スポンサーサイト 


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

横浜・川崎&近隣エリアの情報ならビタミンママ

『天地明察』観ました。 


ゆずゆずです。

2012年は金環日食からはじまり
金星の日面通過、金星食と
珍しい天文現象がたくさん起こりました。

残念ながらお天気が悪くて、
観測にはあまり適していませんでしたが・・・

天体に振り回されていたのは
昔も今も変わらないようです。

江戸時代に星の動きを観察していた安井算哲と、その妻の物語『天地明察』を観て来ました。

天地明察


STORY
徳川家に碁打ちとして仕えていた安井算哲(岡田准一)は、
算術にたけ、なにより星を眺める事が好きだった。
ある日会津藩主の保科正之(松本幸四郎)の命を受け、
算哲は日本全国から北極星の高度を計り
その土地の緯度を計測する北極出地の旅に出ることになる。
旅から帰って来た算哲に次に課せられた使命は
最近ズレが生じてきている暦を正す事だった。
しかし暦を司っているのは帝であり
新しい暦を作るということは朝廷に背くことだった。


「おくりびと」の滝田洋二郎監督の作品。
800年以上日本で使われてきた中国の暦を
日本独特の暦にした実在の人物 安井算哲。
星を観察し、何度も計算を繰りかえして暦を作るという作業は
はっきりいって地味(^^;

それが
とても興味深い物語になっています。

研究者って地味なんですよねぇ~。
結果が出るまで何年も、何十年もかかるし。

諦めずに、何度も暦作りに挑戦する安井算哲の姿は
ぜひ、子どもにも観てもらいたいと
家に帰ってすぐ子どもに勧めました。

お父さんが観ても楽しめる映画だと思います。

そして、その安井算哲を支える奥さんがいいんです!
結婚まで何年も待たされ
結婚後は優しく見守りながらも
算哲が諦めようとすると厳しく叱咤し
また研究に向かわせる。

こんな奥さん欲しい!!(笑)


映画の中で重要な役割を果たしている
数学の問題を書いた「算額」。
算学の知恵比べをした江戸時代の娯楽です。
そのレベルはとても高く
1900年代のノーベル賞ものの問題もあるとか。
武士だけでなく商人や農民まで、
江戸時代は数学を楽しんでいたんですね。
この「算額」は世界でも類を見ない
日本独特の文化だそうですよ。

この貴重な「算額」
荏田の真福寺さんに現在見つかっている975面のうちの3面があるんですよ。
一般公開はしていませんが
4月10日の花まつり、8月17日は公開されるそうです。
それ以外の日でも10名以上で申し込むと
見せていただく事が可能だそうです。

お友達を誘って、算哲の気分を味わってみませんか?(^^)

真福寺
住所:横浜市青葉区荏田町432-8

横浜・川崎&近隣エリアの情報ならビタミンママ

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://vitamincinemareview.blog93.fc2.com/tb.php/460-6c1d2355

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。