スポンサーサイト 


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

横浜・川崎&近隣エリアの情報ならビタミンママ

『駆込み女と駆出し男』観ました!! 


いちご鎌倉が大好きで、東慶寺にも時々訪れているいちごが、お勧めしたい映画は、「駆込み女と駆出し男」

駆け込み女と駆け込み男

STORY
時は、質素倹約令が発令され庶民の暮らしに暗い影が差し始めた江戸時代後期。幕府公認の縁切寺として名高い鎌倉の東慶寺には、複雑な事情を抱えた女たちが離縁を求め駆け込んできていた。しかし、すぐに尼寺に入り身柄が確保されるわけではなく、まずは、御用宿(柏屋)で女たちの聞き取り調査を行う。そこに居候する戯作者に憧れる医者見習いの信次郎(大泉洋)は、柏屋三代目主人の源兵衛(樹木希林)と共に離婚調停に乗り出す。さまざまなトラブルに巻き込まれながらも女たちの人生再出発を手助けしていく・・・。
映像美と心地よいテンポに満ちた、“笑って泣ける人情エンターテイメント”


夫婦3組に1組は離婚すると言われている現在。
既婚者の皆さんも一度は、「離婚」のことを
考えたことがあるのではないでしょうか(^^;。


でも、江戸時代の離婚は、今の2倍の数だったそうですよ。
その上、離婚するのは、ものすごく大変な事だったようで・・・、
命がけだったのです。

今みたいに紙切れ一枚に捺印し、役所に持って行って
「はい、離婚成立」ってなもんじゃなかったんですって。

以前、東慶寺の松が丘宝蔵を訪れた時に、
当時の縁切寺法手続きの解説図や幕府への文書が展示されていました。
そんな書簡や絵などを観ていると、
今とは比べ物にならない女性の地位の低さや離婚の大変さを
痛感したのを覚えています。


さて、映画の話に戻りましょう。

ヤクザ相手には強気でやりこめるのに、
好きな女性の前ではもじもじしてしまう草食男子を
愛嬌たっぷりに演じるのは、いちごも大ファンの大泉洋♡♡♡!
見習いの医者なのに、病の原因をぴたりと当ててしまう
凄腕の医者のタマゴなんです。
問診のシーンは、大爆笑(#^o^#)なので、ぜひ劇場で!

樹木希林、戸田恵梨香、満島ひかり、
堤真一、内山理名、キムラ緑子、山崎一努・・・、
など日本を代表する実力派俳優陣の人間味あふれる演技にも、
感激してしまいました♪♪

この「駆込み女と駆出し男」は、
井上ひさしが晩年、11年もの歳月をかけて執筆した時代小説
「東慶寺花だより」を映画化したものですが、
とてもふか~い内容なのに、
観終ったあとは、前向きにスカーッとできます!!


ご夫婦で仲良く観るもよし、
離婚しようかと悩んで一人で観るもよし、
一人の人として、元気になれる映画です♪

ぜひ、みなさんのご感想を聞かせてくださいね。
平日利用可能な映画鑑賞のペアチケットが抽選でもらえますよ。
お待ちしていま~す♪♪

スポンサーサイト
横浜・川崎&近隣エリアの情報ならビタミンママ

4月のベストレビュー賞 


かりんかりんです。

いつもベストレビュー賞へのご応募ありがとうございます!


先日、カンヌ映画祭で黒沢清監督の『岸辺の旅』がある視点部門で監督賞を受賞されましたね!
素晴らし~~。
おめでとうございます!!

『岸辺の旅』は10月公開とまだまだ先ですが、同じくある視点部門に出品した『あん』とコンペティション部門に出品した『海街diary』はもうすぐ公開です。
『海街diary』の4姉妹は原作から抜け出してきたようにイメージピッタリですよね。
とくに末っ子のすずちゃんは名前もそうだけど、マンガのすずちゃんそのもの。
舞台が鎌倉なのも知っている景色満載で今からとっても楽しみです♪

それでは、お待たせしました!
皆さんから送っていただいた感想と4月のベストレビュー賞の発表です!




ソロモンの偽証 後篇 裁判

前篇から後篇の期間が短かったのはとてもよかった。おかげでワクワクしたまま裁判に突入。本当の裁判とは違うな~とは思いましたが、子供らしく中学生らしく、事件を審議していて好感。青春だな、って思いました。

HN まめ




ワイルドスピード スカイミッション

シリーズ一作目から欠かさず劇場で観ています。昨年のポールの訃報は残念でしょうがないです。一度制作が中断され、脚本を書き直して編集したそうですが、話の流れも一部混ざっていたCG合成も、スムーズで違和感なかったです。
迫力の映像も臨場感のある音響もシリーズ最高。しんみりした追悼作品ではないところも良かったです。「ポール・ウォーカーに捧ぐ」で自然と涙が溢れました。

