏休みは涼しい映画館でのんびり、ゆっくり過ごしちゃいましょう~。

さて、遅くなりましたが、皆さんから送っていただいた感想とベストレビュー賞の発表です!




Xメン:フューチャー&パスト

シリーズの時代を超えたオールスター戦。前作「ファースト・ジェネレーション」で、ちょっとだけカメオ出演してたウルヴァリン(ヒュー・ジャックマン)が、本格的に若きプロフェッサー(ジェームズ・マカヴォイ)&エリック(マイケル・ファスベンダー)と本格的に合体。ずっと観てきたファンにも納得の面白さでした。ジェニファー・ローレンスって可愛いと思ったことなかったんですが、ミスティークのメイクなのに可愛いと思えました。(笑)

HN プロフェッサーH




アナと雪の女王

ブルーレイも予約したけど、もう一度大画面で堪能したくて観てきました!
観れば観るほど映像の素晴らしさと、楽曲の心地良い響きが抜きんでていますね。

HN かとりーぬ




春を背負って

木村監督の新作となる本作は、厳しい自然と温かい人間ドラマが見事にマッチしていて、日本映画のいいとこ取り。ドラマ部分は小津監督や山田監督を彷彿させる日本映画の伝統美と言ってよく、木村監督独特の風景にうまく練り込まれていたという印象です。永いこと日本映画にかかわり、今でも牽引者の一人である木村監督の力量と情熱に脱帽です。細かい描写は元々得意だった日本映画。これからも、日本の若い映像作家の方々に、ハリウッドを追従するのではないメイドイン・ジャパンの力作を期待します。

HN BORN IN THE JPAN




ノア 約束の舟

「ノアの箱舟」ってなんとなくしか知らなかったのですが、これをいろんなことを初めて知りました。堕天使の話、アダムとイブとの関係、カインとアベルのこと…この映画がどこまで聖書にのっとっているのかはよく分かりません。キリスト教圏の国の人はいろいろ文句もあるのかもしれませんが、無宗教と言っていい私たちには、それなりの意味がある作品だと思います。エマ・ワトソンは、相変わらず可愛かったですね。

HN HIRO




お待たせしました!6月のベストレビュー賞の発表です♪
『春を背負って』の感想を送っていただいたBORN IN THE JPANさんに決定です!

BORN IN THE JPANさんにはイオンシネマ港北ニュータウンで
平日に使える無料鑑賞チケットをペアでお送りします。

映画を観たらまた感想送ってくださいね~。

7月の感想もただいま募集中です!


同時にTwitterベストレビュー賞も募集しています!
ハッシュタグ #motto_wmcNT をつけて映画の感想をつぶやくと、
毎月1名様にイオンシネマ港北ニュータウンで
平日使える無料鑑賞チケットをペアでプレゼントしています。
たくさんつぶやいてペアチケットをGETしちゃいましょう~。
つぶやいたら@motto_wmcNTに「つぶやいたよ~」って教えてくれると嬉しいです。


たくさんのご応募お待ちしていま~す!

スポンサーサイト
横浜・川崎&近隣エリアの情報ならビタミンママ

懐かしの少年ドラマシリーズを彷彿させる『幕末高校生』 


ゆずゆず です。

長い長い夏休みが始まりました。
夏休みのお楽しみは、海、山、そして映画!
子どもが楽しめる映画が、たくさん上映されています。
ポケモン・ザ・ムービー XY/破壊の繭とディアンシー
思い出のマーニー
プレーンズ2/ファイアー&レスキュー
などなど。

ちょっと大きくなって、アニメは卒業と言っているお子さんには『幕末高校生』がおススメ。

幕末高校生

STORY
高校で歴史を教えている未香子(石原さとみ)は、3人の生徒とともに、1868年幕末期の江戸にタイムスリップしてしまった。未香子と教え子の雅也(柄本時生)は、偶然会った勝海舟(玉木宏)に助けられ、同じく江戸にタイムスリップしてきているはずの他の教え子を探すことに。ところが、未香子たちが江戸時代に来たことで、歴史に少しずつ変化が起きてきた。勝海舟と西郷隆盛の和平交渉が行われなかったため江戸が戦場に?!


楽しかった~~!!
子どもと安心して観られる作品!!
「なんか懐かしいな~。あ、子どもの頃見たNHKの少年ドラマシリーズだ!!うんうん。そんな感じ~~」と、ひとり頷きながら観ていたら、エンディグでビックリ!原案は眉村卓さんなんですね。短編小説「名残の雪」が元になっているんですって。しかも、1977年には少年ドラマシリーズで、同じく「名残の雪」を原作とした「幕末未来人」というドラマが放送されていたんです。
「幕末未来人」なんとなく覚えています。

調べていたら、フジTVでも1994年にドラマになっていました。そちらは「幕末高校生」。今回の映画は、20年前のドラマを現代風に作りかえたんですね。1994年のドラマは先生役が細川ふみえさんでした。でも、20年前のドラマと今回の映画、両方出ている人もいたんですよ!!

