スポンサーサイト 


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

横浜・川崎&近隣エリアの情報ならビタミンママ

1月のベストレビュー賞 


かりんかりんです。

いつもベストレビュー賞へのご応募ありがとうございます!

さて、先日第87回アカデミー賞が発表されましたね!
毎年のことながら映画ファンとしてはドキドキワクワクする瞬間です(^^)/

作品賞にノミネートされていた作品の半分以上が、日本ではこれから公開されるものばかりなので、良いタイミングで鑑賞できるのが嬉しいですね。

ちなみに
『アメリカン・スナイパー』公開中
『イミテーション・ゲーム エニグマと天才数学者の秘密』3月公開
『博士と彼女のセオリー』3月公開
『セッション』4月公開
『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』4月公開 です!

かりんはもちろん全部観るつもりですが、中でも一番楽しみにしているのが、エディ・レッドメインが主演男優賞を獲った『博士と彼女のセオリー』です。
あのマイケル・キートンに勝った渾身の演技を劇場で確かめたいです♪

皆さんは何が楽しみですか?
観たらぜひ感想を送ってくださいね!

さて、それではお待たせしました!
皆さんから送っていただいた感想と1月のベストレビュー賞の発表です!




ベイマックス

マシュマロのような体型のベイマックスがなんとあんな形になるなんて・・・(笑)
想像していたストーリーとだいぶ違ったけど、とても楽しかったです。
日本へのオマージュが至るところにちりばめられていて、日本人としてとても嬉しかったのはいうまでもありません。
続編できるといいのにな。

HN くまくま




ANNIE/アニー

ミュージカルも前の映画版も観ていないので、比較とかできないんですが、とっても楽しい作品でした。
クワベンジャネちゃんは、去年のアカデミー賞で最年少ノミネートされたんですよね。
表情が豊かで可愛らしかったです。
周りの大人たちがアニーにいろんなことを教えてもらっていて、現代の大人ってそういうもんか~などと自分のことは棚に上げて考えちゃいました。
ジェレミーさんの歌はハイトーンがきれいで上手だし。キャメロンの振り切れたキャラも凄かったです。
ずっと楽しみにしていたのですが、期待を裏切らない一本。
ミュージカルっていいですよね。

HN 歌姫

ANNIE/アニー

ミュージカルの名曲はたくさんありますが、アニーの「Tomorrow」も大好きな曲です。
クワベンジャネ・ウォレスちゃんが歌う「Tomorrow」は、けっして素晴らしく上手というわけではないのですが(ごめんなさい!)、その子どもらしい素直な歌声がまた心にグッとくるものがありました。
ミュージカルは基本、観て楽しく、元気になるものだと私は常々思っているのでアニーはやっぱり名作中の名作ですね。

HN ぽんちゃん




ジョーカー・ゲーム


日本のスパイ映画って少ないですよね。ハラハラ、ドキドキのスパイアクションが好きなので、やっと日本にも水準の高いスパイ映画が出てきたか、と嬉しい限りです。深キョンはいくつになっても可愛いかったですが、亀梨くんは男の目から見てもセクシーでした。原作も読んでみたくなりました。

HN カメ




それでは1月のベストレビュー賞の発表です!
「ANNIE/アニー」の感想を送ってくださった歌姫さんに決定です!
歌姫さんにはイオンシネマ港北ニュータウンで平日に使える無料鑑賞チケットをペアでお送りします。
映画を観たらまた感想送ってくださいね~。

2月の感想もただいま募集中です!

同時にTwitterベストレビュー賞も募集しています!
ハッシュタグ #motto_wmcNT をつけて映画の感想をつぶやくと、
毎月1名様にイオンシネマ港北ニュータウンで
平日使える無料鑑賞チケットをペアでプレゼントしています。
たくさんつぶやいてペアチケットをGETしちゃいましょう~。

スポンサーサイト
横浜・川崎&近隣エリアの情報ならビタミンママ

『マエストロ』観ました♪ 


いちご

寒い日が続いていて、身体も心も縮こまっていませんか。
そんな時は、笑って泣ける映画「マエストロ」で、心をほぐしてあげてください

マエストロ

STORY
若きヴァイオリニストであり、コンサートマスターの香坂(松坂桃李)のもとに、不況により解散した名門オーケストラ再結成の話が舞い込んできた。しかし、廃工場が練習場の上、集まったメンバーは再就職先も決まらない楽団員たちとアマチュアフルート奏者のあまね(miwa)。久しぶりの音合わせも全くうまくいかない。そこへ風貌怪しげな指揮者、天道(西田敏行)が登場する。再結成を企画した張本人だが、指揮棒の代わりに大工道具を振り回すなど、本当に信じてついて行って良いのやら、と不穏な空気が・・・。しかし、次第に天道が導く音の深さに引き込まれ、楽団員たちは自信を取り戻していく。そして、迎えた復活コンサート当日。楽団員たち全員が知らなかった、 天道が仕掛けた“本当”の秘密が明らかになる!


