スポンサーサイト 


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

横浜・川崎&近隣エリアの情報ならビタミンママ

4月のベストレビュー賞 


かりんみなさん、こんにちは♪
かりんです。



GWも終わり、ほっとしているかたも多いのではないでしょうか。
え?私だけ?(笑)

主婦には休日でもやらなくちゃいけないことたくさんありますからね。
休みの日にはかえって仕事が増えて余計にいらいら〜なんてことも。
子どもたちが学校に行っているときが、ひとりのんびりと好きなことができてしあわせなひとときです。
私の好きなことと言ったらもちろん映画鑑賞です♪
シネマセレクションも始まっているし、せっせと通わなくっちゃ。

さて、いつもベストレビュー賞にたくさんのご応募ありがとうございます。
4月もライラにドラえもん、しんちゃんとバラエティ豊かな感想が届きましたよ。
お楽しみの感想と、ベストレビュー賞は続きを読むをクリックしてくださいね!



ライラの冒険 黄金の羅針盤

地味な洋画は邦画にかなわない。
派手こそ洋画。
劇場でみたいと思わせてこそ洋画――。
いつの間にか、そんなポリーシーみたいなもんができてました。
「ライラの冒険 黄金の羅針盤」は予告を見ただけで「劇場でみたい!」と思った久しぶりの洋画でした。
CGを駆使した映像は、やはり洋画、やはり劇場。
一人ひとりについている小動物(劇中「ダイモン」と呼ばれている)が人間と話し、白熊が鎧を着て戦い、数え切れない魔女たちが大空を舞う。
実際に見ることも、体験することもできないことがスクリーンで繰り広げられるんです。
これに、家庭用のテレビでは再現不可能な音響が加われば、それだけでストーリーなんて二の次。劇場でみてよかったと思ってしまいます。
そのストーリーについて。世界的に超メジャーな小説が原作のようですが、残念ながら原作を読んだことがありません。
時代やら背景、世界観が複雑なようなので、この一作を見ただけでは全体像がつかめませんでしたが、これは3部作ということですよね。
今作の映像と音楽のクオリティを維持できるのなら、ぜひ次回作といわず、全部見たくなりますね。
あと、二コール・キッドマンの悪女ぶりはサイコー。
往年のスティーブ・マックイーンを思わせるダニエル・クレイグもカッコよかったですよ。

HN ひろ



映画ドラえもん のび太と緑の巨人伝

下の子供が大きくなってきたため、大好きな映画を我慢していましたがしばらくぶりにワーナーマイカルさんに行きました。
公開前より子どもにせがまれていた「映画ドラえもん のび太と緑の巨人伝」。私が幼い頃からテレビや映画でドラえもんを見ていました。
幼心にもドラえもんたちの勇気や行動に感動を覚えていましたが、大人になっても充分楽しめた作品でした。
争いは何も生まない。力では何も解決しない。
長老の言葉は心にズンと響きました。
また、ラストシーン・・・キー坊との別れをのび太がパパとママに話すとき。
会話はないものの、表情で言葉を表していて何ともいえませんでした。
ぜひ、海外にもたくさん公開して、このメッセージを広めてほしいです。
DVDになったら恐竜、魔法使いにつづいて手に入れたい作品です。

HN ウィル大好き!



ノーカントリー

トミーファンの私は旦那と胸トキメカセテ最後列の真ん中に陣取り、久しぶりの映画館の雰囲気にもわくわくしながらコーラをゴクゴクと…
始まった途端の緊張感!
サスペンスに付きものの殺人シーン!!
流石にアカデミーショー物何かを匂わせながらの緊張感と、トミーのナレーションが淡々と流れているようだけど、「常に何が起こるか解らない」のセリフのように全てのキャストの背景を考えさせられました。
そして謎多きラストと効果音…
皆さんの続きは…
私達はあれやこれやと語りながら息子くんが居ると入れないカレー屋さんへ、

すると辛いカレーを食べさせられてる息子くんと汗だくのじじばば…

人生何が起こるか解らない…

HN がーこ



クレヨンしんちゃん ちょー嵐を呼ぶ金矛の勇者


前から楽しみにしていたしんちゃんの映画を初めて映画館で見ました。
闇の世界「ドン・クラーイ」の悪者アセ・ダク・ダークを倒せるかどうかドキドキしたけれど、味方のマタと一緒に力を合わせてやっつけることができてよかったです。
家族愛も感じました。
映画のしんちゃんは、いつものテレビとは少し違っていざという時に頼りになる男の子だったのでそこがビックリしました。

HN かな



少林少女

テレビのCMの影響で、公開してすぐに観にいき、期待以上におもしろかったです。
アクションシーンはもちろん迫力満点でしたが、それ以上にテーマがすばらしかったです。
「愛と勇気と正義」だそうです。そう、アンパンマンと一緒です!
小学生の子どもと一緒に観ましたが、安心して子どもに見せることができました。
それにしても、柴崎コウのアクションシーンはものすごくかっこよかったです。
映画のために1年も前から武術特訓を受けていたそうで、プロ根性を見た気がします。
「少林サッカー」を観ていたほうがよりおもしろいけど、観ていなくても問題なく楽しめます。
親子で観るのにおすすめの映画です。

HN 風子



それでは、お待ちかねのベストレビュー賞の発表です!

「映画ドラえもん のび太と緑の巨人伝」の感想を送ってくださったウィル大好き!さんに決定です!
ウィル大好き!さん、いつもステキな感想を送ってくださってありがとうございます。
お子さんたちとよく映画を観にいかれているようで、同じ映画ファンとしてとっても嬉しいです。
ドラえもんは私も子どもと一緒に観に行ったことがあります。
噂には聞いていたけど、映画館でみんながドラえもんの歌をうたいだしたときはものすごく感動しました。
最近は上の子が大きくなり観に行っていなかったから、下の子と一緒に観に行ってみようかな。
いつもは頼りないのに、映画ののび太くんは別人のようにかっこよくなるんですよね。
そこがまたTVと違っておもしろいところでもありますけど(笑)

ウィル大好き!さんには、ワーナー・マイカル・シネマズ 港北ニュータウンで平日使えるペアチケットをお送りします。
お子さんたちと一緒にぜひ観に行って、また感想を送ってくださいね。
楽しみにしています♪

今回、惜しくも残念だったかたも5月のベストレビューをただいま募集中です。
どしどしご応募くださいね。お待ちしておりま〜す!

横浜・川崎&近隣エリアの情報ならビタミンママ

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://vitamincinemareview.blog93.fc2.com/tb.php/118-01a25938

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。