スポンサーサイト 


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

横浜・川崎&近隣エリアの情報ならビタミンママ

11月のベストレビュー賞 


かりんセンター北にあるイオンシネマ港北ニュータウンで映画を観たら
ぜひ左のバナーをクリックして感想を送ってくださいね!
毎月1名様にペアチケットが当たりますよ~!!

かりんです。
いつもベストレビュー賞にご応募くださってありがとうございます!!

今頃、大掃除の真っ最中のご家庭も多いのかしら?
我が家ももちろんそうですが、とても終わりそうにありません。(毎年同じこと言ってますね(^^;)
せめて「見えるところ(?)だけでも掃除しよう作戦」に変更です(/_;)
来年の抱負は「日々の掃除をキチンとしよう」で決まりですね(涙)

さて、遅くなりましたが、皆さんから送っていただいた感想とベストレビュー賞の発表です!



コードネームU.N.C.L.E

「ナポレオン・ソロ」が元ネタだったのですね。
とはいえ、そのドラマは観てなかったので新鮮。
ソロとクリヤキンのバディ・ムービーかと思いきやギャビーの絡みが案外濃厚で、音楽やファッションも時代感が出ていて懐かしい感じさえしました。
クリヤキン役のアーミー・ハマーとギャビー役のアリシア・ヴィキャンデルのやりとりが私のつぼでした。

HN HERO



PAN~ネバーランド、夢のはじまり

誰もが知っているあのヒーローの誕生秘話。
あれがフック、あれがスミー、と慣れ親しんだキャラクターも出てくるので、入りやすかったですね。
ただ、フックがあまりにイケメンなので、びっくりしつつ、うっとりしてました(笑)。
映像は文句なく素敵でした。ネバーランドって、ホントにあるとこんな感じなんだろうな。
行ってみたくなりますよね。

HN ベル




レインツリーの国

まりやちゃんは、今まで名前も顔も知っていたのに、あまり興味がありませんでした。
この映画を観て、特に髪をショートにしたところで、ハッとするほどかわいいと思い、すっかりファンになりました。
翌日CDを買いに行っちゃうほどですよ。
玉森さんの関西弁も、優しくてソフトで心地よかったです。
ハンデのこと、今までちゃんと考えたことありませんでした。
これを機会に、少し調べてみたいと思っているところです。

HN 里子




それでは11月のベストレビュー賞の発表です!
「レインツリーの国」の感想を送ってくださった里子さんに決定です!

里子さんにはイオンシネマ港北ニュータウンで平日に使える無料鑑賞チケットをペアでお送りします。

皆さん、冬休みに映画を観たら感想送ってくださいね~。
『妖怪ウォッチ』や『ちびまる子ちゃん』などファミリーで観られる作品もたくさん上映されています!
お子さんからの感想なんて、泣いて喜びます(私が!)!!
たくさんのご応募お待ちしていま~す!

同時にTwitterベストレビュー賞も募集しています!
ハッシュタグ #もっとシネマコンプレックス をつけて映画の感想をつぶやくと、
毎月1名様にイオンシネマ港北ニュータウンで
平日使える無料鑑賞チケットをペアでプレゼントしています。
たくさんつぶやいてペアチケットをGETしちゃいましょう~。

今年もたくさんの感想を送っていただいてありがとうございました!
2016年もどうぞよろしくお願いいたします。

スポンサーサイト
横浜・川崎&近隣エリアの情報ならビタミンママ

妖怪ウォッチ コマさんのポップコーンボックス販売中♪ 


ゆずセンター北、ノースポート・モール7Fのイオンシネマ港北ニュータウンで発見!!


公開中の
『映画 妖怪ウォッチ エンマ大王と5つの物語だニャン!』
コマさんのポップコーンボックスです。
USAピョンのドリンクボトルもありますよ。
イオンシネマ

どちらも数量限定のグッズなので、気になる人は早めにイオンシネマ港北ニュータウンに出かけてくださいね。
イオンシネマ

横浜・川崎&近隣エリアの情報ならビタミンママ

『スターウォーズ/フォースの覚醒』 は2度観なければ!! 


ゆず待ちに待ったこの日がやってきました!!
まさかスター・ウォーズの続編を観ることができる日が来るなんて!!

