スポンサーサイト 


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

横浜・川崎&近隣エリアの情報ならビタミンママ

11月のベストレビュー賞 


かりんみなさん、こんにちは♪
かりんです。

12月も中旬に入り、もうすぐクリスマスですね!
みなさんのご家庭ではどのようにクリスマスを過ごしますか?
小さいお子さんがいるご家庭では、
おうちでパーティーをするのが一般的かしら?
我が家もクリスマスケーキを子どもたちと作ったり
(スポンジケーキにデコレーションするだけなんですが(笑))
ゲームをやったりと、いたって一般的なクリスマスです。
あとは、時間があったらクリスマス映画のDVDを観ることが多いかな。

ここで、突然ですが、かりんオススメのクリスマス映画のご紹介!
まず、ファミリーで観るならなんといっても
『ホーム・アローン』『ホーム・アローン2』ですね。
小さいお子さんでもゲラゲラ笑えます。
で、ラストは家族っていいなあ~ってほんわかしますよね。

それから、大好きな『34丁目の奇跡』
「サンタさんは本当にいるの?」とお子さんが疑い始めたら
ぜひ一緒に観てください!
私はこれを観ると涙でぐちゃぐちゃになります(笑)

夫婦やカップルで観るなら
『ダイ・ハード』『ダイ・ハード2』
『恋におちて』『大停電の夜に』なんかもオススメです!

クリスマス映画といえば
今年は『Disney’sクリスマス・キャロル 』
公開されていますが、もうご覧になりましたか?
私も先月観てきましたが、3Dの進歩はすごいですね~。
映像がキレイなのはもちろん、
映画の世界に入ってしまったかのような錯覚に陥るんです。
自分もジム・キャリーや3人の精霊と
空を飛んでいるような気分になりました♪
来年からはこの作品もクリスマスの定番になるんでしょうね(*^^*)

さてさて、今月もベストレビュー賞にたくさんのご応募ありがとうございます♪

試写会で『スノー・プリンス』を観た方からの感想もありましたよ~。
いただいた感想はまだまだ上映中のものばかりなので
これから観る方はぜひ参考になさってくださいね。

それでは、みなさんの感想と11月のベストレビュー賞の発表です!




2012

音が響くと書いて音響。
「2012」は、これを体感できる映画です。
見ていない人のために細かい説明は省きますが、
ごくふつうの朝の食卓に突然「ズン!」という振動が襲うんです。
ここでシアターのイスも揺れ、空気も震える(気がする)んです。
私ここでビクッと体を強張らせちゃいました。
何センチかお尻が浮き上がっていたかもしれません。
他の場面でも、まあ揺れること揺れること。
シアターに特殊な設備を設置してるんじゃないかと疑ってしまうほど。
映画というか、アトラクションでしたね。
興味はあるけど、後でDVDが出たら借りてみよう…と思っている人がいたら、
絶対に劇場で見るべきです。
家庭のテレビでは到底太刀打ちできない音響です。
音の話ばっかりになってしまいました。
物語のスジについては、公式サイトででも確認してください。
要は「体感するだけでも価値がある映画」だってことです。

HN 9ザック




スノープリンス 禁じられた恋のメロディ

親子で「スノープリンス」の試写会に行ってきました。
我が娘は、さよちゃん役の女の子のファンになりました。
ピアノを月明かりのなかで弾く姿はとてもかわいく美しい映像でした!
またピアノ曲と雪景色のなか様々な人達が
それぞれの環境の中で必死に生きている様子のつながりがあり感動しました。
母としては、おじいさんの「恨んではいけない、感謝の心でいる」という言葉が胸にしみました。

HN Sさん




イングロリアス・バスターズ

ブラピ・ファンです。
でも、ブラピって、変な映画や妙な役が多くて、案外裏切られることも多いじゃないですか。
今回も「変人」タランティーノと組んだとあって、期待半分で見に行きました。
タランティーノ作品としては脱線もしないし、リアリティもあって、まとまっていたと思います(暴力シーンのリアルさは相変わらずでしたが)。
ブラピも程よく控えめで、かつキャラクターの個性も出てました。
きっと、本人は控えているつもりなんかないのだろうと思いますが、周りの役者さんが光りすぎてるんですよ。
とくにナチスのユダヤ人狩りの将校を演じた役者さんが凄すぎ。
彼に負けじと出演者陣が競いあって、
割り当てられたキャラクターの人生を表現し、
結果、ある意味壮大な人間ドラマが出来上がっちゃったっていう感じ。(これも監督の力量?)
戦争映画は嫌いという人もご安心を。
設定は戦時中ですが、話はタランティーノが大好きなウエスタン流の復讐劇です。
ちなみに私の見た回で、途中で退席した人はいませんでした。

HN ベンジャミン





ニュームーン/トワイライト・サーガ

前作の「トワイライト」を見てすっかりファンになり、
本日のレディースディに見てきました!

アメリカでは10代の女の子たちに指示されているようだけど、
私のようなアラフォー世代の女性でも全然大丈夫!

映画を見る前は「色白すぎ」と思っていたロバート・パティンソンの顔も
見ているうちにかっこよく見えてくるから不思議。

忘れていたときめきやドキドキ感を思い出させてくれた映画です。
今回は幼なじみのジェイコブとのシーンが切なかった・・・
ちょっとダークな世界も私好みです。
今後の展開からますます目が離せません!

HN かあたん




それでは11月のベストレビュー賞の発表です!
「イングロリアス・バスターズ」の感想を送ってくれたベンジャミンさんです!
私もブラッド・ピットが大好きなんです~。
でも、劇場で作品を観るのは意外と少ないんです。
ファンなら観なくちゃいけないんでしょうけど、ちょっとマニアックな作品が多いんですよね。
今回のタランティーノ監督といい、
前回出演作の『バーン・アフター・リーディング』も観る気がしなかったのでまだ観ていません。
ファン失格?(笑)
でも!
感想を読んで、「イングロリアス・バスターズ」はちょっと観てみようかな~と思いました。
タランティーノだからって(失礼!)食わず嫌いはダメですよね。

ベンジャミンさんにはワーナー・マイカル・シネマズ 港北ニュータウンで使えるペアチケットをお送りします。
今回、惜しくも残念だった方も12月のベストレビュー賞をただいま募集中です。
たくさんのご応募お待ちしていま~す!

横浜・川崎&近隣エリアの情報ならビタミンママ

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://vitamincinemareview.blog93.fc2.com/tb.php/259-d91d4386

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。