20年前のドラマでは、タイムスリップしてきた先生と生徒を匿うのは勝海舟ではなく佐久間象山。こちらの役を演じているのが 石橋蓮司さん。
悪徳商人の大黒屋は伊武雅刀さん。

この2人は今回の映画にも出演しています。今回はどんな役を演じているか・・・答えは映画館で♪

そして、他にも今回の映画は作ったスタッフの皆さんの遊び心が満載。
柄本明さんと柄本時生さんの親子共演。
親子で(映画の中の役柄は親子じゃないですよ)おんなじ○○を好きになっちゃうのは、やっぱり血?と思っちゃう(笑)

スタッフも楽しんで作ったんだろうな~と思っちゃう作品でした。

玉木宏さんもかっこいいですよ~~!!
最初は「こんなの勝海舟じゃな~~い!」って思っちゃうけど、最後はムフフです!!

歴史の勉強にもなるし(なるか?)、夏休みぜひぜひ親子で観に行ってみて~~~~!!

横浜・川崎&近隣エリアの情報ならビタミンママ

『好きっていいなよ。』観ました♪ 


かりんかりんです。

大人気少女マンガ原作の『好きっていいなよ。』を観てきました♪

好きっていいなよ

STORY
友達も恋人も作らず、誰とも関わらないように生きてきた16歳の橘めい(川口春奈)。ある日、学校一のモテ男・黒沢大和(福士蒼汰)にケガを負わせてしまうが、なぜか大和はめいを気に入って一方的に友達宣言。さらに、めいをストーカーから守るためキスをする。戸惑いながらも助けてくれた大和に少しずつ心を開いていくめい。孤独だっためいの世界がどんどん変わっていき、喜び、ぶつかり、傷つき、悩みながら成長していく・・・



かりんは年甲斐もなくキュンキュンする映画が大好き!
ここ最近の胸キュン映画は全部観ています!えっへん!!(笑)

いい年した大人が胸キュン映画ってどうなのよって思っている人いませんか~?
いいんです。観たければおばちゃんだって観ていいんです!

でもね、もちろん恋愛が軸ではあるんですけど、友達関係や人と人のつながりを描いていることのほうが多くて、「そうそう!」「あ、こんなこと私もあったよな~」と共感することがいっぱいあるんですよね。
とくに女子の友達関係はめんどくさいイメージがあるから、めいちゃんが人と関わらないように過ごしていた気持ちは「わかる~」って思う人が多いんじゃないかな。

あと、かりんの胸キュン映画の好きなところは、はるか忘却の彼方に忘れてきた(笑)ピュアな気持ちを思いださせてくれることかな。
めい役の川口春奈ちゃんの表情が劇中どんどん変わっていくのがとてもステキでした。
最初は明らかに戸惑っていて硬い表情をしているんだけど、だんだん明るく笑顔も出てくるようになるんですよ。
これは大和じゃなくても心配でたまらないだろうな~と(笑)

そして自分はめちゃくちゃ嫉妬しているくせに、自分が同じ思いをさせてしまっていることに気付かないのが男の子なのよね~。
そりゃ、彼氏が福士蒼汰くんならいろいろ心配ですよね。
ましてやめいちゃんは今まで人とあんまり関わってこなかったわけだし、免疫力がないんだもん。
そのへんの複雑な(?)心情の変化を優しい視点で描いていたのは女性監督ならではだな~と思いました。
たくさん出てくるキスシーンもどれもキレイで、これから恋をする10代の女の子たちが憧れるキスシーンになってたんじゃないかな。

中高生にオススメしたいのはもちろんですが、かつて女の子だった女性にも観てもらいたい作品です。
非日常を味わうにはもってこいですよ~~。
妄想するのはいくつになってもOKですからね(笑)

