スポンサーサイト 


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

横浜・川崎&近隣エリアの情報ならビタミンママ

6月のベストレビュー賞 


かりんみなさん、こんにちは♪
かりんです。

梅雨明けが待ち遠しい今日この頃。
真夏のように暑い日もあって、いよいよ夏到来!ですね。

でもね〜、夏休みは子どもたちにとっては嬉しいことだけど、
主婦にとっては毎日3食作らなくてはいけない使命があるので大変ですよね。
毎日そうめんというわけにはいかず・・・とほほ。
夏向きの簡単手抜き(←ここ大事)メニューがあったら教えてくださいね〜。

さてさて、いつもベストレビュー賞にたくさんのご応募ありがとうございます。
話題作が目白押しだったので、たくさんの感想が届きましたよ。
きゃ〜。嬉しい悲鳴です。
いつもありがとうございます!
それでは、お寄せくださった感想と6月のベストレビュー賞の発表です!



ナルニア国物語/第2章:カスピアン王子の角笛

楽しみにしていたナルニア国物語/第2章:カスピアン王子の角笛を見てきました。
いや〜、めちゃくちゃ面白かったです。
CGを駆使した戦闘シーン、5歳の息子も釘付けになって見ていました。
信じる心、勇気、愛
息子の心に少しでも届いていたらいいな。
末っ子のルーシーは本当にかわいらしくて。
今後どのような女優さんに成長していくのだろうと、期待度 大!です。
カスピアン王子にも惚れました。
映画を見終わった後主人に「カスピアン王子好きでしょ?」と言い当てられました。
ちょ〜格好いい。
息子は映画が終わるなり、第3章はいつやるの?と。
子どもから大人まで楽しめる映画ですよね。
DVDも買ってしまいそうです〜。

HN ぽんこ



最高の人生の見つけ方

誕生日に一日フリーデーをもらったので、数年ぶりに一人映画をしてきました。CMを見て気になっていた「最高の人生の見つけ方」。
末期癌の宣告を受けた主人公二人が「棺おけリスト」を作り、一つ一つ叶えていこう!というもの。
余生を考え始めた4,50代にはグッとくるものがあるという事でしたが、30代前半の私もとても穏やかな気持ちで観れた映画でした。
全く違う人生を歩んできた二人が一緒に同じリストをかなえていくわけですが、それぞれの想いや今までの人生が絡み合いつつ、楽しく、厳かに、静かに、賑やかに話は進んで行きます。
世界各国の景観の中に溶け込む全く正反対の二人。壮大なスケールの中にも、家族や人と人との絆が根底に見え隠れするとても暖かい映画でした。

HN うさ



インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国

家族4人で観にいきました。
子ども達はこれがインディ初体験!
インディー・ジョーンズといえばTDLのアトラクションのひとつだと思っていたようで(笑)
スピーディな展開にポップコーンを食べるのも忘れて、画面に魅入っていました。
帰り道「前の作品が観たい!」と大騒ぎ。
レンタルビデオ屋さんに直行でした。
家族で観るのにオススメです。

HN shugar 




インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国 

インディ=ジョーンズ、久しぶりの登場です!
その前にTVで前シリーズが放送されていたので、違和感なく見ることが出来ました。
マリオンが再登場&インディの息子も出ていて、なかなか面白かったです。
冒険劇としては最高です!
ただ、宇宙人のお話が出てきたのには「びつくり!」しました。
さすがは、ルーカス=フィルムです。
最後は、息子が続きをやるのか・・・いやいやまだまだ俺が現役だぜぃ!みたいなエンディングで笑えました。

HN みる




ザ・マジックアワー

『有頂天ホテル』から2年!
三谷幸喜ファン待望の新作映画!!
公開前の三谷監督のTV出演の多さにはちょっと辟易でしたが、これは宣伝したくなるわ!!という面白さでした。
出演者も豪華!!こんなチョイ役にこんな人を?とビックリしちゃいました。
これも三谷監督の人徳のなせるワザなのでしょうか。
よく練られたコントに大笑いしながらも、ちょっと落ち込み気味だった私に、
何度でも挑戦すればいいんだよ!
明日は誰にでも来るんだから!!というメッセージが胸に響き、元気をもらった映画でした。

HN ABちゃん 




ザ・マジックアワー

『THE有頂天ホテル』に続く三谷作品ということもあり、否応なく期待は大きくなっていく。
その上、公開直前の監督の過剰なほどのテレビ出演で、そのプレッシャーを自ら高めていく。
「なんでわざわざ」と思ってしまうが、それも自信の現われなんだろう。
そんな前置きで『ザ・マジックアワー』を観に行った。こういう見方をすると、期待が大きくなりすぎて、たいてい失敗する。
これが見事に裏切られた。
計算しつくされた会話が絶妙。
特に佐藤浩市と寺島進の会話。何も知らないはずの二人の会話が見事に合致してしまうのだ。
そして、三谷ワールドの真骨頂とでも言おうか、スタジオセットの見事さである。
リアリティがあるかというと少し違う。
芝居くささを意図的に残してある。
ようするにうさん臭いのである。
その背景が、物語のテーマである「だまし」を、いい具合に強調している。
それも計算されているのが心憎い。
詳しいことを書けないので、ぜひ観ていただいた上で「なるほどな」と納得していただきたい。
ただ、少なくとも前作『THE有頂天ホテル』だけは観ておいてほしい。さらに柳澤愼一という往年の俳優のことも調べておくと、より楽しめますよ(知らないで観た私は映画が終わってしばらく気になって仕方なかったです)。

HN 富樫



ザ・マジックアワー

遂に見れました!連日TVでの三谷幸喜&佐藤浩市の番宣をDVD録画でチェックし、胸躍らせ、じじばば旦那の週末予定をチェックし、家事も万端で行って来ましたっ!(一人でね)
三国連太郎ファンの私は当然息子も気になる訳で。。。ブラボー!!(吹石一恵?風)
素の村田、俳優としての村田、最後のデラになりきっている村田(切なく笑える)、三谷ワールドに引き込まれるうちに佐藤浩市いやデラにもう夢中!
映画館でこんなに笑っていいものかっ!ていう位一人大爆笑ーっ!!
気が付けば周りの観客(年齢層高め)も抱腹絶倒!!
毎回三谷幸喜の細かい小粋な演出、ストーリー展開にやられてます。

HN がーこ



それでは、6月のベストレビュー賞の発表です。
『ザ・マジックアワー』の感想を送ってくださった富樫さんに決定です!
HNの富樫に笑ってしまいました〜。
私は佐藤浩市ファンなのですが、ナイフ舐めが最高でした。
佐藤浩市さん自身、家族が寝静まったあとに、鏡の前で一人練習していたそうですよ。
そういう影の努力があるから、真剣にやっているのにどこかおかしい、味のあるお芝居になるんでしょうね。
『ザ・マジックアワー』は間違いなく佐藤浩市の代表作になる作品だと思いました。まだ、ご覧になっていない方はぜひ劇場へ足を運んでみてくださいね。

富樫さんには、ワーナー・マイカル・シネマズ 港北ニュータウンで使えるペアチケットをお送りします。
今回、惜しくも残念だった方も7月のベストレビュー賞をただいま募集中です。
たくさんのご応募お待ちしています!

横浜・川崎&近隣エリアの情報ならビタミンママ

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://vitamincinemareview.blog93.fc2.com/tb.php/130-98951ff3

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。