クラシック音楽の演奏の素晴らしさと難しさ、
そして、面白さが凝縮された
すごくお得な映画です~!!

指揮棒の代わりに、とんかちを振り回し、
真顔でのダジャレの連発。
西田敏行扮する天道の破天荒な指揮者振りは、
やっぱり、彼でないと出せない味です。


でも、日本を代表する世界的指揮者、佐渡裕さんの演技指導は、
腕が壊れてしまうのではないかと周りが心配した程、
熱がこもっていたそうですよ。

オーケストラのまとめ役の“コンサートマスター(コンマス)”では、
ストイックな桃李君の一面を見ることも出来ます。
毎朝、目覚まし時計が鳴る1秒前に起きるというスゴ技!
見習いたいですっ(笑)。


ベートーヴェン作曲の交響曲第5番、通称「運命」。
冒頭の「ジャジャジャジャーン」が何を表す音ですかという問いに、
ベートーヴェンが、
「運命はこのように扉を叩くから」と
答えたことはご存じの方も多いと思いますが、
でも、正確には「ン、ジャジャジャジャーン」と休符から始まるので、
音を揃えるのが非常に難しいんですって。
天道も、リハーサルで何度も何度も言っていました(^o^)。

そうそう、たくあんを食べる時に、
バリバリバリッと美味しそうに音を立てて食べる人っていますよね?
天道に言わせると、それは、
口の中でたくあんの音を反響させることができる構造をしているので、
美味しそうな綺麗な音を出せているんだそう。
なので、そういう人は、フルート奏者に向いているんですって。

クラシック音楽のトリビアも随所でたくさん聞けるので、
へぇ~~~って思え、勉強にもなりますよ♪


殆どの役者さんは、初めての楽器演奏だったそうですが、
そんな事、微塵にも感じませんでした。
桃李君も1年前から、ヴァイオリンの練習をしていたそうですし、
天真爛漫なmiwaちゃんのフルートも初心者とは思えない程でした!

50人それぞれの奏者が、それぞれの想いで奏でる音楽を聞いた時、
温かい涙が頬をつたわってきました。

エンディングは、奇跡のピアニスト、辻井伸行さんのオリジナル曲。
現場を訪れ、イメージを膨らませて作曲された名曲は、
映画の感動をより一層確かなものにしてくれます。


皆さんの感想も聞かせてください♪。
抽選で映画鑑賞のペアチケットがもらえます。
同時にTwitterでもベストレビューを募集していま~す♪。
ご応募お待ちしています♪♪

横浜・川崎&近隣エリアの情報ならビタミンママ

『マジックドルフィン』 親子モニター鑑賞会レポート♪ 


バレンタインデーの2/14(土)!
僕らの映画館シリーズ第3段!
「マジックドルフィン」を見てきました‼

マジックドルフィン

私たちの住む神奈川県の八景島シーパラダイスを舞台に、
ジャンプが苦手なイルカのエースくんがショーのために頑張って練習!!
でも、失敗ばかりで自信をなくしちゃうエースくん。
それでも練習を続け最後は・・・


臆病なイルカくんの成長物語。
イルカくんの成長ぶりに、ホロリときたのは、きっと私だけじゃないはず(笑)

マジックドルフィン

内容の面白さだけではなく、子供にも分かりやすいメッセージ性の高い作品です。ドキドキワクワクの、45分間でした!
今回も、参加したファミリーの皆さんに、お話を聞いてみました‼


マジックドルフィン
まず、最初に伺ったのは関さん親子。8歳のお兄ちゃんのKくんと、七ヶ月の赤ちゃんをつれての参加でした。
妹思いのとっても優しいお兄ちゃんは、
動物が大好き!
クイズがたくさんあって面白かったし、妹も泣かなかった‼

と、答えてくれました。
ママは普通の映画よりも短く、子供が集中しやすい環境で楽しめて大満足です‼と笑顔。


お次は4歳と一歳半のお子さんと参加したTさん。
マジックドルフィン

マジックドルフィン
お母さんは正直参加するまでは不安だったそうです。
静かにしないといけない映画館で、歩き始めてじっとしてない子供。
果たして他のお客様に迷惑かけることなく最後まで見れるのか…。
ところが、映画が始まると、お兄ちゃんは画面に釘付け。
回りからも楽しそうな子供たちの声が聞こえ、下の子が階段を降りたり歩いたりしても文句ひとつ言われませんでした。
ゆっくり映画なんて見てられないだろうと諦めていましたが、楽しかったしまた参加したい‼と嬉しそうでした。

