スポンサーサイト 


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

横浜・川崎&近隣エリアの情報ならビタミンママ

港北ニュータウン シネマセレクション ~特別な映画を、アナタのために~ 


かりんみなさん、こんにちは♪
かりんです。




さあ~、待ちにまったシネマセレクションがやってきましたよ~。
今回も「観たかったあの映画が!」「知らなかったけど、なんて面白そうな作品!」と、
「さすがワーナー・マイカル・シネマズ港北ニュータウンセレクションだわ」と唸る作品ばかりです。
特に大人の女性を意識した作品が多いような気がしますね。
もちろん私も興味を引く作品ばかり・・・
では、かりんのちょこっと映画紹介です。
観に行くときの参考になさってくださいね!

フィクサー

「フィクサー」
5/10(土)~5/23(金)
「オーシャンズ11」や「ER/緊急救命室」でおなじみのジョージ・クルーニー主演の犯罪サスペンス映画です。
NY最大の法律事務所の「もみ消し屋」=「フィクサー」マイケル・クレイトンは仕事に嫌気がさしていたが、同僚弁護士の裏切り行動を収束させるため事態の収拾に向かう。
が、彼もまた巨大な陰謀に巻き込まれていく・・・
監督には「ボーン・アイデンティティー」シリーズの脚本家のトニー・ギルロイが初監督に挑戦。
脚本も彼自身が手がけ、緻密な脚本にジョージ・クルーニーが惚れ込み、制作総指揮も兼ねています。

「ペネロピ」
5/10(土)~5/23(金)
社交界でも注目を集める裕福な名家ウィルハーン家に、呪いをかけられたために豚の鼻と耳を持ったペネロピが生まれる。
ペネロピの呪いを解く方法はただひとつ。
仲間、つまり名家の男性がペネロピに永遠の愛を誓うこと。
はたして、ペネロピは呪いを解くことができるのか・・・
豚鼻に豚耳でも、こんなにキュートなペネロピを演じられるのは、クリスティーナ・リッチしかいないんじゃないかしら?
ファッションや家具や小物もとびきりおしゃれで、観ているだけでワクワクしてくる作品です。
だれでも持っているコンプレックスを「ありのままでいいんだよ」と勇気をあたえてくれる元気の出るファンタジー映画です。

「ミスト」
5/10(土)~
のどかな田舎町を嵐が襲った翌朝、霧が町をゆっくりと飲み込んでいく。
霧の中には得体の知れない生物が・・・
スーパーマーケット店内に閉じ込められた人間の恐怖とパニックを描いた、ホラーの巨匠、スティーヴン・キング原作、鬼才フランク・ダラボン監督コンビによる3作目の衝撃の最新作です。
センセーショナルなラスト、主人公たちのショッキングな決断は、全米公開時にさまざまな議論を呼びました。
「ミスト」で描かれた“霧”とは、人の心を翻弄する邪悪な象徴だったのです。
ん~、さすがスティーヴン・キング。
怖いんだけどなぜか観たくなるんですよね。
R―15

「人のセックスを笑うな」
5/17(土)~5/30(金)
山本ナオコーラの文藝賞受賞作品を、「犬猫」の井口奈己監督が、「blue」の本調有香と共に脚本も手がけた女性作家コラボレーション作品です。
井口監督ならではの、しなやかで繊細な演出は、スタッフの7割が女性だからこそ実現できたたまものです。
すべての女性に贈る切なさ100パーセントの恋愛映画です。
奔放な美術講師ユリを演じるのは永作博美。
ユリに翻弄される美術学校生徒のみるめに松山ケンイチ、彼に思いを寄せるえんちゃんに蒼井優という、現在の日本映画にかかせないフレッシュで豪華なキャスティングにも注目です。
それにしても、永作博美のかわいらしいことといったら・・・。
私がみるめでもきっと恋をしてしまうだろうな~。
いくつになってもかわいい女性ってうらやましい!