HN HERO




シンデレラ

ディズニーのアニメとほぼ同じ構成で安心して観ることができました。継母役のケイト・ブランシェットはさすがの存在感でした。エラを閉じ込めちゃうシーンの怖いことと言ったら(涙)二人のお義姉さんたちが憎めないキャラも原作通りでしたね。
それにしてもシンデレラのドレスの美しいことと言ったら。
あのドレス姿は「風と共に去りぬ」のスカーレットと同じくらいの美しさだと思います。
美しすぎてほわ~っとしてしまいました。

HN たぬきち




寄生獣 完結編

前作を見ていませんでしたが復習上映をしていただいて大助かり。おかげで通しでちゃんと見れました。原作は知りませんが深津さんの「母性」がキーワードになっていて、ただのグロい作品ではないことがよく伝わりました。「人間こそが寄生獣」のセリフは胸に刺さりました。

HN ふかっちゃん




それでは4月のベストレビュー賞の発表です!
「ワイルドスピード スカイミッション」の感想を送ってくださったHIROさんに決定です!

HEROさんにはイオンシネマ港北ニュータウンで平日に使える無料鑑賞チケットをペアでお送りします。
映画を観たらまた感想送ってくださいね~。

同時にTwitterベストレビュー賞も募集しています!
ハッシュタグ #motto_wmcNT をつけて映画の感想をつぶやくと、
毎月1名様にイオンシネマ港北ニュータウンで
平日使える無料鑑賞チケットをペアでプレゼントしています。

5月分もまだまだ募集中です!!
ご応募お待ちしていま~す。

横浜・川崎&近隣エリアの情報ならビタミンママ

『脳内ポイズンベリー』観ました♪ 


かりんかりんです。

真木よう子主演の一風変わったラブコメディー『脳内ポイズンベリー』を観てきました♪

脳内ポイズンベリー
STORY
携帯小説家の櫻井いちこ(真木よう子)は、飲み会で同席して以降興味を惹かれる年下の早乙女(古川雄輝)と偶然再会。声を掛けるか否か、彼女の脳内ではいろいろな役割を持つメンバーが会議を繰り広げ、議長の吉田(西島秀俊)が取りまとめた結果、早乙女を食事に誘うという結論に。その後交際に至るも、双方の誤解や彼の元恋人の登場などで疲れ果てたいちこは、編集者の越智(成河)からもアプローチされ……。(イオンシネマ作品案内より)


ドラマでも話題になった『失恋ショコラティエ』の原作者水城せとなの『脳内ポイズンベリー』が原作です。
いちこの頭の中で繰り広げられる会議がとにかくおもしろおかしいんです!

いちこの脳内では5つの思考が擬人化されています。
脳内会議の議長を務める吉田を西島秀俊が演じています。彼はいちこの理性を司っていますが、多数派に従う風見鶏。会議をうまくまとめられずオロオロしている頼りない議長なんです。
オロオロしている西島秀俊は必見ですよ(^^)/

次に、ポジティブ担当の石橋を演じているのが神木隆之介。彼はホントどの役でもうまくこなすけど、これだけテンション高い役をこうも見事に振り切って演じられるのはさすがですね。

そして、ポジティブと真逆のネガティブ思考の池田を演じているのが、最近映画やドラマに引っ張りだこの吉田羊。この人のキレっぷりも半端なく、常に大声で怒鳴りまくっているので見ててとっても疲れる人でした(笑)でも、一番気持ちがわかるかも~。

で、4人目は衝動担当のハトコ。ハトコを演じているのが、ドラマで大活躍の中学1年生の桜田ひより。彼女が叫ぶ「早乙女好きーー!」はとにかくかわいいです。メンバー唯一の子どもですが、実際の撮影中でもみんなの癒しの存在だったそうですよ。

ラストは記憶を司っている岸。演じているのは三谷作品で欠かすことのない名優浅野和之。今回の脳内会議は舞台のような密室劇なので、浅野さんが出ているだけでビシッとまとまっていました。
この作品がおもしろいのは、現実の世界といちこの脳内での会議を行ったり来たりするところが笑えます。
ネガティブの池田が「こんなおばさんに何かご用?」と啖呵を切れば、真木よう子が池田が話したような感じで怒鳴ります。
普段は議長である吉田が会話をするので、西島秀俊が真木よう子口調になっている気がしてなんか笑えます(^^;

会議を混乱させた原因(?)の年下の早乙女を演じているのが「イタズラなkiss~Love inTOKYO」の入江役でブレイクした古川雄輝。アート系男子の何を考えているのかわからないっぷりを見事に演じていましたよ~。

方や、年上男子でいちこを支える編集者役の越智を演じているのが、こちらもこれからドラマや映画で大活躍するであろう成河(ソンハ)。すでに舞台では大活躍の人で、NHKの朝ドラ「マッサン」にも出演していたんですって~。
全然気づかなかった~。

