スポンサーサイト 


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

横浜・川崎&近隣エリアの情報ならビタミンママ

話題の映画『2012』を観てきました!! 


かりんみなさん、こんにちは♪
かりんです。

話題の映画

『2012』

を観てきました!!

2012


いや、いや、いや・・・
とにかく、凄かった!!
私は普段この手のディザスター・ムービー(昔風に言うとパニック映画のことですね(^^;)は観ないのですが、
いつも後からテレビで観て後悔するので、
今回は絶対に観てみよう!と思っていたんです♪

CM通り「これは映画か?!」と思ってしまうほどの大迫力でした~。

STORYは
2009年。
惑星の直列により、太陽の活動が活発化。
強い放射線により地球の核が熱せられ、3年後の2012年に世界は終わりを迎える―。
この驚愕の事実をいち早く察知した地質学者エイドリアンは、すぐに米大統領主席補佐官に報告。
この事実を知るのは世界各国の首脳と、一握りの裕福層のみ。
世界中の人々には知らせぬまま、秘密裏に一大プロジェクトが開始される。
そして2012年。
売れない作家のジャクソンは、離れて暮らす子供たちとキャンプにやってきたイエローストーン国立公園で、世界に滅亡が迫っていることを偶然知る。
家族を守るため政府がプロジェクトを進めているある場所へと向かう・・・


高度な天文学、数学の知識を持っていた古代マヤ人。
彼らが残した暦には、ある日を境にそれ以降の記述がありません。
それが2012年12月21日。
マヤの予言通り、世界は終わろうとしています・・・

って、2012年ってあと3年後なんですよ!
映画でも発見しているのは2009年なので、
今もどこかで緊急会議が開かれているかもしれません・・・
怖い~~

この映画の監督、ローランド・エメリッヒは過去に3回地球を破滅させています(^^;
1回目は超巨大UFOの攻撃でワシントンD.C.を破壊しちゃった『インデペンデンス・デイ』(1996年)。
2回目の『GODZILLA ゴジラ』(1998年)ではゴジラがニューヨークを破壊。
3回目は洪水と氷結で地球を震わせた(寒いからじゃないですよ)『ディ・アフター・トゥモロー』(2004年)。

ここまで壊しまくっている監督だからこそできた『2012』。
この作品を最後に監督はもうディザスター・ムービーは撮らないそうですよ。
もうこれ以上のものは作れないし、やり残したことがないってことなのでしょうね~。

2時間38分と長編であるにもかかわらず、ちっとも長く感じません。
地割れに始まり、地震、噴火、津波に洪水・・・
ロサンゼルスの街並みがあっという間に崩壊していく様はまさに圧巻でした!
私までジャクソン一家と同じように
「ぎゃ~」とか「ヒ~~!」と心の中で叫びながら観ていました。

ロサンゼルスを脱出した後も、数限りない危機が迫り、
その度に緊張で体を硬直させて観ていました。
おかげで観終わった後は、なんだか体のあっちこっちが痛かったような(笑)

この凄い映像を堪能してもらうためには絶対に映画館で観るのがオススメです!
で、映像ももちろんですが、音が家で観るのとは全然違う~~!!
地震とともにゴーッ、噴火とともにズシーンと座席が揺れる、揺れる(^^;
もちろん、遊園地じゃないんで横揺れするわけじゃないんですが(笑)
震動で揺れているような感覚で、この体験はぜ~ったいに家では体感できないです。
ホームシアターがあるお宅でもできません!!(たぶん。うらやましいけど)

なので、ちょっとでも観たい~と思った人は映画館に観に行ってくださ~い!!
今なら(12月4日(金)まで)1番シアター、ゴールドクラスで鑑賞できますよ!

横浜・川崎&近隣エリアの情報ならビタミンママ

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://vitamincinemareview.blog93.fc2.com/tb.php/253-a6c2bd6a

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。