とりあえず、まずはセンター北のノースポート・モール2Fセンターコートにて、ストームトルーパーと記念撮影!!
イオンシネマ

撮った写真をSNSに投稿すると先着で「特製スター・ウォーズシール」がもらえるんです。
シールはなくなりしだい終了。
ストームトルーパーは1月25日までセンターコートにいますよ。

イオンシネマ

写真を撮り終えたら7Fのイオンシネマ港北ニュータウンへ。
待ちに待った『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』鑑賞です♪
イオンシネマ

STORY
第2デス・スターが破壊されたエンドアの戦いから約30年後。
壊滅的なダメージを受けたと思われた帝国軍はファースト・オーダーという組織を結成し、再び銀河の支配を企んでいた。
最後のジェダイ、ルーク・スカイウォーカーは、とある事件がきっかけで姿を消し、ルークの双子の妹レイアが軍事組織レジスタンスを結成し、新共和国とともにファースト・オーダーに立ち向かうためルークを探していた。
一方、惑星ジャク―で廃品回収をしながら暮らしている少女レイは、砂漠でドロイドBB-8と出会い行動を共にするようになったが、BB-8はルークの居場所が記された地図を持っていてファーストー・オーダーに追われていた。そこへファースト・オーダーの戦闘兵ストーム・トルーパーの1人だったフィンは、残虐なファースト・オーダーの存在に疑問を持ちファースト・オーダーを脱走。砂漠でレイと出会い、一緒に行動するようになる。


物語はエピソード6『ジェダイの帰還』のその後のお話。
ルークとダース・ベーダ―の戦いから30年後の世界です。
主要メンバーの子どもたちの話となっているんですよ。

なのでルーク・スカイウォーカーはもとより、ハン・ソロ、レイア姫まで出てきて、もう涙ものです。
当たり前だけど、みんな年取ってる。
それがまたリアル。
まさか、本当に、まさかこんなルークやハン・ソロ、レイアが見られるなんて。
みんな生きていてくれてよかった<おい

でも、前作を知らなくても、きっと楽しめると思います。
とにかく次から次へと凄いスピードでお話が進んでいくので、150分があっという間!!
ドリンクを飲みながら観たいと思うけど、トイレが近い人は我慢しましょう。
だって、トイレに行く時間がないんですもの。
席を立ちたくないの。
というか立てないの。
150分画面に釘付け!!

私は今回いっさい映画の情報を調べないで出かけました。
なので、本当に驚きの連続でした。
みなさんにも同じように驚いてほしいので、あまり詳しくは書きませんね<手抜きじゃないよ

イオンシネマ港北ニュータウンでは、デジタル3D、デジタル3D+D-BOX、デジタル2Dと3パターンで楽しめるようになっています。
今回私はストーリーをしっかり見たかったので字幕のデジタル2Dにしました。
お正月休みにはデジタル3Dで今度は映像を楽しんできたいと思っています。

イオンシネマ
ドリンクはトイレが近くなるから控えたいけど、このドリンクカップは欲しいな~~(笑)

横浜・川崎&近隣エリアの情報ならビタミンママ

『I LOVE スヌーピー THE PEANUTS MOVIE』観ました♪ 


かりんかりんです♪

センター北のイオンシネマ港北ニュータウンでは、映画館限定のプリクラが設置されています。
イオンシネマ
今ならスヌーピーと一緒にかわいい写真が撮れますよ。

さて、かりんはそんなかわいいスヌーピーと、スヌーピーの飼い主の男の子チャーリー・ブラウンと仲間たちの愉快な日常を描いた『I LOVE スヌーピー THE PEANUTS MOVIE』を観てきました♪

イオンシネマ
STORY
何をやっても空回りな少年チャーリー・ブラウンは、いつも周囲にからかわれ、飼い犬で親友のスヌーピーにもあきれられる始末。そんなチャーリーは転校してきた赤毛の女の子に一目ぼれするが、話し掛ける勇気がない。一方、空想が好きなスヌーピーはパイロットに成り切って大空で大冒険を繰り広げ、かわいいパリジェンヌとデートを楽しむが……。
(イオンシネマ作品案内より)


スヌーピーは世界中で親しまれているチャールズ・シュルツ氏の名作コミック「ピーナッツ」に出てくるビーグル犬だって知っていましたか?
日本ではスヌーピーそのものは有名だけど、マンガを読んだことのある人はもしかして少ないかもしれませんね。
実は私もコミックを読んだのは大人になってからです。
スヌーピーのぬいぐるみは小学生の時からずっと心の友だったのに(笑)

ピーナッツとは1950年から2000年までアメリカの新聞紙上で連載された大人気コミックです。ピーナッツの世界には大人が一切出てこないんですけど、決して子ども向けというわけではありません。
皮肉をいつもいうルーシーや、哲学者のようなライナスの助言など、大人だからこそわかるような描写もたくさんあるんです。
日本では谷川俊太郎さんの名訳で読めるのでこれもちょっと得した気分ですよね。

映画版のスヌーピーはチャーリー・ブラウンたちの日常を描いた本編?と、スヌーピーが書いた小説の2本立て構成になっています。

これが、まあ、どちらもおもしろいんです!!
日常だけだと小さいお子さんはちょっと退屈かな~と思うけど、スヌーピーのアドベンチャー編?もあるので映画館デビューにももってこいですよ~。

