スポンサーサイト 


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

横浜・川崎&近隣エリアの情報ならビタミンママ

原作を知っている人も、知らない人も、みんな楽しめる『暗殺教室』 


ゆず春休み。
イオンシネマズ港北ニュータウンは、たくさんの親子連れで賑わっていました。
そんな中、私が観てきたのは・・・

週刊少年ジャンプに連載中の人気コミックの実写版

暗殺教室

暗殺教室

STORY
名門進学校 椚ヶ丘中学校には、落ちこぼれを集めた3年E組というクラスがある。ある日、E組に担任として現れたのは、マッハ20で空を飛び、月を破壊したタコ型の得体の知れない生物。謎の生物は翌年3月に地球を破壊すると宣言しており、E組の生徒たちに政府から謎の生物の暗殺が依頼された。成功報酬は100億円。
“殺せんせー”こと謎の生物を、生徒たちは暗殺することができるのか……


『暗殺教室』というタイトルから、バトルロワイヤル的な殺伐とした映画を連想しちゃいそうだけど、とってもコミカルで、しかも先生と生徒の絆を描く感動巨編なのです!!

・・・というのは、ちょっと言い過ぎかもしれないけど(笑)

親子で見ても全然問題のない映画です(^^)
というか、むしろ親子で観てもらいたい映画。
殺せんせーは、E組の生徒を立派な暗殺者にするべく、いろいろ教育していくわけですが、その内容が「正しい教育法」なのですよ。
自分を大切にすること。
友達を大切にすること。
化学が得意なだけではダメ。その素晴らしさを人に伝えられるよう国語力も磨くこと。
他の人を理解すること。

子どもはゲラゲラ笑いながら観ているけど、親はその言葉の裏にある本当に殺せんせーが言いたいことにドキッとしますよ。
実はこの映画教育評論家の尾木ママも絶賛しているんです。
劣等生のレッテルを貼られた子どもたちのやる気を引き出す方法がたくさん。
自分の子育ての参考になるかも。


そして、漫画の世界そのまま実写映画になっているんですよ!!
主人公の潮田渚くん役の山田涼介くんはもちろん、ちょっとニヒルな赤羽業役の菅田将暉くん、ふたりともかっこいい!!
久しぶりに見た加藤清史郎くんも、かっこよく成長していましたよ~~(^^)
いけすかない体育教師役の高嶋政伸さんは、相変わらず怪演です。
最近この人が映画の画面に出てくると、「うわぁ~~!来た来た~~~!」と思ってしまいます(^^;;
2度目の登場シーンの方が、より不気味ですよ(笑)

原作のイメージとおり・・・中には原作以上にぴったりの人たちが。
まるで「暗殺教室」の漫画から抜け出してきたようなキャラクターがいっぱい。

そしてそして、殺せんせー。
実は私は知らなかったので、最後の最後エンドロールのこれまた最後、殺せんせーが嵐の○○○○だと知って、思わず声あげて驚いちゃいました。

もっとしっかり聞いておけばよかった~~。

ヌルフッフッフヌルフッフッフ
最後まで席を立たずに観てくださいね♪


スポンサーサイト
横浜・川崎&近隣エリアの情報ならビタミンママ

2月のベストレビュー賞 


かりんかりんです。

いつもベストレビュー賞へのご応募ありがとうございます!

春休みも始まり、桜の開花宣言もされましたね!
お花見も楽しみだけど、私はやっぱり花より団子かな(笑)
美味しいお弁当を持ってのんびり公園にでも行きたいな~。

さて、それではお待たせしました!
皆さんから送っていただいた感想と2月のベストレビュー賞の発表です!
そうそう、「マジックドルフィンの親子モニター鑑賞会」に参加された方からの投稿がありました。マジックドルフィンの公開は終わってしまっているけれど、ぜひ次回のこども映画館の参考になさってくださいね。




マジックドルフィン

ビタミンママさんの懸賞で当選しました。4歳の息子はイルカが大好きで、特に八景島シーパラダイスのショーがお気に入りで何度もリピートしています。「マジックドルフィン」はシーパラダイスが舞台になっているので親近感がわいたようで、イルカのジャンプに歓声をあげながら鑑賞しておりました。映画はショーのシーンが多いのですが、普段客席からは見えない水槽の底が結構深いことや、ゆったり泳いでいるジンベエザメを上手に避けている様子などがわかって大人も興味深く、あっという間の45分間でした。
館内の照明が明るいので子供の様子がよく見える点も良かったです。イルカのジャンプに合わせて持参した白イルカのぬいぐるみを一緒にジャンプさせている息子が微笑ましかったです。ありがとうございました。

