スポンサーサイト 


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

横浜・川崎&近隣エリアの情報ならビタミンママ

『チェンジリング』観ました! 


かりんみなさん、こんにちは♪
かりんです。

チェンジリング
クリント・イーストウッド監督、アンジェリーナ・ジョリー主演の『チェンジリング』を観てきました。

STORYは
1928年、ロサンゼルス郊外に住むシングルマザーのクリスティン・コリンズ(アンジェリーナ・ジョリー)は9歳の息子ウォルターと幸せな生活を送っていた。
あるとき、急に休日出勤になってしまい、ウォルターを留守番させることに。
仕事を終え大急ぎで家に帰るクリスティンだが、ウォルターの姿はどこにもない。
行方不明の状態が5カ月たったある日、警察からウォルターが見つかったと連絡が入る。
だが、クリスティンの前に現れたのは見知らぬ少年だった・・・


チェンジリングとは、取り換えられた子どもの意味。
「さらった子どもの代わりに妖精が置いていく醜い子ども」という伝説が宿っているそう。
アンジー演じるクリスティンは、この悪夢なような経験をし、
息子を取り戻すために腐敗した権力に立ち向かっていく実在の女性です。

そうです。
信じられないようなこの話はクリスティンの身に起きた実話なのです。
「え!こんなことがあっていいの?!」と思うシーンばかり!!
怒りがメラメラと込み上げてきて、ハンカチをムギュ~っと握り締めちゃったほど。

クリスティンを演じるのは、私生活では6人の母であるアンジェリーナ・ジョリー。
今までアンジーが出演してきた『ウォンテッド』や『Mr.&Mrs.スミス』では、
武器を持って戦う強い女性でしたが、今回の役はどこにでもいる普通の母親役。

観る前までは、
今までのカッコイイアンジーのイメージしかないので
「どうなの?」
とちょっぴり不安だったのですが、
もうこの役はアンジーしか考えられない!!
と思うほどの名演技でした。
「息子を返して!!」と叫ぶアンジーと一緒に泣き、
私まで不安と恐怖で押しつぶされそうになってしまいました。
でも、希望を忘れず、大きな権力と戦うアンジーは、武器を持っていなくて強かった!!
いつの時代も女は弱いけど、母の愛は強いのです!!

はっきりいって内容はとっても重たいです。
実話の重みというのもあるし、なんといっても子どもが行方不明になる話です。
私も含め、すべての母親がこんな恐ろしいこと考えたくないですよね。
でも、「希望」があるかぎりあきらめない。
母だったらあきらめるわけがない。
ひとすじの希望でも信じられるのが母の強さなんだなと思いました。

キャッチコピーに「魂で泣く」とあるのですが、
なんだかわからない感情が押し寄せてきて
嗚咽しそうになるくらい泣いてしまいました。
本当に魂で泣いてしまう、心が震える映画でした。

気楽に観ようと思える映画ではないけど、ぜひ、機会があったら観てくださいね。
(ショッキングな内容なので小学生以下のお子さんにはオススメしません)

PG-12

横浜・川崎&近隣エリアの情報ならビタミンママ

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://vitamincinemareview.blog93.fc2.com/tb.php/191-65003e75

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。