スポンサーサイト 


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

横浜・川崎&近隣エリアの情報ならビタミンママ

11月のベストレビュー賞 


かりんかりんです。

いつもベストレビュー賞へのご応募ありがとうございます!

2014年もあと少しですね。
今頃は大掃除や、お正月の準備に忙しいご家庭が多いんでしょうね。
そういうかりんかりん家も大掃除真っ最中。
普段からさぼっているので、今年の汚れは今年中にキレイにできそうにありません(涙)

ところで、皆さんは元日の日は何をしていらっしゃいますか?
我が家は毎年、映画を観るという伝統行事(?)があるのですが、冬休みはファミリーで観られる映画がたくさんあるんですよね。
たしかゆずちゃん家もそうだったと思うのですが、映画好きなご家庭ならよく見る光景かもしれないですね。
今年はいちごいちごちゃんが紹介している『ベイマックス』や、ゆずゆずちゃんが紹介している『ナルト』もそうですね。
あとは、今大人気の『妖怪ウオッチ』に、小学生以上のお子さんなら『バンクーバーの朝日』や、公開されたばかりの『海月姫』なんかもおもしろそうですね。

ぜひ、おじいちゃんやおばあちゃんを誘って映画館へ行ってみてくださいね。

さて、遅くなりましたが
皆さんから送っていただいた感想と11月のベストレビュー賞の発表です!





ドラキュラZERO

今流行のリメイク系アクションね…主役のルークは「ホビット」の弓の人でカッコいい、と思ってはいたのですが…あまり期待は大きくはなかったのですが…これ、凄いよかったです! 90分ちょっとの上映時間は、長い作品が多い中、適度なスピード感があって、テンポが良かったです。そして、ルークはやっぱりカッコいい。色気漂う男です。

HN ルーくん




神様の言うとおり

人気の福士蒼汰君が主役でしたが、神木隆之介君の振り切れっぷりが凄かったです。
今年は「るろうに剣心」もあり、神木君大活躍の印象がありましたね。
そういえば、今年たくさんの作品に出られていた染谷将太君も出演。福士・神木・染谷の3トップは最強でした!

HN しーちゃん




紙の月

どこにでもいそうな平凡な主婦、梨花を宮沢りえが見事に演じきっていました(東京国際映画祭の最優秀女優賞を受賞したもの納得)。若い男との恋のために、身勝手としてか言いようのない罪を犯している・・・なのに何故か応援したくなる・・・。胸に突き刺さる物語でした。

HN サンタさん、お待ちしてます☆




小野寺の弟小野寺の姉

向井さんとはいりさん、同じ二人で舞台をやっている作品なのですね。
映画を観て、パンフレットを見るまで知りませんでした。大きな事件は起きません。
主人公たちはほんの少しだけ前に進みます。せわしない世の中、こういうガツガツしてない時間をもってる人って、心地いいですよね。

HN 一人っ子




フューリー

ブラッド・ピットが主演ということで見てきました。
戦争映画はあんまり好きなジャンルではないのですが、とても素晴らしかったです。
さすがはアカデミー賞最有力候補に挙がっている作品だと思いました。
ブラッド・ピットは今までの主演映画の中でも最高の演技だったのではないかと思います。
そして、ハリウッド若手№1と言われているローガン・ラーマンも新兵の役で出演しています。
ローガン・ラーマンの演技もとてもよかったです。
この新兵の目線で私たち観客も戦争を見ているので、とてもリアリティがあり怖かったです。
たった5人でドイツ軍300人と戦った英雄と謳われていますけど、戦争を美化するような映画ではなかったです。

HN かあさん




それでは11月のベストレビュー賞の発表です!
「フューリー」の感想を送ってくださったかあさんさんに決定です!

かあさんさんにはイオンシネマ港北ニュータウンで平日に使える無料鑑賞チケットをペアでお送りします。

皆さん、冬休みに映画を観たら感想送ってくださいね~。
お子さんからの感想も大歓迎です!