ぜひぜひ劇場でご覧になってくださいね~。

横浜・川崎&近隣エリアの情報ならビタミンママ

『マレフィセント』観ました。 


いちごこんにちは。いちごです。

7月に入り、夏休みが待ち遠しい時期となりましたね。
この夏、ご家族み~んなで楽しめる映画「マレフィセント」をご紹介します♪

マイレフィセント

STORY
念願のロイヤル・ベビー、オーロラ姫の誕生を祝うパーティーの席で、3人の妖精たちが次々に幸運の魔法をオーロラ姫にかけていく。1人目は「姫に美しさを~」2人目は「いつも幸せに包まれますように」そして、3人目の妖精の番になった時、“招かれざる客”である邪悪な妖精マレフィセント(アンジェリーナ・ジョリー)が突如現れ「16歳の誕生日の日没前に、永遠の眠りにつくだろう」とオーロラ姫に恐ろしい呪いをかけてしまった。
幸運の魔法の通り、オーロラ姫は幸せに包まれ、美しい娘へと成長していく。そして、16歳の誕生日、呪い通りに永遠の眠りに就いてしまう・・・。
なぜマレフィセントはオーロラ姫に呪いをかけなければならなかったのか?そして、マレフィセントの悲しい過去とは?オーロラ姫は永遠の眠りから覚めることはできるのか?
史上空前のアクション・ファンタジー超大作として、ついにその謎が暴かれる!!


ディズニーのアニメーションとして
半世紀以上も世界中で愛されて続けている『眠れる森の美女』
“白馬の王子様が迎えにくる”という
王道のプリンセス・ストーリーですよね♪。

でも、この『マレフィセント』は、
ヒロイン・オーロラ姫に、永遠の眠りにつく呪いをかけた
“ディズニー史上最強の悪役の妖精”の視点からストーリーが描かれているのです。
誰も予想していなかったエンディングに度肝を抜かれますよ♪

邪悪な妖精から見た幻想的なおとぎの国の美しさと
ダークな映像の世界にも期待できます!!

黒いマントに身を包んだ悪女でありながらも
エレガントなマレフィセント。

アンジェリーナ・ジョリーは、まさにはまり役です。
この役をこなせるのは、アンジーしかいないっ!!(^o^)

自らの手で呪いをかけたオーロラ姫が16歳になる瞬間を、
密かに恐れながらも、いつも影から見守っている
母親のような温かさも兼ね備えているのですよね~。
アンジーの愛娘ヴィヴィアン・ジョリー=ピットちゃんとの共演もあります!
(ピットちゃん、なんでも子役のオーディションの時に、
恐ろしいマレフィセントの姿を見ても一人泣かなかったから選ばれたとか・・・。)

マレフィセントの怪しくも美しいオーラに瞬きもしたくない程、見入ってしまいます♪
「釘付けになる」とは、まさにこのことですね♪
いちごも、昔は、夢見る乙女だったので(笑)、
マレフィセントを憎む派でしたが、
彼女の悲しい過去に、胸が張り裂けそうになりました。
きっとマレフィセントファンも急増することでしょう(^o^)。

それから、
瞬きできない人物がもう一人?いや、もう一羽?もう1匹?
オオカミになったり、ドラゴンになったり、人間になったり・・・、
サム・ライリー扮する自由自在に姿を変えられるカラスが、
これまた、格好良いの!!
ぜひぜひ見入って下さい(^^;。

そして、天真爛漫でとってもキュートで、マレフィセントとは対照的なオーロラ姫。
若手女優のホープと言われている、エル・ファニングもプリンセスそのもの!
ほんとかわいい♪

特に、おとぎの国で、妖精たちと遊んでいるシーンは、
映像美も加わり、観ている側の心も奪われてしまいます♪

人間界と妖精界との戦争では、映画館が揺れたかと思う程の迫力満点ですし、
観客の予想を鮮やかに裏切るストーリーも、
見どころいっぱいで、一瞬たりとも目を離すことができないです♪

そうそう、企画立ち上げ当初から関わっていたアンジェリーナは、
今回、なんと本作の製作総指揮も務めていたそうですよ。
すごいですね~♪

どんな世代も楽しめる『マレフィセント』
ご家族やお友達、おじいちゃまおばあちゃまと・・・、
ぜひ、楽しい夏休みのひとときを映画館でお過ごしくださいね~。

そして、皆さんの感想もぜひ教えてください♪
お子さまからの感想も大歓迎です!!
ベストレビュー賞に選ばれると映画鑑賞のペアチケットがもらえますよ(^o^)。

横浜・川崎&近隣エリアの情報ならビタミンママ

「きゃりーぱみゅぱみゅシネマJOHN!」招待券プレゼント♪ 


ゆずゆず です。

あのきゃりーぱみゅぱみゅが映画になっちゃった!!
しかもドキュメンタリーじゃないよ!!(多分)
きゃりーぱみゅぱみゅは、なんとロボットだったんですよーー!!

きゃりーぱみゅぱみゅ

きゃりーぱみゅぱみゅシネマJOHN!

