スポンサーサイト 


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

横浜・川崎&近隣エリアの情報ならビタミンママ

『アーティスト』観ました♪ 


かりんかりんです。

今年度のアカデミー賞5部門(作品賞・監督賞・主演男優賞・衣装デザイン賞・作曲賞)を受賞した
『アーティスト』を観てきました~。
アカデミー賞受賞というだけでも観る価値十分なのに
この3D、CG全盛期の時代に、
サイレントにモノクロ映画なんて興味津々。
これは観るっきゃないですよね!

アーティスト


STORY
1927年、ハリウッド。
サイレント映画界の大スター、ジョージ・ヴァレンティン(ジャン・デュジャルダン)は
舞台挨拶で混雑する中、
新人女優のペピー・ミラー(ベレニス・ベジョ)と出会う。
ペピーはジョージのちょっとしたアドバイスをきっかけに少しずつ知名度があがっていく。
サイレントからトーキーに移行する中、スターへの階段を昇りはじめたペピーとは対照的に、
サイレント映画に固執するジョージは落ちぶれていく・・・


「サイレントだから退屈じゃ・・・」
「静かすぎて寝ちゃいそう」なんて心配は無用です!


サイレントでも音楽や効果音は流れているし
セリフもここぞ!というところで出てきます(字幕でですが)。
でも、なによりサイレントだからこそ
俳優さんたちの表情や動きからいろんなセリフを想像してしまうので
ものすご~く集中して見入ってしまいました。
いつも観ている映画よりもずっと真剣だったかも(笑)

しかも、映画の中でいろんなしかけがしてあるので
普段あんまり気にしたことのない「音」に対して
こんなに意識をしたのは初めての経験でした。

ネタバレになっちゃうけど
コップのシーンはすごいですよ!

監督はただ懐古的にサイレント映画を現代で作ったわけではないんですね。
そりゃあ、昔のままだったら昔の映画を上映したほうがいいに決まっています。
名作と呼ばれる映画はたくさんあるんだしね。

でもね、この『アーティスト』も名作と呼ばれること間違いなしです。
ペピー・ミラー役のベレニス・ベジョが
ハンガーにかかっているジョージの上着に袖を通すシーンは必見ですよ!!
これは「映画史に残るんじゃない?」というくらいの名場面です。
愛おしそうに袖を通す姿はとてもロマンチックで
胸がキューンとなりました(=^_^=)

そうそう、忘れちゃいけない名優がもうひとり(1匹)いました!
ジョージの愛犬役のジャックラッセルテリアのアギーです。
彼(彼女?)は1歳半で映画デビューを果たしているプロ中のプロ!
この作品で、“犬”版アカデミー賞と言われる第1回ゴールデン・カラー賞(金の首輪賞)で
最優秀俳優犬賞を受賞しました。
ただ残念ながらアギーは高齢のためこの『アーティスト』を最後に引退するそうです(涙)

アギーの名演技とサイレント映画の真骨頂。
ぜひ劇場でご覧になってくださいね♪

今ならリピーターさんにオトクなリピーター割引を実施中です!
2回目以降はご覧になった劇場で『アーティスト』の半券を提示すれば
1,000円で観られますよ~
あとからじわじわと感動がよみがえってくるので
半券は絶対に捨てないでくださいね!

アーティスト

横浜・川崎&近隣エリアの情報ならビタミンママ

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://vitamincinemareview.blog93.fc2.com/tb.php/428-c0069012

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。