スポンサーサイト 


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

横浜・川崎&近隣エリアの情報ならビタミンママ

12月のベストレビュー賞 


かりんみなさん、こんにちは♪
かりんです。

皆さんはお正月をどのように過ごされましたか?
我が家もゆずちゃん家同様、
毎年元旦は帰省している実家近くのワーナーマイカルへゴーです!
家族皆1,000円で観られるのは
映画大好きファミリーにとってホントにありがたいです!!
ちなみに私が昨年劇場で観た本数は35本、夫は37本・・・
ま、負けた・・・
一昨年はかろうじて勝ったのに~。
今年はぜ~ったい勝ってやる~~。(ヘンなところで負けず嫌いです(^^;)

さてさて、いつもベストレビュー賞へのご応募ありがとうございます!

12月は話題の映画がたっくさん公開されたので
冬休み中はご家族で映画を観られた方も多かったのでは?
我が家も『のだめカンタービレ最終楽章前編』と『アバター3D』を観ましたよ~。
普段はお一人様の多い私ですが、
観終わった後、感想を言いながら食事したりできるのは楽しいですね。
『アバター』の3時間は下の子には「ちょっとつらいかな?」と思いましたが
集中して一生懸命に観ていました。

映像だけが話題先行になっていますが、
小さい子でも厭きさせないストーリー展開も素晴らしいですよ~。
「まだ、観ていないよ~」という方は、
ぜひ、ご家族揃ってご覧になってくださいね。

それでは、お待ちかねの感想とベストレビュー賞の発表です!




パブリック・エネミーズ

ジョニー・デップがかっこよすぎ。
銀行強盗に入り、ひらりとカウンターを飛び越えるかっこよさったら。
ビリーを口説くときのセリフや目線の色っぽいことといったら。
さすが、‘もっともセクシーな男’だわ。
ジョニー・デップの映画であり、ジョニー・デップを見るための映画でした。
いい目の保養になりました(笑)

HN カトリーヌ




パブリック・エネミーズ
夫婦で観ました。
私はラブ・ストーリーだと感じ、男の人はどうなんだろうと思っていましたが、
逆に夫はデップ主演なのに硬派な映画で、女の人には面白くないのでは、と言っていました。
同じ映画を観ているのに面白いですね。
私的には、ふだんは奇妙な役ばかりやっているジョニー様が、
珍しく正当派の二枚目役で、堪能させていただきました。

HN ジョニ子




アバター

見た人は、誰もがきっと同じことを言うと思います。
「映像が綺麗~!3Dが凄~い!」って。
目の前に何かが急に飛び出てきたり、
空中に浮遊するモノが手で触れそうな感じの映像を「3D」だと思い込んでいたら、
大間違いでした。
アバターは「奥行き」なんです。
どこまでも続く「奥行き感」に、まるで自分も「その場にいるかのような錯覚へと導かれて、
3時間もの上映時間が、全然気になりません。
戦闘シーンも多いですが、家族で見るには分かりやすい安心なストーリー(笑)です。
まだ観てない方は、ぜひ大画面で「奥行き」を感じながら楽しんでください。

HN ダージリン




アバター

3Dで見たかったが、時間があわず2Dで。
3Dの映像ばかり注目されているが、環境破壊や民族問題、反戦などのメッセージを、
テンポよく、飽きさせずに見せてくれる、良質のエンタメ作品だと思う。
「ターミネーター4」で注目されたサム・ワーシントン、
「エイリアン」シリーズのシガニー・ウィーバーといった、
キャメロン監督と直接的・間接的にゆかりのある役者さんが出演していたのも嬉しかった。
今度は時間を作って、3D版も見てみたい。

HN ひろ




のだめカンタービレ 最終楽章 前編

大好きな「のだめカンタービレ」を見てきました。
ドラマで大ヒットし、一回りも二回りも大きくなって帰ってきた
のだめと千秋先輩にまた会えて、
劇場ではしょっぱなから涙腺がゆるみっぱなしでした。
今回の前編のストーリーでは、主に千秋のオケの話が主体なので
オーケストラの演奏がたくさん聴けて感無量。
めったに聴けないボロボレロや、洪水で流されちゃった魔法使いの弟子など
聴き所も満載ですよ(笑)
もちろんちゃんとした(?)演奏も大迫力の音響で
コンサートホールで聴いているような感じでした!
それにしても、ストーリーも結末も分かってはいるけれど
早く後編が見たい!!
4月の後編の公開が待ち遠しいです。

HN 真澄




それでは、12月のベストレビュー賞の発表です!
『アバター』の感想を送ってくださったダージリンさんに決定です!!

そうそう、最近の3D映像は奥行きなんですよね。
飛び出すのを覚悟していくとちょっと拍子抜けしちゃうかもしれないけど
ホントにあの臨場感は体験してみないとわからないかも~。
とくにこの『アバター』は映像がリアルで、
自分も青い人たち(ナヴィ)になって一緒に行動しているような感覚になりました。
まさに「驚異の映像」というキャッチコピーがぴったりの映像でしたね。
で、先に書いたようにストーリーもとっても素晴らしかったです。
さすが『タイタニック』のジェームズ・キャメロン監督ですね。
大作なんだけど、誰もが納得できるストーリー展開や、演出力はやっぱり違うなあ~と。

お家のテレビでは「驚異の映像」は観られないので
ぜひ劇場でご覧になってくださいね~。

ダージリンさんにはワーナー・マイカル・シネマズ港北ニュータウンで平日使える
ペアチケットをプレゼントいたします!

今回は残念だった方もただいま1月のベストレビュー賞の応募を受付中です!
またチャレンジしてみてくださいね。
お待ちしていま~す!

横浜・川崎&近隣エリアの情報ならビタミンママ

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://vitamincinemareview.blog93.fc2.com/tb.php/264-ce54170a

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。