同時にTwitterベストレビュー賞も募集しています!
ハッシュタグ #motto_wmcNT をつけて映画の感想をつぶやくと、
毎月1名様にイオンシネマ港北ニュータウンで
平日使える無料鑑賞チケットをペアでプレゼントしています。
たくさんつぶやいてペアチケットをGETしちゃいましょう~。
つぶやいたら@motto_wmcNTに「つぶやいたよ~」って教えてくれると嬉しいです。

今年もたくさんの感想を送っていただいてありがとうございました!
2015年もどうぞよろしくお願いいたします。

スポンサーサイト
横浜・川崎&近隣エリアの情報ならビタミンママ

15年の連載が終了。その後のナルト達に会えるTHE LAST -NARUTO THE MOVIE-』 


ゆず連載開始当時から読み続けていた『NARUTO』が、15年の連載を終えて、11月に最終回を迎えました。
ナルトが子どもの頃から成長を見続けているので、すっかり親戚のおばさん気分(^^;
漫画の最終回では、みんなが結婚して子どもができていてビックリ・
その謎がわかるというので出かけてきました(笑)

THE LAST -NARUTO THE MOVIE-

THE LAST -NARUTO THE MOVIE-

STORY
木ノ葉隠れの里を救ったヒーローとして、子どもから女の子にまで大人気のナルト。平和な日々が続いていたが、ある日、月が地球に近づいてきていることがわかった。このままでは、地球は消滅してしまう。月の異常接近には、ナルト、サスケと死闘を繰り広げた大筒木カグヤの子孫トネリの仕業だった。
そんな中、ナルトは長年のヒナタの想いに気づきヒナタに告白をするが、ヒナタはトネリと結婚すると言い残し、トネリと姿を消す。ヒナタがトネリのプロポーズを受けたのには理由があった・・・。


漫画の最終決戦から2年後のお話です。

みんな大人になっていてビックリ!!(笑)
あたりまえだけど、もう子どもじゃないのねぇ~~。
ナルトも髪の毛を短く、りりしくなっていましたよ。
サクラは額の百豪の印といい、ますます師匠の5代目火影に似てきました。
師匠と違って結婚できてよかったね。サクラ。<漫画最終回より
サスケもちらっとだけ登場します。

そして、今回の映画は今までのナルト映画と違って、恋愛映画なんですね(^^;;

ナルトとヒナタのラブラブっぷりにあてられっぱなしです(笑)

ちょっぴりネタバレになりますが、
お姫様抱っこもあります。
チューもあります。
エンディングは・・・見てのお楽しみ♪

THE LAST -NARUTO THE MOVIE-

映画を見ると、オマケで「列の書」がもらえます。
成長したキャラクターの今の姿を、じっくり見ることができますよ。
サスケは映画に一瞬しか出ないので、この本で今のナルトを確認してください。
最後に書き下ろしの漫画があるのですが、ナルト、結婚したらヒナタに隠し事はできそうにないです(^^;;

正直にいうと今回はバトルシーンを期待して行ってはいけません(笑)
恋愛映画です。

でも、成長したお子さんと一緒に見に行ってもらいたい映画です。
ナルトを読んで成長したお子さんも、きっと同じくらいの年になっていると思うので、親子で映画を見た後、ナルトについて語り合って欲しいな~。

