スポンサーサイト 


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

横浜・川崎&近隣エリアの情報ならビタミンママ

『BALLAD 名もなき恋のうた』観ました! 


かりんみなさん、こんにちは♪
かりんです。

『BALLAD 名もなき恋のうた』を観てきました♪
BALLAD 名もなき恋のうた

原案となったのは、大人が観ても泣ける映画として話題になり、
その年の数々の賞を受賞した
『クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶアッパレ!戦国大合戦』(2002年公開)。
アニメ「クレヨンしんちゃん」を普段は見ない家族や大人がこぞって押しかけ、
皆ボロボロに涙した伝説の映画です。
私は残念ながら映画では見逃しましたが、その後テレビでも放送されましたよね。

テレビで見たときは、あまりにも普段のしんちゃんと違うので
びっくりしたのを覚えています。
我が家はしんちゃん禁止ではないんです(^^;
もちろん涙、涙でした~。

STORYは
現代から突如、戦国時代にタイムスリップしてしまった川上真一(武井証)は、
危なく命を落とすところだった「鬼の井尻」と呼ばれる井尻又兵衛(草剛)を偶然助ける。
城に連れ帰ると、そこには真一が夢の中で何度も見ていた廉姫(新垣結衣)がいた。
夢で見たことがあると伝えると、廉姫は真一の面倒を又兵衛に見るように指示する。
最初は嫌がっていた又兵衛も、次第に戦国の世でも素直に生きる真一に心を許し、
奇妙な友情関係を育んでいくのだった。
そんなある日、北関東の大名・大倉井高虎(大沢たかお)が廉姫に婚儀を申し込む。
又兵衛のことが好きな廉姫だが、国のためを思い自分の想いを封じ込める。
又兵衛の想いも同じだった・・・


この伝説の映画を実写化したのが
『ALWAYS 三丁目の夕日』シリーズを手がけた山崎貴監督。
なんでも、山崎監督自身が大好きな映画だったので、
「時代劇を撮るならこの作品で撮りたい!」と熱望したそうです。

山崎監督といえば『ALWAYS 三丁目の夕日』で、
昭和30年代の東京を見事に再現させたVFX技術(視覚効果のこと)よね。
今回もVFX技術で観客を戦国時代へタイムスリップさせてくれますよ~。
群集シーンや春日城なども、VFXだと知って
「へ~、そうだったんだ!」と感心しちゃったほど。
ノスタルジックな色合いも『ALWAYS』を彷彿させてくれ、
温かみのある映像だったのもステキでした。

で、私が感心しちゃったポイントがもう一つ。
戦国時代で合戦シーンがたくさんあるのに、残虐なシーンは一切ありません。
だって、血が一滴も出ないんですよ!!

最近、家族揃って見るようなアニメやドラマでも、殺人シーンがあったり、
血が恐ろしいほど吹き出ていたりと、
小学生以下の子どもに見せるのはちょっと・・・というようなものが多いですよね。

もう少し作り手側の人間が配慮してくれればいいのにといつも思います。
そんな親の願いが通じたのか(?!)、公式パンフレットには山崎監督が
なぜ「血の出ない合戦シーン」にしたのか、熱い思いを語っています。

詳しくはぜひパンフレットを買って読んでいただければと思いますが、
子どもたちに観てもらいたいとの願いから、
あえて両極端な血の出ない壮絶な合戦シーンを目指したそうです。
血はなくとも又兵衛と高虎の対決は迫力ものでしたよ!

山崎監督、やるぅ~~  byしんちゃん

ということで、『BALLAD 名もなき恋のうた』は
自信を持ってオススメできる作品です。
主演のお二人とも今までに無い役でしたがとてもよかったです。
草くんの演技にはいつも引き込まれるんですよね~。
廉姫役の新垣結衣ちゃんはあいかわらずかわいいです。
生まれ変われるなら新垣結衣ちゃんになりたい(笑)

小さいお子さんや、おじいちゃん、おばあちゃん、お父さん、お母さんと
3世代一緒に楽しめる素晴らしい作品になっています。
ぜひご家族揃って映画館で鑑賞なさってくださいね。

横浜・川崎&近隣エリアの情報ならビタミンママ

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://vitamincinemareview.blog93.fc2.com/tb.php/239-71dc3c81

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。