マジックドルフィン
最後にお話を聞いたのは
10歳のKくんと、7歳のMちゃん兄妹。
イルカの事がたくさん知れて嬉しかった‼
というMちゃんは、実は暗いのと、大きな音が怖くて映画館ではいつもママにくっついて離れないそうです。
でも今日は暗くないし、うるさくないし、怖くなかった‼楽しかった!
お兄ちゃんは、がんばれば夢が叶うという言葉に感動したと興奮ぎみにストーリーを教えてくれました。

他にも、
・トイレトレーニングが完了していなかったけど、すぐ近くにトイレがあって公園に行くより楽でよかった。
・子供の行動を過剰に叱らずに、気を使わずにリラックスして親子で楽しめた
・海の動物が一杯で楽しかった‼

という意見も。
まだ映画館デビューしてないお子さまには、もってこいのイベントでした!
ホワイトデーのお返しに、ママにゆっくり一人時間。
パパはお子さんと映画館なんていうのも、いいかもしれませんね(*≧∀≦*)

横浜・川崎&近隣エリアの情報ならビタミンママ

天才スパイを演じる亀梨和也がかっこいい『ジョーカー・ゲーム』 


ゆず「007シリーズ」や「ミッション・インポッシブル」
海外にはかっこいいスパイ映画がたくさんあるのに、日本にスパイ映画がないのはなぜ?と思っていたあなた!!
日本にもかっこいいスパイ映画が誕生しましたよ♪

ジョーカー・ゲーム

ジョーカーゲーム
STORY
物語は架空の第2世界大戦前夜の日本。
嘉藤(亀梨和也)は陸軍士官学校で病気の部下を助けようとして、誤って情感を殺害してしまう。極刑に処される寸前、諜報(ちょうほう)組織のD機関の結城(伊勢谷友介)に命を救われる。嘉藤は卓越した頭脳や身体能力を駆使し、訓練を終えてD機関のスパイとなった。初の任務は新型爆弾の設計図が書かれたブラックノートの奪取。魔の都と呼ばれる都市に潜入した彼の前に、リン(深田恭子)という女が出現し……。


原作は第30回吉川英治文学新人賞などを受賞した柳広司の、現在70万部のセールスを記録した大人気スパイ小説。コミック化もされビックコミックスピリッツで連載もされています。
この小説の中でも特に人気のエピソードを集めて再構築したのが、映画『ジョーカー・ゲーム』
面白くないわけないですよね!!

しかも主役の天才スパイはKAT-TUNの亀梨和也。
白いスーツがよく似あうのです
クールで、ニコリともせず、淡々と任務をこなしていく。

でーもー、スパイとして致命的なのは優しすぎること。

もともとスパイになったきっかけも、病気の部下を放っておけなかったから。
今回も優しさゆえに、何度もピンチに陥ってしまいます。
冷酷非情なスパイじゃなく、人間味あふれるスパイなのですよ。

あと、女に弱い(ーー;

クールだけど、中身はルパン三世かよ!!と、思わず映画に突っ込みを入れてしまいました。

まぁ、深田恭子が魅力的過ぎるんですけどね♪

そして、伊勢谷友介も見逃せません。
小説では主人公は伊勢谷友介さん演じる結城なんですよね~。
この映画を見ると原作を読みたくなります。
まだ他のシリーズがあるので、続編もできそうですよね。

原作者の柳広司が「きらきらしたスパイ映画」と言ってましたが、確かにスパイ映画につきものの暗さがなく、きらきらしています。
特にラスト10分はスカッと爽快!!
ここではじめて亀梨演じる嘉藤の笑顔が見られるんですよ(^^)

できたらお友達と一緒にでかけて、観終えた後、居酒屋で盛り上がってほしいです。

最初はちょっと"クサイ映画"に感じるかもしれませんが、最後まで観るとクサさが癖になっていて、きっと続編が観たくなっているはず。
そんな映画です。

横浜・川崎&近隣エリアの情報ならビタミンママ

『マジックドルフィン』 親子20組ご招待♪ 


マジックドルフィン

こども映画シリーズ第3弾は、
夢をあきらめないイルカたちの物語!!

『マジックドルフィン』



ジャンプが苦手なイルカくんがショーのために頑張って練習!!
でも、失敗ばかりで自信をなくしちゃうイルカくん。
それでも練習を続け最後は・・・

臆病なイルカくんの成長物語。
子ども達に観てもらいたいこちらの映画の
2月14日(土)12:20の回(終了13:15頃予定)に
親子モニター20組を御招待!!
しちゃいます。


「こどもの映画館シリーズ」は、劇場内が明るめで、子どもの集中力を考慮した作品作りが特長です。
鑑賞後に、ストーリーの感想と共に、お子さんのようすなどを寄せていただける方、どしどしご応募ください!
感想はシネコンブログの左側にあるベストレビュー賞 から!
映画チケットも当たるかも!

親子モニターは、こちらの応募フォームから応募してくださいね。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
マジックドルフィン応募フォーム


締め切りは2月8日です。

横浜・川崎&近隣エリアの情報ならビタミンママ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。