そうそう、チャーリー・ブラウンの日本語吹き替えを鈴木福くんが、チャーリーが恋する赤毛の女の子は芦田愛菜ちゃんが担当しています。その他にも谷花音ちゃん、小林星蘭ちゃんと子役スターが勢揃い♪
福くんのチャーリー。ブラウンの声はホントぴったりでしたよ~。
やっぱり、子どもの声は子どもが担当するのが一番ですよね。

冬休みに『I LOVE スヌーピー THE PEANUTS MOVIE』を観るのなら、ぜひイオンシネマ港北ニュータウンへお越しくださいね。

左上のバナーをぽちっと押してベストレビュー賞への感想もお寄せくださいね♪

横浜・川崎&近隣エリアの情報ならビタミンママ

『杉原千畝』観ました♪ 


いちごみなさん、こんにちは。
いちごです。
センター北駅目の前のノースポート7階「イオンシネマ港北ニュータウン」には、こんな可愛いクリスマスツリーがありました♪
『パディントン』の映画公開(1月15日)も楽しみですね♪♪

イオンシネマ

さて、今回いちごは“日本のシンドラー”と呼ばれ、
多くの人々の命を救った『杉原千畝 スギハラチウネ』を紹介しま~す。

イオンシネマ

STORY
1934年、満洲。満洲国外交部で働く杉原千畝(唐沢寿明)は、堪能なロシア語と情報網を駆使し、ソ連から北満鉄道の経営権を買い取る交渉を有利に進めるための情報を集めていた。翌年、千畝のおかげで北満鉄道譲渡交渉は、成功。しかし、関東軍の裏切りにより仲間たちを失い、千畝は失意の中、日本へ帰国する。その後、幸子(小雪)と出会い結婚。そして、1939年、リトアニア・カウナスの日本領事館への勤務を命じられる。そんな中、第2次世界大戦が勃発。ナチスに迫害され国を追われた多くのユダヤ難民が、千畝のいる日本領事館へビザを求めにやって来た。日本政府からの了承が取れないまま、千畝は独断で難民たちに日本通過ビザを発給することを決断する・・・。


ハリウッド映画界の巨匠スティーブン・スピルバーグが監督し、
アカデミー賞で7部門を受賞した不朽の名作「シンドラーのリスト」
いちごは、学生の頃この映画を観て、心揺さぶられたのを覚えています。
彼は、ドイツ人の実業家でありながら1200人のユダヤ人を救いました、
が、
それよりももっと多い6000人のユダヤ人の命を救った日本人がいるのです。
英語、ロシア語、ドイツ語、フランス語など数カ国語を操る
“インテリジェンス・オフィサー(情報調査官)”
『杉原千畝』。


千畝の能力の高さを知った大国ソ連は、彼を警戒し、
“ペルソナ・ノン・グラータ(好ましからざる人物)”に
指定したそうです。

ユダヤ人が外国へ行く時に必要なものは、パスポートとビザ(滞在許可証)。
最終目的地はアメリカでしたが、日本を通過するためには、
日本のビザ取得が必須です。

命からがらリトアニアまでたどり着き、
ビザの発給を懇願するユダヤ人たちを見捨てることができなかった千畝は、
リトアニア領事代理として、日本政府に背く形ではあるものの、
昼夜を問わず、その地を離れるギリギリまで、
「命のビザ」を発給し続けていました。

外交官としての自分の立場や外務省の指示よりも、
人間としてなすべきことを優先させていたのですね。
同じ日本人として、彼を心から誇りに思いました♪


それにしても、なぜユダヤ人は、差別され、迫害されないといけないのでしょう。
紀元前から続くユダヤ人受難の歴史・・・。
およそ21万人いたユダヤ人のうち19万人以上が
1941年6月から12月のたった半年の間に、虐殺されたそうです。

「人のお世話にならぬよう、人のお世話をするよう、そして、報いを求めぬよう」

千畝の精神の根底にあるものは、母校の教えだったのでしょう。
素敵な言葉ですね。
いちごもそんな精神で、人と接していきたいです♪

スギハラサバイバー(千畝の「命のビザ」により救われた人たち)の中には、
イスラエルの宗教大臣(ゾラフ・バルハフティク)、
世界最大規模の金融取引所創設者(レオ・メラメド)、など
著名人になった人も大勢いるそうです。

彼の波乱に満ちた半生を、ぜひ、イオンシネマのスクリーンで~!!

皆さんの映画を観ての感想も聞かせてください。
もちろん、どんな映画の感想でもOKですよ!
抽選で映画鑑賞のペアチケットをプレゼントしています。

今年も、ブログを見てくださり、有難うございました。
来年も「イオンシネマ港北ニュータウン」の情報を沢山お送りしま~す♪
楽しいクリスマス、そして、素敵な2016年をお迎え下さい✧♡ (⋈◍>◡<◍)。

横浜・川崎&近隣エリアの情報ならビタミンママ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。