スポンサーサイト 


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

横浜・川崎&近隣エリアの情報ならビタミンママ

『剣岳 -点の記-』 


ゆず登山は川和富士が限界の ゆず です。
こんにちは。

そんな私が「とにかく映像が素晴らしいのよ!」という
登山が趣味の友人の感想を聞いて「剣岳 ~点の記~」を観てきました。
剣岳 -点の記-

自分は登山をしないので、
どうして辛い思いをして山に登るのか理解できなかったのですが、
この映画の美しい山々の映像を観て、
登山する人の気持ちが少し理解できた気がします。

新緑や紅葉、四季折々の美しさを魅せる山々、
山頂に上り眺める眼下に敷き詰められた雲、
大きなスクリーンいっぱいに映し出される映像。

この光景を自分の目で見るために、
苦しくても山に登ってしまうのでしょうね。

そして映像だけでなく物語りも感動的でした。

STORY
明治40年、日本地図を完成させるために、最後の空白地点となっていた剣岳山頂に登るよう陸軍参謀本部から命令を受けた柴崎芳太郎(浅野忠信)。
山の案内人、宇治長次郎(香川照之)らと共に、前人未到の過酷な剣岳の頂点を目指します。
同じ頃、小島鳥水(仲村トオル)率いる海外の最新鋭の設備を持った日本山岳会も剱岳の登頂を計画。
陸軍から「山岳会に負けてはならん」という厳命も受ける中、ただ地図を完成させる事を目標に、剣岳の頂上を目指した男達の物語です。


名誉やお金、出世などのためではなく、
「日本地図を完成させる」という自分の仕事のために山に登る柴崎芳太郎。
「山に登りたいという人がいたら、その人を山に登らせてあげるのが自分の仕事」と、
献身的に柴崎のフォローをする宇治長次郎。

自分達の仕事を黙々とこなす姿は、とにかくカッコイイ!!
最近のチャライ男子しか見ていないおばさんの目には
とても新鮮なのです!

最後、山岳会のメンバーとお互いの検討を称えあうシーンも、胸に込み上げてくるものがあります。

CGを使わず、すべて実際の映像というこの映画。

最後のクレジットで美しい四季折々の山の映像をバックに
全員の名前だけが流れていきます。
役名とか、監督とか、脚本とか・・・そんなものは関係ないんです。

「山に登ったらみんな仲間!」

そう語りかけてくるような感動的なエンディングでした。

横浜・川崎&近隣エリアの情報ならビタミンママ

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://vitamincinemareview.blog93.fc2.com/tb.php/220-b116a529

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。