年末年始、親子で出かけることが増えると思いますが、その中の候補におススメします。

横浜・川崎&近隣エリアの情報ならビタミンママ

『ベイマックス』 観てきました♪ 


いちご

寒くなりましたね~。
1年で一番忙しい時期!疲も出やすいですよね・・・、そんな時は、
「ベイマックス」の優しさと感動で、心を元気にしてもらいましょう~♪

ベイマックス

STORY
サンフランソウキョウに暮らす14歳の天才少年ヒロは、自ら開発したロボットを使い、ロボット格闘技に夢中になっていた。ヒロの良き理解者でもある兄タダシは、そんな弟を案じ、自身の通う大学にヒロを連れて行く。タダシの研究仲間やロボット工学の第一人者キャラハン教授と出会い、感銘を受けたヒロは、大学で最先端の科学を学ぶことを決意。しかし、そんな矢先、不慮の事故でタダシは帰らぬ人となってしまった。心にぽっかり穴が開いたヒロを救ってくれたのが、タダシが開発したケアロボットの「ベイマックス」。兄の死の裏に巨悪が潜んでいることに気付いたヒロは、ベイマックスを戦闘機に改良し、仲間と共に立ち上がる。

ディズニー史上初の優しすぎるロボットと少年ヒロの絆を描いた感動のアドベンチャー!!


「はじめまして。私はベイマックス。あなたの心と身体を守ります。」
劇中なんども出てくるこの言葉の優しさに、とっても癒されました。

大きな瞳で心と身体の健康状態を瞬時にスキャンし、おせっかいすぎる程に真剣にケアしてくれるケアロボット、「ベイマックス」。
1万通りの治療方法がインプットされているんだとか。

丸くて、白くて、大きくて、柔らかくて、抱きしめたくなるようなベイマックス~。
一瞬にしてファンになりました。


ドン・ホール と クリス・ウィリアムズの両監督は、
視察で日本に訪れた時に、数多くの日本文化に感銘を受けたそうで、
沢山の日本文化が作品中も登場しています♪

たとえば、路地裏の無雑作に積まれたビールケース。
日本人なら、なんてことないと思いますが、
彼らにとってはまさにAMAGING!!

東京駅は警察署として、新国立劇場はタダシが通う大学の校舎として、渋谷駅や新橋駅、浅草の仲見世通りの看板、路面電車など登場しています。

ベイマックスの愛嬌ある顔も、神社の鈴をヒントに出来上がったそうで~す。
両監督がAMAGINGと賞した日本の物を、探すのも面白いですよ♪

それから、チェイシングのシーンでは、
空気が抜けて、倒れそうになっていくベイマックスに、
会場全体が笑いの渦。
息を吸うのも大変なくらい、お腹を抱えて笑えました!

でも、お笑いだけで終わらせないところは、さすがディズニー映画ですね。
壮大なスケールで描かれる絆の物語でもあるので、
何があってもヒロを守ろうとする一途なベイマックスの姿には
涙が止まらなかったです。

「ベイマックス」を
今年最後の感動映画として締めるもよし、
来年の幕開け映画にするもよし、
たくさん笑って泣いて、優しさに包まれてください♪。

今年1年、皆さんの感想をたくさんお寄せ頂き有難うございました。
2015年も、皆さまに感動することがたくさん起こりますように♡♡♡。
ステキな映画に出会ったら、ぜひ、感想など送って下さいね。
お待ちしていま~す♪♪

横浜・川崎&近隣エリアの情報ならビタミンママ

福士蒼汰くんに壁どんしてもらえちゃう!! 




今、イオンシネマ港北ニュータウンに行くと、福士蒼汰くんに壁どんしてもらえるよ~♪
恥ずかしいけど、写真撮ってきちゃいました(*^^*)

横浜・川崎&近隣エリアの情報ならビタミンママ

『ホビット 決戦のゆくえ』観ました♪ 


かりんかりんです。

ついに3部作完結編となる『ホビット 決戦のゆくえ』を観てきました♪

『ホビット』とは?という方もいらっしゃるかもしれないので一応ご説明(^^)
J・R・R・トールキンの『ロード・オブ・ザ・リング』3部作に続き、その物語の前日譚(「ホビットの冒険」)をピーター・ジャクソン監督が映画化した作品です。
『ホビット 思いがけない冒険』『ホビット 竜に奪われた王国』に続く、『ホビット 決戦のゆくえ』では王国を竜から奪還したビルボとドワーフの仲間たちが、世界を真っ二つにする壮大な戦いに挑んでいます。

