スポンサーサイト 


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

横浜・川崎&近隣エリアの情報ならビタミンママ

夏休み、父子で観て欲しい『バケモノの子』 


ゆず
もうすぐお盆休み。
暑いうえに、家の中の人口密度が増し、想像しただけでイライラしそうなゆずです。
父と子で遊びに行ってくれると家事もはかどって助かりますよね~~。
今、公開中の『バケモノの子』は父子で観るのにピッタリの映画。
ぜひぜひ、父子で観に行ってもらいましょう!!

バケモノの子

STORY
両親が離婚し母親と暮らしていた9歳の蓮は、交通事故で母親を亡くし、ひとり渋谷を彷徨っていたところ、化物が住む渋天街へと迷い込んでしまう。そこで熊のような容姿をしたバケモノ熊徹の弟子になる。ことあるごとにぶつかり合う二人。しかし、協力して修行を続けていくうちに、お互いの弱点を克服し、どんどん強くなっていき、いつしか二人は親子のような関係になっていた。
そして8年後、逞しく成長した蓮は、偶然もとの人間界の渋谷に戻り、ふたつの世界を行き来できるようになった。人間界で知り合った女子高生の楓に勉強を教わり、蓮は自分の進む道を模索するようになる。
そんな中、人間界とバケモノ界を巻き込む事件が起こり・・・


「時をかける少女」「サマーウォーズ」「おおかみこどもの雨と雪」に続く細田守監督4作目の長編アニメーション。
「おおかみこどもの雨と雪」は母親と子どものの物語。
小さな子どもだと思っていたのに、ある日急に親元を巣立ってしまう・・・
自分の子どもとかぶってしまい涙が止まりませんでした。
子どもだ子どもだと思っているのは親だけで、知らないうちに成長しているんですよね。
細田さんは男の人なのに、なんでこんなに母親の気持ちがわかるのが不思議でした。

そして今回は父親と子どものの物語。
たぶん、いまどきのお父さんが理想とする父と子の姿を描いています。
昔は父親って怖くて、くちごたえなんてできない存在だったけど、今は同等なんですね。
子どもと一緒に父親も育っていく…父親の存在って絶対だったので、子どもに未熟な部分が見せないのが父親の姿だと思っていました。
今は違うんですね。

ちなみにこの映画のテーマは、細田監督にお子さんができたことで決まったのだそうです。

熊徹だけでなく、百秋坊や多々良との交流も見てて心が温かくなってきます。

この映画って、悪者がひとりも出てこないんですよね♪

見終わった後、気持ちがほっこりします。
泣きすぎて目は腫れあがりますが(^^;;

映画を見終わったらノースポート・モール3階のアカデミアへ。
港北地区最大の1700坪の大型書店です。

バケモノの子
細田監督の作品に関した特設コーナーが入り口にできています。

バケモノの子
映画では描き切れなかった細かい描写も原作では読むことができるそうですよ。

映画を見てから原作を読むか、原作を読んでから映画を見るか(^^)
これで夏休みの宿題のひとつ、読書感想文を書くのも楽になりますよ。


映画では声優さんたちも豪華。
役所広司、宮崎あおい、染谷将太、広瀬すず、黒木華、リリーフランキー、大泉洋・・・・
どれもピッタリの声です。
こちらもお聞き逃しなく(笑)

スポンサーサイト
横浜・川崎&近隣エリアの情報ならビタミンママ

顔だしパネルで遊んじゃおう♪ 









みんな大好き(?)顔だしパネル♪
今ならイオンシネマズ港北ニュータウンでこんな顔だしパネルで遊べるよ!

横浜・川崎&近隣エリアの情報ならビタミンママ

6月のベストレビュー賞の発表です♪ 


かりんかりんです。

いつもベストレビュー賞へのご応募ありがとうございます!

梅雨明けしてから毎日猛暑が続きますね~。
かりん家はわんこを飼っているのでエアコンは毎日つけっぱなしです(^^;
犬は人間よりも暑さに弱いですからね。
皆さんもくれぐれも熱中症には気をつけてくださいね。


さて、遅くなりましたが送っていただいた感想と
6月のベストレビュー賞の発表です!





マッドマックス 怒りのデスロード

驚くほどセリフも説明も少なかったです。話がシンプルなのもあるのですが、映像と展開、少ない会話だけで理解できてしまうから、凄い脚本力。マッドマックス=ヴァイオレンスというイメージがあるようですが、今回はソフトでぜひ女性にも観ていただきたい作品に仕上がっていました。迫力のカーチェイスは絶対劇場です!