HN ぽんた




マジックドルフィン

14日公開の映画「マジックドルフィン」を観に行きました。
八景島シーパラダイスのかわいいイルカが主人公。 ジャンプが苦手な臆病イルカが、練習を重ねて、ショーに出られるほど上手にジャンプできるようになるお話。 夢をあきらめないで!と応援したくなる作品でした。

HN R&M




マジックドルフィン

カメラアングルの工夫で、普段は見られない角度からの映像はインパクトがありました!
似た映像が流れてちょっと単調だなと思う場面もあったけれど、紹介されるイルカの特徴などは知らなかったことも多く、「へぇ~!すごいね!」と親子で感心しながら興味深く楽しめました。
ずっと静かにしていなくてもOKなので、その場でちょっとした思いを共有でき、より印象が強く残ったように思います。
途中のクイズでは、難しいと「ねぇ、ママどれかなぁ?」と相談してきたり、わかったときには「○番!ゼッタイ○番だよ!!」と嬉しそうに叫んだり、ただ観るだけの一方向ではなく参加できるエンターテイメント性が子供をさらに惹きつけたよう。
しかしただ楽しいだけじゃなくて、ラストはしっかり、ホロリ。
普段は読み聞かせで泣いたりする母を小バカにするところのある娘が、今回は「ママ泣いちゃった?私もちょっぴり涙が出ちゃった。」と素直に言ってくれたのが、母は何より嬉しかった!
帰宅後はオマケの小冊子を読んでさらに知識をつけ、母にクイズを出題(^^)
注文といえばいくつかの漢字にルビをふって欲しかったくらいかな。
次回のこども映画館もまた観に行きたいです!

HN くり。





きっと、星のせいじゃない。

末期がん患者の少女ヘイゼルは、どこへ行くにも酸素ボンベを持ち、お家と病院の往復だけの17歳。命の大切さや重さがとても心に響き、“生きることに一生懸命になろう!”と思えた映画でした。昔訪れたアンネフランクの隠れ家も、懐かしかったです。ガスのウィンクのシーンも印象的でしたぁ。

HN ポテッチくん




ジョーカーゲーム

亀梨くんがとにかくかっこよかったです!白いスーツもよく似合っていてステキでした(*^^*)
深きょんもルパンの不二子ちゃんみたいで憎めない感じでよかったです。
続編もできそうな終わり方だったので、ぜひパート2が観てみたいです!

HN ごえもん




それでは2月のベストレビュー賞の発表です!
「マジックドルフィン」の感想を送ってくださったぽんたさんに決定です!
ぽんたさんにはイオンシネマ港北ニュータウンで平日に使える無料鑑賞チケットをペアでお送りします。
映画を観たらまた感想送ってくださいね~。

3月の感想もただいま募集中です!

同時にTwitterベストレビュー賞も募集しています!
ハッシュタグ #motto_wmcNT をつけて映画の感想をつぶやくと、
毎月1名様にイオンシネマ港北ニュータウンで
平日使える無料鑑賞チケットをペアでプレゼントしています。

たくさんつぶやいてペアチケットをGETしちゃいましょう~。

横浜・川崎&近隣エリアの情報ならビタミンママ

『ソロモンの偽証』観ました♪ 


いちご

三寒四温の季節、体調崩している方は、いらっしゃいませんか。
それに、花粉も飛んでいるし・・・、
やっぱり室内のほうが安全ですね(^^;。
早速「ソロモンの偽証(前篇・事件)」観て来ました!

ソロモンの偽証

STORY
クリスマスの朝、雪に覆われたある中学校の校庭で柏木卓也という14歳の生徒が転落死してしまう。学校側は、自殺と断定していたが、転落死の現場を目にしたという者からの告発状が届く。マスコミもこぞって、生徒たちや担任の先生を執拗に追いかけ、学校も生徒も混乱状態に。柏木卓也の死によって校内にただならぬ緊張感が漂う中、さらに、何者かの手による殺人計画の存在がささやかれ、実際に犠牲者が出てしまう。事件をもみ消すため、生徒たちをも守ろうともしない教師たちに対して、真相を暴こうと一人の女子生徒、藤野涼子が立ち上がる。生徒だけの学校内裁判を開廷し、真実を暴き出そうとするが……。


日本映画史上最強のヒューマン・ミステリー超大作が、ここに誕生しましたっ!!


ベストセラー作家・宮部みゆきが、構想15年、
執筆に9年を費やした、現代ミステリーの最高傑作と謳われている小説がついに、映画化されたんです!!
宮部みゆきの作品と言うだけで、もう期待大大大!!


眠るのも忘れて、原作を読み明かしてしまったと友達が言っていましたが、
この作品を観て、納得!!

