スポンサーサイト 


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

横浜・川崎&近隣エリアの情報ならビタミンママ

『しゃべれどもしゃべれども』試写会レポート 


ゆず話題の映画も好きですが、
ひそかに自分がチェックしていた映画が、
徐々に注目を集めていくのを見るのも楽しみのひとつ。
そんな映画青田刈りも映画好きの醍醐味よねと思っているゆずです。
こんにちは。
しゃべれどもしゃべれども

昨日は「しゃべれどもしゃべれども」の試写会でした。
「しゃべれどもしゃべれども」はミニシアター系の映画ということで、
TVでCMが流れるようなことはありません。
ミニシアター系の映画って、
「誰も知らない」とか「真夜中の弥次さん喜多さん」のように、
いい作品がクチコミで広がっていくんですよね。
「しゃべれどもしゃべれども」もネットで、
とっても評判のいい映画だったので、
お仕事抜きで楽しみにしていました。

試写会の様子

今回、参加者のほとんどが朝が一番忙しい主婦。
家事を済ませてからやってくるので、
10時前には人影もまばらでしたが、
10時過ぎからどっとやってきて、
売店で買ったジュースやポップコーンを片手に、
バタバタと4番シアターに入っていきました。

まずは、
ワーナー・マイカル・シネマズ港北ニュータウンの方から丁寧なご挨拶があり、
映画の紹介の後に上映開始。

1時間49分の作品は、
派手なアクションや、
豪華なセット、
手の込んだCGがあるわけじゃないけれど、
とても丁寧に作られた映画でした。

登場人物一人ひとりの心の動きを細かく追っていき、
いつの間にか淡々と進むSTORYの中に引き込まれ、
自分もその場にいるような錯覚を覚え、
見終わると心が軽くなっていました。

劇場が明るくなって観客席を見渡すと、
映画がはじまる前はちょっとセカセカピリピリしてた顔の人が、
ゆったりした表情になっていたように思えました。

今まではミニシアター系の映画を見ようと思ったら、
電車に乗って都内にまで出ていかないといけなかったのですが、
これからは近所で良い映画を見る機会が増えそうで嬉しいです。

横浜・川崎&近隣エリアの情報ならビタミンママ

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://vitamincinemareview.blog93.fc2.com/tb.php/17-92b86bb4

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。