HN hiro




予告犯

中村監督は監督目当てで観に行こうと思うほどのファン。「予告犯」も見る前は衝撃的なイメージだったのにとても優しい映画でした。窪田正孝君がチョイ役ではありましたが重要なセリフを任されていたのが印象的でした。

HN アヒル




海街diary

原作マンガも読んでいるので映像化されるのをとっても楽しみにしていました。綾瀬はるかちゃんの長女役がキャスティングを見たときはイメージが違うなと思いましたけど、映画になったら頑ななところが長女の幸そのままでびっくり。女優さんってやっぱりすごいですね。四女役の広瀬すずちゃんは是枝監督がオーデションのときに「すずがいた」と思ったそうで、映画でもそのまますずちゃんでした!(同じ名前だからややこしい~)今は売れっ子のすずちゃんですが、オーデションを受けたときはまだ知名度はなかったようなので是枝監督の眼力さすがです。

HN たぬきち




海街diary

神奈川県に住んでいる人にとって「鎌倉」って特別ですよね。何度かしか行ったことがありませんが、映画やドラマでよく使われているので、見慣れた景色でもあり、この映画を見てまた行きたくなりました。四姉妹がそれぞれ個性的に描かれているのは、是枝監督の実力ですね。

HN しらす




それでは6月のベストレビュー賞の発表です!
「海街diary」の感想を送ってくださったたぬきちさんに決定です!
たぬきちさんにはイオンシネマ港北ニュータウンで平日に使える無料鑑賞チケットをペアでお送りします。
映画を観たらまた感想送ってくださいね~。

同時にTwitterベストレビュー賞も募集しています!
ハッシュタグ #motto_wmcNT をつけて映画の感想をつぶやくと、
毎月1名様にイオンシネマ港北ニュータウンで
平日使える無料鑑賞チケットをペアでプレゼントしています。
たくさんつぶやいてペアチケットをGETしちゃいましょう~

横浜・川崎&近隣エリアの情報ならビタミンママ

『インサイドヘッド』観ました♪ 


いちご
ジメジメとした梅雨の季節。

毎日、暑いですね~
やっぱり夏は、涼しい場所で過ごすのが1番。
ということは、映画とショッピングが一緒に楽しめるノースポートは、まさにおススメ№1のプレイス!
しかも、各店舗はサマーバーゲン真っ最中ですよ。
さて、今回の映画紹介は、ピクサー長編アニメーション20周年記念の作品
「インサイドヘッド」で~す♪

イン サイド ヘッド
STORY
ミネソタの田舎町で明るく幸せに育った11歳の少女ライリーは、父親の仕事の都合で都会のサンフランシスコに移り住むことに。環境の変化の中、新しい生活に慣れようとするライリーを幸せにしようと、彼女の頭の中の司令部では「ヨロコビ」「カナシミ」「イカリ」「ムカムカ」「ビビリ」の5つの感情が衝突していた。ある時、カナシミのせいで、ライリーの特別な思い出が、悲しい思い出に変わってしまった。慌てて思い出を元通りにしようとしたヨロコビだったが、誤ってカナシミと一緒に司令部の外に放りだされてしまう。ヨロコビとカナシミを失ってしまったライリーは感情のコントロールができず、頭の中でも大騒動・・・。さぁ、ライリーの頭の中の大冒険に出掛けてみましょう♪


思春期へと向かう「成長」という普遍的なテーマと
「子供の頭の内部の感情」を主人公にした
独創的で柔軟な物語に、どんどんのめり込んでいきました!!

大人になると、「ヨロコビ」「カナシミ」「イカリ」「ムカムカ」「ビビリ」
という感情を素直に表現する事ってあまりないような気がしませんか。
どんなに悲しくても涙を見せないようにしたり、
本当はビビッているのに、平然を装ったり・・・(笑)

でも、もっと自分の感情に素直になっていいんです!
頭の中で、5つの感情たちが一生懸命自分のことを
守ってくれているのですから(^^;。


ピンクのゾウ「ビンボン」が忘れ去られていくシーンは、
心が動かされ、涙がポロポロこぼれ落ちました。
忘れることは、感情を育てる為には大切なんですね。

「ヨロコビ」だけに脳内が支配されていたら、
“毎日楽しくてたまらない人生”のように感じますが、
実は「カナシミ」の存在があるからこそ
人間は喜び楽しむことが出来ることを教えてもらいました。
悲しみの感情も大切にしてあげなくては、ね♪。

そうそう、もし、怒っている人をみかけたら、
きっとその人の脳内ではあの「イカリ」が
一人で頑張っている証拠ですよ。
そんな人間観察もできるようになり、
観終った後は、かなり頭の中もすっきりします。

お子さんと一緒に鑑賞するのはもちろん!
自分に自信が持てない方にも、
ぜひ観て頂きたいです。
自分自身を愛おしく感じ、きっと自分を好きになれると思います!

イオンシネマで映画を観て、心の栄養を養ったら、
5階のレストラン街で美味しいご飯を食べ、
更に元気になってしまいましょう♪
今なら夏限定メニューも登場していま~す。


みなさんの映画に対する感想や
イオンシネマに対する要望なども
ぜひ聞かせて下さいね♡。
イオンシネマで使用できる映画鑑賞のペアチケットが抽選でもらえます。
お待ちしていま~す♪♪

横浜・川崎&近隣エリアの情報ならビタミンママ

ジバニャンがやって来る! 


じばにゃん


ジバニャンがイオンシネマズ港北NTにやってくるよ。
画像をクリックすると大きくなります。




横浜・川崎&近隣エリアの情報ならビタミンママ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。