クリスマスの朝に殺人事件?いや事故??が学校内で起こってからというもの、
2年A組の生徒がまたひとり犠牲者となる。

学校はなぜ生徒を守ってくれないの?
大人たちは何をしているの?
誰が嘘をついているの?
なんのための告発状?
犯人は誰で、何のために?
もう頭の中が、はてなマークばかりでした。

そして、前篇の最後は、「ドッキーーーッ!!!!!」
一気に血の気が引いたというか、体温が下がりました(@_@)。


本作品のために1万人にも及ぶ候補者の中から、
選び抜かれた新鋭の33名の現役中学生たち。
14、15歳とまさに青春真っ只中のまっさらな演技がとても印象的でした。

そして、佐々木蔵之介や夏川結衣、永作博美、黒木華・・・
ベテラン俳優陣が彼らを優しく包むと同時に、
ぶつかり合っていく・・・。

人間が抱える「闇」の部分にスポットライトを当てる
なんとも、不気味でそれでいて不思議な空間が
スクリーンいっぱいに広がっていました。

4月11日公開の「ソロモンの偽証(後篇・裁判)」は、
いよいよ、生徒たちだけでの校内裁判が始まります。
どんな真実が隠されているのか、もう待ちきれませ~ん!!
犯人は、一体誰なんだろう・・・
眠れない夜がしばらく続きそうです。
早く、観たいで~す!!!

抽選で映画鑑賞のペアチケットがもらえますので、
貴方の感想をぜひ聞かせてくださいね♡。
Twitterにもベストレビューを送って下さい!
お待ちしていま~す♪♪

横浜・川崎&近隣エリアの情報ならビタミンママ

『きっと、星のせいじゃない。』観ました♪ 


かりんかりんです。

全米オープニング興行成績№1の大ヒットを記録した
『きっと、星のせいじゃない。』を観てきました♪

きっと、星のせいじゃない。

STORY
ヘイゼル・グレース・ランカスター(シャイリーン・ウッドリー)は末期ガンの患者だ。今は奇跡的に薬が効いているが、学校にも通えず、友人もできず、酸素ボンベなしでは生活できない。そんなある日、両親に言われ嫌々参加したガン患者の集会で、片足を切断して骨肉腫を克服したオーガスタス・ウォーターズ(アンセル・エルゴート)と出会う。オーガスタス(ガス)は一目でヘイゼルに恋をするが、彼に好感を持ちながらも頑なに距離を置こうとするヘイゼル。そんな彼女に喜んでもらおうと、ヘイゼルが敬愛する作家にメールを送って返信をもらうことに成功するガス。二人はその作家に招待され、オランダに行くことになる。


ストーリーだけ読むと「難病ものでお涙頂戴」と思いますよね?
それがびっくり!!
ちっとも暗くないし、主人公二人の会話にはユーモアもある。
17歳と18歳の男女が出会って恋に落ちる普通の青春ラブストーリー。
ただちょっと違うのは二人が末期ガン患者ということだけ。


原作はヤングアダルト向けの小説「さよならを待つふたりのために」。
2012年に出版され、あっという間にベストセラーになり、「ニューヨーク・タイムズ」のベストセラーリスト第1位にも選ばれたそうです。
若者向けに書かれた小説ではあったけど、幅広い年代の人に読まれている名作なんですね。

原作者のジョン・グリーンは、この小説は小児病院付きの牧師見習いとして働いていた経験と、ガンにより16歳で亡くなった少女との友情からインスピレーションを受けて執筆しています。
亡くなった少女の人生は、喜び、ユーモア、愛、怒り、悲しみ、不公平さであふれていた。
そんな彼女の人生を悲劇だとみなすことはできない。私たちは病気を抱えた人々の個性を無視しがちだが、私は彼らの人生の広さや深さについての物語を書きたかった。(映画パンフレットより引用)

そう、この映画が重たくないのは病気のことを描いているからではなく、今を精一杯生きる若者たちを描いているからなんですね。

アムステルダムでのデートや、ヘイゼルとガスの電話でのラブラブ会話など、キュンキュンするシーンもいっぱい♪
劇中流れる音楽も感動を誘うようなありふれた音楽じゃなかったのもよかったです!


ただし、後半はわかっていたことだけど、せつなくて涙なしでは観られませんでした。

ヘイゼルの言葉
限られた時間の中であなたは私に永遠をくれた

詳しくは書けないけど、このセリフのあたりはハンカチ必須です!!

でもね、ボロボロ泣いているのに、観終わった後、暗い気分になることもなく爽やかな感動に包まれるという滅多にない経験ができますよ(^^)/

ぜひ、若い人だけじゃなく、ご年配の方々や、ご夫婦で観てほしい映画です♪

PG12

横浜・川崎&近隣エリアの情報ならビタミンママ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。