スポンサーサイト 


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

横浜・川崎&近隣エリアの情報ならビタミンママ

10月のベストレビュー賞 


かりんみなさん、こんにちは♪
かりんです。

あっという間に11月・・・
街は早くもプチクリスマスですものね。
年を重ねるごとに時間が早く感じられるのはなぜなんでしょう~?
子どものころの1年ってものすごく長くありませんでした?
指折り数えてたクリスマスやお正月までの期間の長かったことといったら。
今は2~3年前のことでも「ついこのあいだ」になってしまうのに(笑)

さてさて、いつもベストレビュー賞へのご応募ありがとうございます!
今回は私が観ていない映画ばっかりだったので
わくわくしながら読ませていただきました。
おもしろそうな作品ばっかり~♪

映画界もそろそろ年末・お正月映画モードとなっているので
観たい映画がたくさんあって困ってしまいます。
お掃除や用事を計画的に進めて映画館へ足を運ぶ時間を作らなくちゃいけませんね。
ご褒美があればきっと張り切ってできるはず!
がんばれ私!

それでは、皆さんからの感想と10月のベストレビュー賞の発表です!



ATOM

私の知っている元気いっぱいのアトムと違い、
この映画のアトムは親から愛されたい、
居場所が欲しいと思っているごく普通の少年でした。
見ていてあまりにもかわいそうで何回も泣いてしまいました。
原作を読んだことがなかったので
アトムがどうして作られたのか知らなったのです。
手塚治虫がさらに偉大に思えた映画でした。

HN たぬきち



ワイルドスピードMAX
人気シリーズの最新作「ワイルドスピードMAX」…なのだが、
一応、免許は持っているし、
一応、車も所有しているのに、
これほど車に縁遠い男がいるのだろうかと思うほど運転が苦手な私は、
このシリーズには今までまったくといっていいほど感心がなかった。
ワーナーに通っているうちに何度となく予告編を見せられ、
映像を刷り込まれ、
「これは劇場で観るべき映画だな」と見事に洗脳され、
ポイントカードを手に劇場へ足を運んだ。
まあ、ポール・ウォーカー演じるブライアンのかっこいいこと(あ、私、男です)。
どことなく、出てきた頃のマイケル・ビーン(ターミネーター第1作のカイル)を思わせるナイスガイ。
ほれたねぇ。
ストーリーはわかりやすく、
人気シリーズになったにもかかわらず、
程よく低予算テイストを残してくれているのがいい。
きっとシリーズ通してメイン・スタッフは同じなのでしょう(違ってたらすいません)。
前述のように車に縁がないのでまったくわからないのですが、
車好きには垂涎の名車の数々なんだろうと思う。
でも、それ抜きでも充分に楽しめる映画だった。
つくづく、「喰わず嫌い」はもったいないと思った。
ちょっとでもピンとくるものがあったら、
人の批評なんか気にせず、観てみたほうがいいですよ、絶対。

HN 予告編万歳!





THIS IS IT

マイケル・ジャクソンは整形をくり返す変な人というイメージでしたが、
亡くなってからTVで何度も特集を組まれているのをみて、
興味を持った友人に誘われて一緒に見に行きました。
まわりは自分達の両親ぐらいの人ばかりで
中学生は自分達だけでした。
歌って、踊っているマイケル・ジャクソンをはじめて見て、
変な人ではなく、
スーパースターだったんだと思いました。
THIS IS IT
「これはそれです」と訳して母に笑われました。
「さぁ、いよいよだ」
「おまちどうさま」
という意味なのだそうです。
「いよいよだ」と言われたまま死んでしまい
ファンは本当に残念だなと思います。

HN KAWORU




風が強く吹いている

映画を見て一番感動したところは、
ふらふらになってゴールした神童へお母さんから電話があって
「あんたは本当の神童だよ」
という場面で、
私は泣いてしましました。
ハイジさんが言った
「長距離選手にとって一番のほめ言葉って何かわかるか?」
という質問では、
私もカケルと同じ「速い」だと思っていました。
けれど、映画を観て「強い」でもいいなと思いました。
私は今、陸上教室に通っています。
長距離選手には、努力が一番大事なことだと思ったので、
これから私ももっと努力してがんばっていきたいと思いました。

HN kana




風が強く吹いている

昨年の今頃、原作に出会い今年のお正月の箱根駅伝もすっかり見方が変わるくらい感銘を受けた「風が強く吹いている」。
この作品に感化され、先月、昭和記念公園で行われた予選会までも娘を連れて見に行った私です。
映画では、最初は「あ、これがハイジでこれが走」「お~ユキはイメージピッタリ」などと
原作と映像のイメージの照らし合わせみたいな感じで見てしまいましたが、
話しが進むにつれてぐいぐい引き込まれました。
特に箱根駅伝本番のシーンは本当にお正月に一緒に走っていたの?と思うくらいの臨場感が。
上空からの画像は本物を使っていたのかもしれません。
往路を走り終えた神童と故郷のお母さんとの電話のシーンはやはり涙が。
この作品を2時間にまとめられるのか?と不安はありましたが、
実際はそんな心配はいりませんでした。
欲を言えば、それぞれ一人ひとりのエピソードを神童と同じくらい散りばめてほしかった(特にユキ)ことと、
最後の大手町のゴールシーンはもう少しアッサリの方がよかった?というところでしょうか。
映画を見る前、見た後どちらでもいいので、原作も読むことをお勧めしちゃいます。
原作でハイジに惚れてしまった私は、やはりこの映画で小出恵介くんにハマってしまいました!

HN ハイジ大好き




それでは10月のベストレビュー賞の発表です!
今回は「風が強く吹いている」の感想を送ってくださったkanaさん&ハイジ大好きさん親子に決定です!
親子で映画を観に行ってそれぞれが感想を送ってくれるなんて!
ものすごく嬉しいです~。
Kanaちゃんは陸上競技をやっているんですね。
陸上は孤独な戦いだからこそ「強く」がとっても大事なのでしょうね。
努力するのは大変だし、ときには嫌になっちゃうときもあるけど
努力している人はいつか必ず大きくなる日がくると思うの。
だからkanaちゃんも、練習がんばってくださいね。
ハイジ大好きさん、私も原作が読みたくなってしまいました(^^;
三浦しをん原作の小説なんですよね。
映画観てからか読んでからか悩むますね・・・
いっそのこと同時進行かしら(笑)

kanaさん&ハイジ大好きさんにはワーナー・マイカル・シネマズ港北ニュータウンで平日使えるペアチケットをプレゼントいたします。
映画を観たらまた親子で感想送ってくださいね!

今回、惜しくも残念だった方も11月のベストレビューをただいま募集中です。
どしどしご応募くださいね。
お待ちしておりま~す!

横浜・川崎&近隣エリアの情報ならビタミンママ

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://vitamincinemareview.blog93.fc2.com/tb.php/250-778c5d0f

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。