スポンサーサイト 


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

横浜・川崎&近隣エリアの情報ならビタミンママ

『麒麟の翼』観て来ました。 


かりんこう寒い日が続くと心までも冷えてしまいそうなので、
映画を観に行って心をほっこり温めませんか♪

さて、
かりんは、
東野圭吾作の加賀恭一郎シリーズ最高傑作の劇場版
「麒麟の翼」を観てきました。

麒麟の翼


STORY
腹部にナイフが刺さった状態で東京日本橋にある翼を持った麒麟像の下まで8分間も歩き続け、
息絶えた青木武明(中井貴一)。
瀕死の状態で麒麟像まで行かなければならなかった理由とは・・・。
警部補である主人公・加賀恭一郎(阿部寛)と従弟で警視庁捜査一課の松宮脩平(溝端淳平)が
複雑に絡み合った殺人事件の真相を暴いていく。
謎を解き明かしながらも事件で傷ついた人々すべてを救っていくので、
ミステリーとしてだけでなくヒューマンドラマとしても楽しめる作品。


どことなく息子に遠慮しながらも威厳を保とうと
苦悩する父親を見事に演じている中井貴一。
涙をそそられました。

冷静沈着に事件の謎を解いていく阿部ちゃん(阿部寛)は、
歩いている姿でさえ絵になり、
隙のない鋭い人間観察眼に、ホレボレ~

映画と同じように、日本橋七福神めぐりをしたことがある私は、
水天宮の「玉ひで」で行列に並んで親子丼を食べたっけ~などと
思い出しながら、物語にどっぷりはまってしまいました(^^;。

普段何気なく一緒にいる家族や友人。
どのような絆で結ばれているのかしらと
ふっと考えさせられた映画でした。

ところで、日本橋に翼の生えた麒麟像があることをご存知でしたか?
映画に触発されて、原点に戻りたいとき、何か背中を押してもらいたいとき、
私も麒麟像に行ってみようかな~と思いました!
大切な人と一緒に観て欲しい映画の一つです♡。

みなさんも映画の感想などぜひ送って下さいね。
ベストレビュー賞に選ばれると映画鑑賞のペアチケットがもらえます!
お待ちしていま~す♪

横浜・川崎&近隣エリアの情報ならビタミンママ

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://vitamincinemareview.blog93.fc2.com/tb.php/423-a0ca4e54

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。