スポンサーサイト 


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

横浜・川崎&近隣エリアの情報ならビタミンママ

『宇宙兄弟』観ました♪ 


かりんかりんです。

小栗旬、岡田将生共演の『宇宙兄弟』を観てきました!

2011年に講談社漫画賞&小学館漫画賞をW受賞という快挙を達成した小山宙哉の「宇宙兄弟」が原作。
現在、800万部を超える大ベストセラーをなっている人気マンガの実写映画です。

宇宙兄弟


STORY
宇宙に魅了され、毎日宇宙のことばかりを考えて星空を見つめ続けている兄弟がいた。
天然パーマの兄、南波六太(ムッタ)(小栗旬)とツンツンヘアの弟、日々人(ヒビト)(岡田将生)だ。
二人はある日、月に向かうUFOを目撃し「二人で一緒に宇宙へ行こう」と約束を交わす。
それから19年後、弟ヒビトは約束通り宇宙飛行士となり、
兄ムッタは会社をクビになり無職となっていた。
が、ヒビトからの電話をきっかけにムッタは再び宇宙を目指す決心をする・・・


宇宙飛行士になるという夢を描きながら
兄弟の絆を同時に描いているのがこの作品の魅力。

弟に先を越されたという劣等感や嫉妬心は同姓の兄弟がいる人なら
誰もが経験することじゃないのかな。
兄弟って家族だけどライバルなんですよね~。
そういえばスポーツ選手や有名人には下の子が多いですよね。
一番身近なライバル(兄、姉)を追いかけて、目標にしているから
まっすぐ夢に向かって突き進めるのかも。

そのへんの兄・ムッタの複雑な心境が随所に描かれているのですが
きわめつけはロケット打ち上げのシーン。

複雑な気持ちで打ち上げを見つめるムッタに
謎の老人が宇宙へかける人たちの熱い思いを語る場面が素晴らしかった!
この老人の一言で心の中のモヤモヤが取れて
ムッタは素直に「行け~~!!」とヒビトの打ち上げを見届けることができるんです。

この老人役の人、後でパンフレットを読んだら
アポロ11号の乗組員として月面に降り立った本物の宇宙飛行士
バズ・オルドリンだったんです!!

「このシーンの重要なセリフはぜひこの人で!」ということで
スタッフがダメ元でオファーした結果、脚本を読んだ本人から出演を快諾する返事がきたそう。
どおりで重みのあるセリフだったわ~(^^)

この本物の宇宙飛行士出演だけでなく、
ロケも実際のNASAケネディ宇宙センターで行われているんです。
(交渉には1年かかったそうです・・・)
JAXAの前面協力も得て完成された作品は当然のことながらリアリティーもあるし、
なにより迫力が違いました!

小栗クンも岡田クンもステキだったけど、
今回のもっとも重要な役どころは二人の子ども時代を演じた子役の子たち(中野澪、中島凱斗)だと思います。
だって、この子たちがイキイキとした兄弟を演じていなかったら、この作品自体成り立たないんだもん。
顔や表情もよく似ていたし、まったく違和感がなかったです。

バズ・オルドリンのセリフじゃないけど、
映画ってたくさんの人の夢や希望をのせてできているんだな~と実感。


今夢を追いかけている人も、昔夢を見ていた人も
ぜひぜひWMC港北ニュータウンでご覧になってくださいね!

横浜・川崎&近隣エリアの情報ならビタミンママ

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://vitamincinemareview.blog93.fc2.com/tb.php/437-450cb4f4

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。