スポンサーサイト 


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

横浜・川崎&近隣エリアの情報ならビタミンママ

『ハナミズキ』観ました♪ 


ゆずやっと夏休みが終わりますね。
学校が始まったらたくさん映画を観に行こうとワクワクしている ゆずです。
こんにちは。

同じように考えているママは多いのでは?
最近の子ども映画は大人が観ても楽しめるようになっているけれど、
やっぱり大人の映画も観たいですよね~。
先週末から大人向けの映画が次々公開されています。
その中から「ハナミズキ」を観て来ました。

ハナミズキ


STORY
海外で働く事を夢見る紗枝(新垣結衣)は、
幼い頃父を亡くし、北海道で母(薬師丸ひろ子)と2人暮らし。
2人が住む家の庭には、父が亡くなる前に紗枝と一緒に植えたハナミズキが大きく育っていた。
ハナミズキには、自分の代わりに娘紗枝を見守ってくれるよう父の思いがこめられてた・・・

高校生になり、夢を叶えるため東京の大学受験に向けて勉強を続けていた紗枝は、
電車の中で、漁師としての家業を継ぐため、水産高校に通う康平(生田斗真)と出会う。
お互いを思い合う中、紗枝の上京をきっかけに遠距離恋愛を始めるが、
家族を養うため故郷から離れられない康平と
都会で夢に向って進んでいく紗枝との間には次第に距離ができ
やがて2人は別れを選ぶことに・・・。


『恋空』『涙そうそう』のスタッフによる純愛映画。
実は『恋空』では、あまり映画の世界に入り込めなかった私ですが
『ハナミズキ』は始まって10分で映画に夢中になってしまいました。

高校生同士のもどかしい恋愛、
田舎の夜は早いから、都会暮らしの紗枝と電話もままならないシーン、
紗枝の夢を応援するためには、自分が身をひくしかなかった康平、
とにかくどのシーンも泣けるんです。

128分というのは恋愛映画にしては長い方だと思うのですが、
「長い」と感じさせないくらいエピソード満載の映画で
でも、決して詰め込み過ぎとかじゃなく、
一つひとつのシーンが切ないんです。

新垣結衣ちゃんも役にのめり込んじゃって、
電話での別れのシーンでは涙が止まらなくなって
暫くセットから出てこられなくなったんですって。

一青窈の「ハナミズキ」をモチーフにしたこの映画、
帰ってから「ハナミズキ」を聞き直したら
映画のシーンが浮かんできて、ボロボロ泣けてきました。

「ハナミズキ」の歌詞はこちらをクリック

主役は新垣結衣と言われているけれど
私は生田斗真君の健気さに何度も泣かされちゃいました。

生田斗真君に、こんな風に10年間思われ続けたぁ~~~い(笑)

この映画では、みんなそれぞれ思い続けていた人と結ばれるんです(^^)
だから“泣ける映画”なんだけれど、
その涙はとても温かい涙なんです。

夏休みが終わって、ほっと一息。
8月30日(月)のレディースデイには、
「ハナミズキ」で若い頃の自分の純愛を思い出してみませんか?


そうそう、
とにかく“泣ける”映画なので水分補給も忘れずに。
まだまだ暑い日が続きますからね。
映画で泣きすぎて水分不足のまま
猛暑の外に出て熱中症になっても困りますから(笑)
白桃ジュレ

私は大人気のフレーバーソーダの期間限定商品
白桃ピューレソーダを飲みながら「ハナミズキ」を鑑賞しました。
ほんのり甘い白桃の味が映画にベストマッチでしたよ。

横浜・川崎&近隣エリアの情報ならビタミンママ

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://vitamincinemareview.blog93.fc2.com/tb.php/315-c00e30b6

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。