スポンサーサイト 


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

横浜・川崎&近隣エリアの情報ならビタミンママ

ノースポート・モール「港北シネマセレクション」開催 


キサラギ
©2007『キサラギ』フィルムパートナーズ

かりんこんにちは!かりんです。
主婦にとって一番忙しい夏休みが終わって、
やっと日常が戻ってきました。
家族のために働いた自分へのご褒美に、
ゆっくり映画を観るのはいかがですか?

ワーナー・マイカル・シネマズ港北ニュータウンでは、
芸術の秋にピッタリの作品、リクエストの多かった作品を強力ラインナップ!
見逃してしまった作品も「港北シネマセレクション」でチェック!

『クイーン』9/1(土)~9/14(金)
イギリス元皇太子妃ダイアナの事故死を、エリザベス女王の視点から描いた作
品です。
エリザベス女王を演じたヘレン・ミレンはアカデミー主演女優賞を受賞しました。
どこから見てもエリザベス女王のヘレン・ミレンの演技は必見です。

『ボルベール 帰郷』9/8(土)~9/21(金)
ペネロペ・クルス主演のスペイン映画です。ペネロペ・クルスはハリウッド映
画でも活躍していますが、ものすごくキレイな女優さんですよね。
女の私からみてもうっとりしてしまいます。
この映画では15歳の娘の母を演じています。
母として娘としてたくましく生きる女性讃歌の内容となっています。

『かもめ食堂』9/8(土)~9/21(金) (1000円)
主演の小林聡美が出演しているCMでもおなじみの「かもめ食堂」。
フィンランドを舞台に食堂に集まる人々の人間模様を描いています。
小林聡美、もたいまさことくれば、おもしろくないわけがありません。
「やっぱり猫が好き!」世代の私としては、
「かもめ食堂」と同じスタッフが結集した「めがね」もやっぱりはずせません(^-^)

『サッド・ヴァケイション』9/15(土)公開
「EUREKAユリイカ」で、第53回カンヌ国際映画賞において、国際批評家連盟賞
とエキュメニック賞をダブル受賞した青山真治の原作、脚本、監督作品です。
監督もさることながら、映画を中心に活躍している存在感あふれるキャストの豪華共演も見逃せません!
第64回ヴェネツィア国際映画祭オープンニング作品に決定した話題作です。


『天然コケッコー』
9/15(土)~9/28(金)
子どもの頃、夢中になって読んでいたくらもちふさこ作品の映画化です!
小中学生合わせても、たった6人しかいない分校に、東京から男の子が転校してきて物語は始まります。
主人公そよの初恋や何気ない日常を、ゆたかな自然の中でのびやかに描いています。
そよ役の夏帆と転校生の大沢役の岡田将生は期待の若手俳優です!

『キサラギ』9/22(土)~10/5(金)
自殺したグラビアアイドル《如月ミキ》の1周忌に集まった男5人。
小さな部屋でのおしゃべりで話がどんどん進んでいきます。
キャストは小栗旬、ユースケ・サンタマリア、小出恵介、ドランクドラゴンの塚地武雅、香川照之とひとくせもふたくせもある5人。
この顔ぶれを見ればその会話を聞かないわけにはいかないですよね。

『めがね』9/22(土)公開
「かもめ食堂」のスタッフが贈る脱力系ムービー(?)の第2弾。
今度は南の海辺を舞台に3人の女と2人の男がたそがれます。
何をするのでもなくただ日がな一日たそがれるだけ。
彼らと時間を共有することで、豊かな時間の使い方がわかるかもしれません。
5人全員がめがねをかけているのが笑えます(^-^)

『インランド・エンパイア』9/29(土)~10/12(金)  
待望のデイヴィッド・リンチ監督の最新作です。
デイヴィッド・リンチと言えば昔「ツインピークス」にハマっていました!
なつかしい!!
結局、内容は複雑すぎて理解できないところもあったけど、リンチ特有の色彩や、映像美などは強烈に覚えています。
2006年ベネチア映画祭栄誉金獅子賞受賞作品です。

『エディット・ピアフ~愛の賛歌~』9/29(土)公開     
日本では越路吹雪が歌った名曲「愛の讃歌」。
この歌の生みの親が世界の歌姫ディット・ピアフです。
彼女の波乱に満ちた47年の短い人生を綴ったのが本作品です。
本国フランスではわずか8週で動員500万人を突破。
フランス国民の約10人に1人に相当するそうです。

『北極のナヌー』10/6(土)公開     
温暖化の影響を受け、北極が約30年後にはなくなってしまう事実をご存知です
か?
これは北極で誕生した白くまのナヌーが、様々な苦難を乗り越えて、生きて
いこうとする姿を感動的に追ったドキュメンタリードラマです。
日本語版のナレーションをSMAPの稲垣吾郎が担当しています。

『スケッチ・オブ・フランク・ゲーリー』10/13(土)~10/26(金) 
フランク・ゲーリーとは誰ぞや?と思ったのは私だけでしょうか??
スペイン、ピルパオのゲッゲンハイム美術館、アメリカ、ロサンジェルスのディ
ズニー・コンサートホールなどを手掛けた近代建築の巨匠だそうです。
その彼の奇抜なアイディアがいったいどこから生まれるのだろうという謎を解いていくのが「愛と哀しみの果て」のシドニー・ポラックです。
芸術の秋にぴったりの作品ですね。

『魔笛』10/20(土)~11/2(金) 
モーツァルトのあまりにも有名なオペラを、イギリスの名優ケネス・ブラナー
が監督したオペラ映画です。
オペラはちょっと敷居が高いですが、映画なら私も観に行けます!
全22曲の「魔笛」の楽曲をあますことなく聴かせてくれる、魅力たっぷりの作品となっています。

「港北シネマセレクション」のラインナップいかがですか?
どれもこれも観たい作品ばかりですよね!
映画を観たあとは、ベストレビュー賞へのご応募もお待ちしております。

横浜・川崎&近隣エリアの情報ならビタミンママ

コメント

小栗旬くんかっこい〜


私も旬くんのサイトを作ってしまいました


もしよろしければ遊びに来てみてくださいね

動画も少し有りますよ

小栗旬くんだ〜い好きさん
コメントありがとうございます!

小栗君かっこいいですよね〜。
二枚目なのに三枚目的な役もできるし。
まさに「旬」の俳優さんですよね!

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://vitamincinemareview.blog93.fc2.com/tb.php/46-5b13a15b

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。