スポンサーサイト 


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

横浜・川崎&近隣エリアの情報ならビタミンママ

9月のベストレビュー賞 


かりんみなさん、こんにちは♪
かりんです。

インフルエンザが猛威を奮っていますが
みなさんのまわりではいかがですか?
子どもたちの学校では学級閉鎖や学年閉鎖などがありましたが、
今のところ我が家の子どもたちは風邪をひくこともなく元気に過ごしています。

こんな時期はなるべく人がたくさん集まるところには出かけたくありませんが、
ワーナー・マイカル・シネマズ港北ニュータウンは安心です。
だって、どのスクリーンにもウィルスウォッシャー機能があるんですもの!
同じ映画を観るなら安心して観られる映画館を選びますよね!
ますますお世話になろうと思っているかりんなのでした(^-^)v

さてさて、9月もたくさんベストレビュー賞へのご応募をいただきました。
いつもありがとうございます!
試写会で「私の中のあなた」を観た方からの感想もありました~。
ホント、オススメの映画なのでぜひ劇場でご覧くださいね。
ハンカチは必須ですよ~。

それでは、みなさんの感想とベストレビュー賞の発表です!!




ホッタラケの島

夏休みも終わりなので、上のこどもと相談して、
物の大切が伝わるお話かな?と思い、観にいってきました!
正直言うと、フルCGの作品はアニメとはまた違い、
何となく演技が不自然な感じを受けてしまうので若干観るのに抵抗があったのですが
なんのなんの!
今のCG技術の高さ、声優さんの声のみの演技力(声優さんたちもビックな方々でした)、
ハートフルなお話で、娘ともども大満足♪の映画でした。
遥とテオ(人間とキツネ)のやり取りはコミカルでリズムよく、
キツネの世界でのお母さんの形見の手鏡をめぐる駆け引きは目をくぎ付けにしました。
そうそう、テオ以外にも、羊のヌイグルミも重要な役どころです。
誰でも大切にしていた「たからもの」を持ったことがあると思います。
モノにあふれる時代だからこそ、老若男女問わず見てほしいな、と思った作品でした。
家に戻り娘は私に「たからばこ、見せてあげる!」と、
靴箱に入ったこまごました宝物を見せてくれました。
「これね、キツネさんに持っていかれないようにここにしまっておくから、誰にも、パパにも内緒だよ!」と言っていました。
その後娘のすきを見て、
デジカメでその箱の中身を買ったホッタラケのパンフと一緒にパシャリ★
いつか娘が大きくなって自分のアルバムを見て思い出してほしいなと思います。
そして、モノへの愛着をもっともっと持っていってほしいです。

HN ウィル大好き




20世紀少年 ― 最終章 ― ぼくらの旗

子供たちと一緒に久しぶりに映画を見ました。
ずっと見たかったのですがなかなか時間がなくて・・
待望のシアター・大画面♪子供より興奮してしまいました(笑)
内容は・・結末を話してしまうとこの映画の醍醐味がなくなってしまうので言えませんが
役者さんひとりひとりが役になりきって、
いえいえ、その人になっていました。
脇役と言われるであろうワンカットしか出てこない人までもが、
とても存在感のある演技をしていました。
研ナオコさんが私個人的には、とてもツボに入りました♪
子供と「楽しかったね~スカッとしたね~」などと言いながら劇場を後にしました。
興奮する内容、でも何かちょっと考えさせられる映画。
子供も大人も楽しめる二十世紀少年でした。

HN チューリップ娘




私の中のあなた

キャメロンが演じる何とか我が子を助けたいという母親の気持ちが、
ちょっと怖いくらいの映画ですが、
その母親の行動にびっくりしながらもかなりうなずいてしまう私がいました。
話の展開は日本ではありえないけど、
なんの違和感もなくどっぷり映画の世界に入ってしまいました!
最後は、涙が止まらなくて、一生懸命こらえてましたが、
まわりの人のすすり泣きがたくさん聞こえて、逆に最後は素直に泣けました!
父親は、あまりしゃべりませんが、目や表情で男親の気持ちが伝わるので、
パパと2人で観にいくのもいいかも!?

HN あまぐりむいた




南極料理人

友達がこの映画を見て、「翌日の食欲が倍増するよ~!」と言っていたので、
ドキドキしながら見てきました。
 あまりの寒さのため、ウイルスすらも生きる事が出来ない南極ドーム「ふじ」基地。
ここで、調査目的のため、1年半の奇妙な同居生活を送ることになった隊員8名。
仕事内容はそれぞれ違うため、バラバラのポイントで仕事をしているのですが、
食事の時はほぼ一緒。
最初は食事の時間もただただ「食らう」だけだったのですが、
美味しい食事と楽しいイベントで、だんだんと打ち解ける隊員達。
やっぱり「お食事」は偉大ですね~~。
基地には、調査目的のみの隊員のみではなく、
調理担当や医療担当の方もいらっしゃるという事を映画を見て初めて実感し、
新鮮でした(考えてみれば、当たり前ですね)。
堺雅人の温かい雰囲気が、お料理を通しても伝わってきました。
実際の調理担当の方もきっと、
みんなへの愛情をこめてお料理を作っていたんだろうな~と感じました。 
・・・案の定、見終わった後は、ラーメンが無性に食べたくなりました。(笑)

HN みる




それではベストレビュー賞の発表です!
「20世紀少年 ― 最終章 ― ぼくらの旗」の感想を送ってくださったチューリップ娘さんに決定です!
「20世紀少年」私も大好きです~。
原作よりも結末がわかりやすくなっていて、
また彼のおかげで大好きなラストとなりました。
最初はあまりにも原作が長いのでどうなることかと思ったけど、
無事に終わってよかったです(笑)

チューリップ娘さんにはワーナー・マイカル・シネマズ港北ニュータウンで使えるペアチケットをお送りします。
また、映画の感想送ってくださいね~。

今回、惜しくも残念だった方も10月のベストレビュー賞をただいま募集中ですので
また送ってくださいね~。
たくさんのご応募お待ちしております!

横浜・川崎&近隣エリアの情報ならビタミンママ

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://vitamincinemareview.blog93.fc2.com/tb.php/243-6af0610c

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。