スポンサーサイト 


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

横浜・川崎&近隣エリアの情報ならビタミンママ

『感染列島』観ました♪ 


ゆず2週間以上咳が止まらないのに病院に行こうとしない主人の口を、
ガムテープで塞ぎたい衝動にかられている ゆず です。

こんにちは!

一緒に鼻も塞がないよう気をつけなければ・・・。

そんな中、『感染列島』を観てきました。
感染列島

ウィルスによるパニック映画は昔からありますが、
今までどちらかというとSF映画ぽい作りだったのに
『感染列島』は社会派ドラマといった感じです。


エピソードがどれも本当に起きそうで、
とても怖くて、
辛い映画でした。
(あ、でも、最後は感動するんですけどね♪)

新型インフルエンザと思える病気が起きたことで
何の罪も無い養鶏所を営む家族が、
マスコミによって追い詰められていったり、
食料品や水を求めてスーパーに押し寄せたり、
自分達家族だけは助かりたいと非常線を突破したり・・・

医療機器が足りなくなり
トリアージ(多数の傷病者を重症度と緊急性によって分別し、治療の優先度を決定
すること)が行われるシーンは、
辛くて画面を直視できなくなりました。

そんな絶望的な状況の中でも
今、自分ができることを精一杯行っている主人公達の姿は
とても感動的で勇気づけられます。
映画の中で使われる
「明日世界が滅びるとしても 今日、君はリンゴの木を植える」
という開高健氏の言葉が深く胸に沁みました。


ここまで酷いウィルスじゃないとしても
新型インフルエンザの話は
映画や小説の中だけの話じゃなく
現実に起こりうる可能性が出てきています。

いざパンデミック(爆発感染)が起こった時、
何をすればいいのか、
何を用意しておけばよいのか、
とっても参考になるので、
是非、お母さんには見てもらいたい映画です。


こんな風邪が流行っている中、
「映画を観に行って風邪をもらってきたら困る~」という人も大丈夫。
ワーナー・マイカル・シネマズ港北ニュータウンの
1番スクリーン、7番スクリーンは
ウィルスウォッシャー機能で
いつでも清潔な空気なので安心して観ることができますよ(^^)

横浜・川崎&近隣エリアの情報ならビタミンママ

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://vitamincinemareview.blog93.fc2.com/tb.php/180-38cf86a8

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。