と、ここまでコメディの部分を書いてきましたが、それだけじゃないんです。
女子なら納得しちゃう感情の起伏が満載です。
コミックが原作らしく心に残る名セリフもた~くさんありました。
とくにいちこがラストに言うセリフは間違いなく心に残る名セリフです。

さて、どんなセリフだったのかは見てからのお楽しみ♪

この映画を観て、やっぱり人間ポジティブは大事だよねと痛感しました。
じゃないと、未来が考えられないもの!!
私はネガティブ池田が時折ぐいっと出てくる時があるので、そんなときはポジティブ石橋くんに頑張ってもらおうっと。

あ、主役の真木よう子はいつものクールな雰囲気と違って、フワフワ女子っぷりがかわいかったです。
で、時折会議を乗っ取る黒いちこはとっても妖艶でした。
いや~、おばさんでも画面にくぎ付けでしたもん(笑)

これからご覧になる方はぜひ黒いちこと越智さんの靴に注目してくださいね。
映画をご覧になったらぜひ感想も送ってくださいね~。
お待ちしていま~す!!

横浜・川崎&近隣エリアの情報ならビタミンママ

龍三と七人の子分たち 


ゆずゴールデンウィークが終わって、すっかり抜け殻状態の私(^^;
6月は祝日がないんですもの。
次のお楽しみは7月の海の日?

いえいえ、楽しみがなかったら作ればいいんです。

思いっきり笑える映画『龍三と七人の子分たち』を観てきました♪

龍三と七人の子分たち
STORY
かつてはヤクザの組長だった龍三(藤竜也)。今は息子の家族と一緒に普通の生活を送っている・・・のだが、ヤクザの性分が消えないため、息子や嫁、孫の苦労は絶えない。
ある日、息子たち家族が旅行に出かけている間に、オレオレ詐欺にだまされてしまう。未遂に終わったものの、むかしのヤクザと違い義理や人情のない若い連中を許すわけにいかないと、龍三はかつての子分たちを召集して新たに組を作り、世直しをすることに。詐欺グループ倒しに向かう彼らだが、行く先々でとんでもない騒動を引き起こし・・・・。


監督・脚本は、いまや映画監督として世界に知られている北野武監督。
実は私、今まで北野武監督の作品って観たことがなかったんです。
北野武監督の映画というと暴力表現のリアリズムで有名ですよね。
私は暴力シーンが苦手で・・・
どんなに絶賛されていても、観たことなかったんです。

でも、この映画は予告編からして、今までの北野武作品と違うような気がして・・・

意を決して観にいったら、とっても面白かったです。
心配していた目をそむけたくなるような暴力シーンはありませんでした。
後半、拳銃でバンバン撃たれたり、刀で切られたりするシーンもありますが、「いやいや、ちょっと待て!!」と思ずスクリーンに突っ込みいれちゃうような(^^;;

コントののり。

ビートたけしの漫才が映像になったような。
そんな暴力シーンなのです。

これなら子どもと観ても大丈夫。
というか小学生男子が観たらゲラゲラ笑いそうなネタ満載です(^^;;


そして笑えたネタは、実は結構実際に聞いた経験談を北野監督が今回映画でエピソードとして使っちゃったんですって。
競馬場のエピソードは横山やすしの知人の実話、隆三が女性のマンションから逃げ帰るシーンは北野監督の実話なんですって。
ありえな~~~い!!(笑)
お笑いの人たちって生活もコメディーなのね。
どんなシーンかは映画館で♪



出演者の平均年齢は、なんと72歳。
北野武監督は、みんなが高齢だから、誰かの遺作にならないかとヒヤヒヤだったとか(笑)
役者さんたちの老人の演技(?)が最高でした。

藤竜也や近藤正臣は、子どもの頃憧れた正統派二枚目俳優。
クールでニヒルなハードボイルドな俳優さんたちでした。
なのに映画ではステテコ姿に、下も緩くなったようでどこでもおならプープー。

泣ける。

過去のかっこいい藤達也は?近藤正臣は?どこへ行ってしまったのぉぉぉ?!

かつての二枚目俳優さんたちから想像でいない姿に、最初ショックを受けちゃいました。
初恋の男性の変わり果てた姿をみたような・・・
ベテラン俳優さんばかりなので、老人の演技も超リアルなのです。

でーもー、最後は往年の渋さが復活。
かっこよかったですよ(^^)

こんな老人がまわりにいたら振り回されて大変ですが、高齢化が進む今の世の中。
こんなニューヒーローの存在もありがたい・・・・・・かも

笑いたい気分のときにお勧めの映画です(^^)

横浜・川崎&近隣エリアの情報ならビタミンママ

e席リザーブがもっと手軽に♪ 




家から!会社から!電車の中から!
どこからでも映画のチケットが予約できちゃうe席リザーブ。
4月22日から手数料が0円になりました(^-^)v
ますます手軽に利用できるようになりましたね♪

横浜・川崎&近隣エリアの情報ならビタミンママ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。