スポンサーサイト 


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

横浜・川崎&近隣エリアの情報ならビタミンママ

『スノー・ホワイト』観て来ました。 


ゆずゆずです。
金曜の夜、ふらりとレイトショーを観て来ました。

子どもが大きくなり
夜ひとりの時間が増えたんです。
はじめての1人レイトショーでしたが
料金は1200円だし
そんな混雑していない
クセになりそうです(笑)

観てきたのは
戦うプリンセス

スノーホワイト

スノーホワイト


STORY
とある国の王女スノーホワイト(クリステン・スチュワート)は、雪のような美しい白い肌を持ち、
やさしい国王と王妃、民衆に愛され、豊かな国で幸せに暮らしていた。
しかしある王妃が亡くなってしまう。
大きなショックを受けた国王だったが、
戦争で捕虜になっていたラヴェンナ(シャーリーズ・セロン)に心を奪われ、
彼女を王妃として迎えることを決めた。
しかし結婚式の夜に、国王はラヴェンナによって殺されてしまい……。



誰もが知っている白雪姫の物語を
『アリス・イン・ワンダーランド』のスタッフが映画化。

私達が知っている白雪姫とは少し違って
現代風の戦うプリンセス。
イマドキの女の子で
ちょっと大胆なのです(^^)


そして童話では悪い魔女に描かれていたラヴェンナ。
なぜ彼女が魔女になってしまったのか
悲しい過去も描かれています。

レイトショーなので眠っちゃったらどうしよう・・・と心配していましたが
展開がスピーディーだし
映像がきれいで
全然眠くなりませんでした!!
逆に目が冴えて夜眠るのに苦労したくらい(笑)
翌日休みで良かった。


CGもリアルでした!

年老いたラヴェンナの顔が
みるみる皺たたるみが消え
肌のハリがピンと出てきて
美しい姿に戻るシーンなんて

思わず私も黒魔術に手を染めそうになりそうでしたよ(笑)

シャーリーズ・セロンが本当に美しかったです。
あれだけの美貌なら国王が心を奪われてもしょうがないなぁ~って思えるくらい。

結婚式の前、ラヴェンナがスノーホワイトにかけた言葉は嘘じゃない気がします。
彼女は幼くして類まれな美貌を持つスノーホワイトに
むかしの自分を見たのじゃないかしら。


悪い魔女なんだけど
なぜかラヴェンナに肩入れしてしまう私です。
年老いる恐怖をリアルに感じているから?(笑)


7人の小人も毒リンゴもキコリも出てきますが
王女様は肉食女子(笑)

現代版白雪姫は行動力あるのです(^^)

横浜・川崎&近隣エリアの情報ならビタミンママ

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://vitamincinemareview.blog93.fc2.com/tb.php/445-f4dc7363

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。