ホビット 決戦のゆくえ

STORY
ドワーフの王国を取り戻すべく旅をしていたホビット族のビルボ・バギンズ(マーティン・フリーマン)やドワーフのトーリン(リチャード・アーミティッジ)らは、竜のスマウグからついに王国を奪い返す。しかし、スマウグは人々を襲い、その一方でトーリンが財宝を独り占めしようとし、ビルボがそれを止めようと危険な選択をしてしまう。そんな中、宿敵サウロンが奇襲を仕掛け、ドワーフとエルフと人間の間では対立が深まり……。


ビルボの長い旅がやっと終わりました。
ドワーフたちとの別れは最初からわかっていたことだけど、やはり一緒に旅をしてきた仲間としては悲しい別れですね。
私たち観客もビルボとともに旅をしているような気分になっていたので、このシーンはジーンとしちゃいました。

この物語から60年後に起こる『ロード・オブ・ザ・リング』を知っている私たちには嬉しいシーンやセリフもたくさんあって、映画を観ながら一人「お~~」とつぶやいていました(笑)

それにしてもビルボの純朴で勇敢なことといったら!!
さすがはガンダルフが選んだだけはあります。
フロドやサムも勇敢だったから、ホビット族はやはり小さき善き種族なのですね。

両シリーズを通して出演しているガンダルフ役のイアン・マッケランに、ガラドリエル役のケイト・ブランシェット、レゴラス役のオーランド・ブルームは『ロード・オブ・ザ・リング』から10年以上の年月が経っているのに違和感を感じさせない役作りはあっぱれの一言です。(レゴラスはさすがに若かったから見た目ちょっと苦しいかな(^^;)

3部作の最終章ということでここから観ようと思うとちょっと難しいかもしれませんが、トールキンの世界観を再現した映像は映画館ならではの迫力です!!
前作をDVDで観賞の上、ぜひぜひ劇場でご覧になってくださいね。

私はこの後に続く『ロード・オブ・ザ・リング』がもう一回観たくなりました♪
『ホビット』を観てからだとエルフとドワーフの確執や、ガラドリエルの恐るべき力(笑)など、観方がいろいろ変るんじゃないかな~と。
年末年始の過ごし方はこれで決まりです!

ぜひ冬休みにご家族そろってイオンシネマ港北ニュータウンでご覧になってくださいね。
観たら感想も送ってくれると嬉しいです!

横浜・川崎&近隣エリアの情報ならビタミンママ

映画館限定「妖怪ウォッチ」プリクラ♪ 


じばにゃん

いよいよ明日から公開ですね!

映画館に来たらぜひ映画館限定のプリクラで思い出に残していってくださいね。

期間限定なのでお早めに~(^-^)/


横浜・川崎&近隣エリアの情報ならビタミンママ

『ジバニャンのポップコーンBOX』好評発売中♪ 


ゆず
今年の流行語大賞にも選ばれた『妖怪ウォッチ』

運動不足の私は、お家で"妖怪体操”を踊って運動しています。
家族には不評ですが(^^;;;

いまや子どもだけでなく、大人にも大人気の『妖怪ウォッチ』
映画の前売り券はなんと84万枚も売れて、東宝映画で歴代最多の売り上げを記録したんですよ。
『妖怪ウォッチ』のマクドナルドカレンダーは150万部売れて、ギネス記録を超えちゃったんですって。

次々、記録を塗り替えている『妖怪ウォッチ』
映画館でしか買えない『ジバニャンのポップコーンBOX』も大人気ですよ。

妖怪ウォッチ
画像はクリックで大きくなります。

『ともだちウキウキペディアポップコーンBOXオリジナルカード付き』のジバニャンポップコーンBOX。
900円(税込み)です。

絶対欲しいですね!!

横浜・川崎&近隣エリアの情報ならビタミンママ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。