「山のあなた 徳市の恋」
5/24(土)~
日本映画史上に残る名匠・清水宏監督が1938年に発表した佳編「按摩と女」。この70年前の作品を、「鮫肌男と桃尻女」「PARTY」で独自のエンタテインメントな世界を作り上げた石井克人監督が完全カヴァーを目指し完成させました。
主人公の按摩・徳市役には草なぎ剛。石井監督によると徳市役には最初から草なぎ剛以外は考えられなかったとのこと。
彼とCMなどで何本も組んできた経験から、ひとつの役に集中して入り込む俳優としての確かな才能を目の当たりにし、目の見えない「盲人」役で新たな草なぎ剛の魅力を引き出すことに成功。
言わずと知れたSMAPのメンバーですが、映画界にとってもなくてはならない存在になっていく彼からますます目が離せません!
新緑とのどかな温泉場の風景が美しい作品です。

「ゼア・ウィル・ビー・ブラッド」
5/31(土)~6/13(金)
石油──それは、欲望という名の《黒き血》・・・
20世紀初頭のカリフォルニアを舞台に、しがない鉱山労働者が石油採掘によって富と権力を手に入れていく物語です。
21世紀の今を代表するポール・トーマス・アンダーソン監督の5年ぶりの新作。主演にはこの作品でアカデミー男優賞を受賞したダニエル・デイ=ルイス。
アンダーソン監督に「彼抜きではこの映画は成立しない」と言わしめた実力派俳優です。
PG-12

「つぐない」
6/7(土)~6/13(金)
1930年代、戦火が忍び寄るイングランド。
政府官僚の長女セシーリアと、兄妹のように育てられた使用人の息子ロビー。身分違いを超えて愛していることに気付いた二人は、セシーリアの小説家志望の妹ブライオニーのついた悲しい嘘によって引き裂かれることになります。
「私のもとに帰ってきて」と手紙をしたためるセシーリアと罪の意識に苛まれるブライオニー。
ブライオニーが罪をつぐなえる日は・・・
ヒロイン・セシーリアに「パイレーツ・オブ・カリビアンのエリザベス役で人気を不動のものにしたキーラ・ナイトレイ。
幼なじみのロビー役には、主演作品が相次いでいるジェームズ・マカヴォイ。
先に紹介した「ペネロピ」にも出演している注目のイケメン俳優です!
PG-12

「JUNO/ジュノ」
6/14(土)~
高校生が妊娠しちゃったら・・・中学生の娘がいる私にはなんともショッキングな内容ですが(笑)、そこはアメリカ。
日本とは違い、明るくあっけらかんと事実のみを受け止め、前向きに考えるジュノの姿に重たいテーマを扱っている映画だということすら忘れてしまいます。
アメリカではわずか7館での公開スタートから、クチコミで一気に全米約2000館以上に拡大し、興行収入も一億ドルを越える大ヒット作品となった「JUNO/ジュノ」。アカデミー賞最優秀脚本賞を受賞した面白さをぜひ劇場で体験してみて。

「西の魔女が死んだ」
6/21(土)~
魔女の家系のおばあちゃんとひと夏を過ごすことになった中学1年生のまい。
魔女修行を通してまいの心に変化が現れて・・・
長年にわたり愛され続けてきた、梨木香歩原作の小説「西の魔女が死んだ」。
第44回小学館文学賞、第28回日本児童文学者協会新人賞など、数々の賞に輝いた児童文学の名作を「八月のクリスマス」の実力派・長崎俊一監督が透明感溢れる映像で映画化。
主演は、シャーリー・マクレーンの娘で日本映画デビューを飾るサチ・パーカーと、オーディションで選び抜かれた期待の新星・高橋真悠。サチ・パーカーは幼少時代を日本で過ごし、清らかな日本語と全身から溢れでる愛情で作品全体をやさしく包み込んでいます。

今回のシネマセレクションのラインナップはいかがでしたか?
私も予定表とにらめっこして計画を立てなくっちゃ。
公開期間が短いものもあるので、しっかりチェックしておでかけくださいね!

横浜・川崎&近隣エリアの情報ならビタミンママ

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://vitamincinemareview.blog93.fc2.com/tb.php/117-6d7b8f15

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。