スポンサーサイト 


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

横浜・川崎&近隣エリアの情報ならビタミンママ

『幸せのキセキ』観ました。 


いちごいちごです。

湿度80%以上、じめじめした梅雨シーズンこそ
快適空間のワーナーマイカルシネマズ港北へgo!
実話から生まれた感動の物語「幸せへのキセキ」を観てきました。

幸せのキセキ


STORY
妻を失い悲しみの渦中にいるベンジャミン(マット・デイモン)は、
新しい場所で新しい人生を始めようと、2人の子どもと共に郊外にある家を購入する。
しかし、そこには閉鎖中の動物園がついていた。
落ちぶれた動物園の再建を決意するも、慣れない事業にトラブル続きで、悪戦苦闘を強いられる毎日。
飼育員や地域の人々、そして亡き妻からの思いがけない贈り物に支えられ、夢に向かって突き進むベンジャミン。実話に基づいた奇跡の物語。


亡くなった最愛の人を愛し続け、
悲しみのどん底から立ち直っていく誠実なベンジャミンの姿は、
心を打たれます。
心が張り裂けそうなほどの悲しみを乗り越えるには、
やはり、愛の力♪なんですね。
そして、新しい道を切り開くのは、20秒の勇気さえあればできるそう。
ずっと目が潤んだ状態で、ストーリー展開を見守っていましたが、
ラストシーンは、溜まっていた涙が一気に流れ落ちました。

映画に出てくるローズムーア動物園は、
9カ月の歳月をかけ、ロサンゼルスに完成させた大セット。
ライオン、クマ、トラには、蹄のある動物を見せないなど、
細心の注意を払いつつ、園内では75種類の動物を飼育していたそうです。

この映画のモデルで、2007年に開園したダートムーア動物園(イギリス・デボン州)には、
200前後のさまざまな動物が生息しており、
園内ではピクニックもできるそう。
イギリスの新しい観光名所になりそうですね♡。

家族の大切さ、愛の深さ、人間の強さや優しさなど、
人をもっと愛したくなるようなとっても温かい気持ちになれる映画です。
ぜひご夫婦で観てほしいな。

そうそう、ちょっと耳寄り情報♪
試写会


7月12日(木)18:30からワーナーマイカルシネマズ港北で
「おおかみこどもの雨と雪」の試写会が行われます。
19歳の主人公・花の“おおかみおとこ”との出会いから、
結婚、出産、子育て、そして、二人の間に生まれた“おおかみこども”の
成長と自立までの13年間を描いている映画です。
7月1日(日)までに劇場内の備え付け応募箱へご応募くださいね。
抽選にて100組200名の方をご招待しま~す!

横浜・川崎&近隣エリアの情報ならビタミンママ

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://vitamincinemareview.blog93.fc2.com/tb.php/444-84d07c32

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。