スポンサーサイト 


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

横浜・川崎&近隣エリアの情報ならビタミンママ

『ツレがうつになりまして。』観ました♪ 


かりんみなさん、こんにちは♪
かりんです。

宮崎あおい、堺雅人共演の『ツレがうつになりまして。』を観てきました!
この二人、08年のNHK大河ドラマ「篤姫」で夫婦役で共演しているので、
2度目の夫婦役になりますね。
さすが、息ピッタリ!のベストカップルでございました~♪

ツレがうつになりまして

STORY
生真面目なサラリーマンの夫・幹夫、通称ツレ(堺雅人)がある日突然、心因性うつ病と診断される。
仕事の激務とストレスが原因らしい。
結婚5年目にもなってツレの変化に気づかなかった妻・晴子、通称ハルさん(宮崎あおい)は、
自身を反省するが、うつ病の原因が会社にあるなら、会社を辞めれば治ると考え、
「会社を辞めないなら離婚する!」とツレに迫る。
退職したツレはゆっくりと体調を回復させていくが・・・


原作は、マンガ家細川貂々(ほそかわてんてん)のベストセラーエッセイコミック「ツレがうつになりまして。」(幻冬舎文庫)です。

私も読んだことがあるのですが、かわいいイラストとユーモアたっぷりの貂々さんの物言いがおかしくて、くすっと笑ってしまう場面がた~くさん。

ホントは笑えるような状況じゃないのにね。

そうかと思うと心に残るフレーズや夫婦の関係でジーンとしちゃったり。

映画も原作同様、扱っているテーマはとても重いのに、
それを感じさせないほんわかとした作りと役者さんたちの演技がすばらしかったです。
なにより、夫婦役の宮崎あおいちゃんと堺雅人の二人がと~っても自然でかわいい♪

うつ状態のひどいときに、カメフトン呼ばれているポーズ(?)がしょっちゅう出てくるのですが、
このシーンは必見ですよ~。
布団をかぶっているから堺さんの表情は見えないのに、
声や布団の動きで、「あ、今はきっと苦しい表情だろう」とか「きっと泣いているんだな」ってわかるんです。
それに対してハルさん役のあおいちゃんは、かる~く笑い飛ばしちゃうこともあって「ハルさんすごい~」と映画を観ててうなってしまいました。

ツレが少し元気になったときにペットショップでカメを買ってくるのですが、
「カメがカメ飼ってどうするの・・・」とつぶやいちゃったりね。

この映画はうつ病を題材にしている作品だけれど、普通の夫婦の成長を追ったラブストーリーでもあるんですね。

ラスト近くの教会での告白シーンは泣けますよ~。
既婚者の方はたぶん皆さんウルッとくると思います。
そういえばこんな時代もあったわね~。
すっかり忘れちゃってたけどってね(笑)

私が映画館で観たときも、
若い20代のカップルから60,70代のご夫婦とさまざまな年代の方が観に来られていました。
男女問わずどの年代の方が観てもおもしろい!と思える数少ない作品だと思います!

ぜひご夫婦一緒に劇場でご覧になってくださいね~♪

横浜・川崎&近隣エリアの情報ならビタミンママ

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://vitamincinemareview.blog93.fc2.com/tb.php/404-0c5124fd

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。