スポンサーサイト 


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

横浜・川崎&近隣エリアの情報ならビタミンママ

『トロン:レガシー』観ました♪ 


ゆず今週の土曜日がもう元旦だなんて
信じられないゆずです。
こんにちは。

今年もたくさんの面白い映画がありましたね。
私は今年36本の映画を観ました(^^)
今年一番最初に観たのは「AVATAR」でした。
目の前に広がる3D映像に
映画もここまで進化したのか・・・と
新しい映画の世界を体験したと思った2010年元旦。

でも、映画の進化はそんなものじゃありませんでした。

先月から始まったULTIRA
再度「AVATAR」を観たら
目の前どころか
映像の中に入り込んでいるような体験をしてきました。

技術の進歩ってスゴイ!
ますます映画の世界が広がりそうです。

さて、その最新のULTIRA

トロン:レガシーを観て来ました。
トロン:レガシー


1982年に公開された『トロン』の続編です。

STORY
エンコム社のCEOとなったケヴィン・フリンが
ひとり息子のサムを残し謎の失踪を遂げてから20年。
27歳に成長したサムの元に、
父の友人アランがケヴィン・フリンからのメッセージが届いたポケベルを持ってきた。
手がかりを求めて父のオフィスを訪れたサムは、
起動していた物質電子変換装置によってコンピューター内部世界へと送り込まれてしまう。
そこはケヴィンが開発したプログラム、クルーによって支配された世界だった。


未来の3Dのキャッチコピーどおり
今まで体験したことのない映像でした。
高低差が凄いんです。

飛び出す3Dというのは想像つくと思いますが

落ちる3Dなんです。

そして、暗い画面に縦横無尽に延びるグリッドの青がきれい。
う~~~ん、今、街で輝いているイルミネーションのような美しさといったら伝わるかしら?

プログラムの世界なんて実際には入ることができないんだけど
絶対こんな美しい世界なんだろうなぁ~って思いました。
自分もプログラムになった気分になっちゃいます(^^;

音楽も良かったですよ。
4ウェイ立体音響から流れる
懐かしのダンスソング。

そう、ジャーニーのセパレイト・ウェイズが最高なんです♪

この曲聞いただけで涙が出ちゃいそうでしたよ(^^;

物語も説明するまでも無く面白かったです。
父と子のお話なんです。
母性ってドラマでよく描かれるけど
父性ってあまり描かれないですよね。
男の子のお父さんは、是非息子さんと一緒に観に行って欲しい映画です。
いや、お母さんも観て欲しいです!
父親の愛情表現というのが観られていいですよー。

年末年始、家族で観るのにオススメです。

あ、何度も書いていますが3Dメガネは有料になったので
ご自分の3Dメガネをご持参してくださいね。

3Dメガネがない人は100円で購入できます。
3Dメガネ

今なら、こんなステキなメガネケースももらえちゃいますよ。

横浜・川崎&近隣エリアの情報ならビタミンママ

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://vitamincinemareview.blog93.fc2.com/tb.php/343-ab12abca

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。