スポンサーサイト 


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

横浜・川崎&近隣エリアの情報ならビタミンママ

『踊る大捜査線 THE FINAL 新たなる希望』観ました♪ 


かりんかりんです。

ついにFINALを迎えることになった『踊る大捜査線 THE FINAL 新たなる希望』を観てきました~!

踊る大走査線 ファイナル


STORY
湾岸署管内で開催された国際環境エネルギーサミット会場で誘拐事件が起こり、
その後被害者が射殺体で発見される。
使用された拳銃は、警察が押収していた拳銃だった。
捜査を担当することになった湾岸署だったが、
青島(織田裕二)ら所轄の捜査員には一切の情報が開示されない異例の捜査方法が発表される。
そんな中、第2の殺人事件が起こり、
そして第3の事件、真下(ユースケ・サンタマリア)の息子が誘拐される・・・

今さら紹介しなくても皆さんご存知だとは思いますが
シリーズものなので今まであまり見たことがない~という方にでも
わかりやすいよう『踊る大捜査線』についてご紹介しますね。

今から15年前、フジテレビの連続ドラマとしてスタートした『踊る大捜査線』。
それまでの派手な事件ばかりを扱う刑事ドラマと比べ、
日常的な署内での出来事や、
警察組織の矛盾、
お役所的な側面をクローズアップしているのが特徴的でした。
そして必ずといっていいほど笑えるシーンが毎回あり、
今までの刑事ドラマの常識を覆したといっても過言ではありません。

このお笑い担当が、ご存知「スリーアミーゴス」(北村総一朗、小野武彦、斉藤暁)のお三方ですよね(笑)

今回の映画でも指導員の立場になったにもかかわらず出演して(しゃしゃり出て)おり、
しっかりと笑わせてくれています♪

とここまで書くと知らない人はコメディかと思うでしょ?
でもまったくそんなことはありません。
「踊る」の核には青島刑事と警察庁のキャリア室井慎次(柳葉敏郎)の約束があります。
警察組織の腐敗を正すために室井は出世し、青島は現場でがんばっていくという、まさに熱き男の友情(涙)

たぶんこれがずっとあるから「踊る」は皆さんから愛され、15年も続いたのではないかな~と思います。

で、今回の劇場映画4作目の『踊る大捜査線 THE FINAL 新たなる希望』。

FINALということもあり、久しぶりに青島と室井さんがタッグを組み、事件に向かいます。
電話越しに「青島!」「室井さん!!」と呼び合う姿を見て、思いのほか感動!
やっぱり「踊る」はこうでなくっちゃね~。

もちろん冒頭から笑いありで、「え~!」とびっくりするような展開だったり、
ビール隠しに、お弁当争奪戦だったりと、笑えるシーンがこれでもかと出てきます。
このへんの笑いとドラマの匙加減が絶妙なんですよね。

そしてラストはタイトルの通り、希望のある「踊る」らしいラストでした♪

映画を観終わった後、
15年間青島刑事とともに湾岸署内を盛り上げてくれたすべての人たちにお礼を言いたい気持ちになりました!

青島くんやすみれさん、湾岸署内の人たちに会うのもこれで最後ですよ~。
FINALはぜひWMC港北ニュータウンの大きなスクリーンでご覧になってくださいね!

おまけ
プログラムが、機密文書(笑)
踊る大走査線 ファイナル

横浜・川崎&近隣エリアの情報ならビタミンママ

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://vitamincinemareview.blog93.fc2.com/tb.php/456-23f6414e

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。