STORY
2014年、ワールドツアーを行ったきゃりーぱみゅぱみゅ。そのヨーロッパ公演で関係者の口から、「きゃりーぱみゅぱみゅは人間ではないのでは」という証言が飛び出し、その後、証言者たちの行方がわからなくなってしまう。そして日本に帰国したきゃりーは、自分がロボットだということを知って驚く。世界中の少女たちによる組織が出生について知っていると聞き、きゃりーはヨーロッパへ足を運ぶ。


なんてシュールなストーリー!!
でも、きゃりーぱみゅぱみゅらしい!!(笑)

日本だけでなく、ドイツやフランスでもロケを行い、テレビ番組「きゃりーぱみゅぱみゅテレビJOHN!」の名場面のリメイクシーンももりだくさんの、ファンにはたまらない作品です。

特別鑑賞料金 大人(高校生以上):1,000円 小人(中学生以下):500円。

7/11まで、きゃりーのステッカーが付いてくる!前売券も販売中です!!
親子ペア券は1400円で100円お得。

今回はこの映画の抽選で5組10名様をご招待♪
〆切は7月18日。
下記の応募フォームから応募してね♪

きゃりーぱみゅぱみゅシネマJOHN!応募はこちら!

横浜・川崎&近隣エリアの情報ならビタミンママ

「超高速!参勤交代」観ました♪ 


いちごみなさん、梅雨の真っ只中、如何お過ごしですか?
ジメジメした季節は、快適なイオンシネマで過ごすのが1番♪
早速いちごは今話題の「超高速!参勤交代」をご紹介しま~す。

超高速参勤交代

STORY
8代将軍・徳川吉宗が天下を治めている江戸時代。東北磐城国の湯長谷藩(現在の福島県いわき市)は、1万5千国の弱小貧乏藩であった。江戸幕府老中・松平信祝(陣内孝則)は、藩内に存在するという金山奪略を狙い「5日以内に参勤交代しなければ、藩を取り潰す」と無理難題を吹っかけてきた。通常でも8日かかり、さらに莫大な費用を要する参勤交代をわずか5日で行うことは、無茶苦茶な話。しかし、藩主・内藤政醇(佐々木蔵之介)は、民を守る為、知恵を絞りなんとしても参勤交代を完遂させようとする。忍びの雲隠段蔵(伊原剛志)を道先案内人として雇い、知恵者の家老・相馬兼嗣(西村雅彦)とともに奇想天外な作戦に打って出る。もちろん、松平もそれを阻止せんと刺客を放つが・・・。果たして、藩のお取り潰しは免れることができるのだろうか。



各藩を苦しめた「参勤交代」に“超高速!”と今風の言葉を入れたタイトル。
このギャップのタイトル通り、真面目にドタバタ劇を繰り広げており、
ユーモアと斬新さで、笑って泣ける歴史時代劇のエンターテインメントです♪

「ゲゲゲの鬼太郎」でも有名な本木克英監督が演出した「超高速!参勤交代」は、「のぼうの城」等、秀逸なオリジナル脚本を輩出する城戸賞を2011年に受賞し、史上初の審査員最高得点を獲得したそうですよ!

さて、「参勤交代」って・・・??
昔、勉強しましたよね。
“各藩の藩主を定期的に江戸に出仕させる事により、財政的負担を掛けると共に人質をも取るための江戸幕府の制度”。この制度により、藩は、江戸と国元との行き来のために街道の整備や、大名行列の費用、道中の宿泊費など多額の出費に迫られ、幕府に反旗を翻すことができなかったのでしたよね。

「エッサー、ホラサー」の掛け声と共に、けもの道を駆け抜け、宿場町では、人を雇いひとり何役もこなしながらも大名行列の形だけは整える。江戸幕府老中の松平信祝の刺客に追われながらも、道なき道を駆け抜ける誠実で熱い湯長谷藩の7人男。

途中、身分の低い飯盛り女(深田恭子)とのロマンスもあり。様々な人に助けられ、お国の民の為、お上に忠誠を誓う為にと、とにかく江戸に急ぐ。

物語では、その大変さを超コミカルに描いているので、超笑えます♪

特に、
金勘定にキビしい知恵者の家老・相馬兼嗣(西村雅彦)のハジケっぷりは、さすが!!
相馬が登場する殆どのシーンは、会場全体がまさに笑いの渦でした(^o^)。

ジメジメした梅雨をも吹っ飛ばしてくれるくらい痛快なので、ぜひ、ご家族やお友達と大いに笑って楽しんでください♪。

そして、皆さんの感想もぜひ教えてくださいね♪
ベストレビュー賞に選ばれると映画鑑賞のペアチケットがもらえます(^o^)。
同時にTwitterでもベストレビューを募集していますので、
ドシドシご応募くださ~い♪

横浜・川崎&近隣エリアの情報ならビタミンママ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。