スポンサーサイト 


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

横浜・川崎&近隣エリアの情報ならビタミンママ

10月のベストレビュー賞 


かりんかりんです。

いつもベストレビュー賞にご応募くださってありがとうございます!

街はクリスマスモードとなり、1年でもっともキレイな時期になりましたね♪
かりんはこの季節が大好き。
イルミネーションが華やぐ夕方に外出するだけで
ちょっと得した気分になりませんか~?!

ワーナー・マイカル・シネマズ港北ニュータウンのあるノースポート・モールも
とってもキレイなんですよ~。

映画を観たら外に出て、ぜひイルミネーションもご覧になってくださいね♪

さて、遅くなりましたが、皆さんから寄せられた10月の感想と
ベストレビュー賞の発表です!




新しい靴を買わなくちゃ

とにかく映像がキレイです。
ドキュメンタリー風の映像が岩井俊二監督の独特な空気感というか。
そしてパリに旅行したかのような気分にさせられます。
気になる内容は、大人のラブストーリー。
色々な痛みを抱えている2人がパリで出会ってしまった。
最終的に前向きに終われるところが好きです。
見終わってとてもスッキリとした気持ちになりました!

HN クリスタル




ツナグ

松坂桃李くんが好きなので見てきました。
死んだ人と生きている人間を仲介する使者‘ツナグ’の話だとは知っていました。
だから、泣く覚悟はしていったけど、

泣けた、

とにかく泣きました。

それぞれのエピソードが重く、深い。
この映画は死者と生きている人をただつなぐ物語ではないんですね。
松坂くんの祖母役の樹木希林の存在感が凄かったです。

HN SAKU




最強のふたり

‘上映時間が2時間じゃ足りない’って思える映画を久しぶりに観ました。
富豪フィリップと黒人青年ドリスの最強コンビの行く末をもっと見たかったです!
ドリスを通して、人間っていいなぁ~、と人の心の温かさを感じました。
彼みたいな青年がそばにいたら、きっと人生楽しく正しく導いてもらえそう(笑)。
実話だなんて、ステキ過ぎます♪

HN マルッチー




アルゴ

イラン革命でカナダ大使館に逃げこんだアメリカ大使館職員を、
映画の撮影と扮して救出する作戦を取るというまさに映画みたいな本当の話が元になっているそうです。
ストーリーだけでもおもしろいのに、
俳優のベン・アフレックが監督も兼ねているこの作品は、
緊迫するシーンあり、
でも、ちょっと笑えるシーンもありと、
緩急のある演出でとても素晴らしかったです。
ポスト、クリント・イーストウッドと呼ばれている理由がわかりました。

HN みどり




それでは10月のベストレビュー賞の発表です!
「新しい靴を買わなくちゃ」の感想を送ってくれたクリスタルさんに決定です!

かりんも観たけど、すご~く映像がキレイですよね。
さすが岩井俊二が撮影を担当しているだけのことはありますよね。
北川悦吏子の脚本や演出は好き嫌いがあるかもしれないけど
この映画はパリでの物語なので彼女に合っていたんじゃないかと思います。
パリだからこそおとぎ話風でよかったですよね♪

クリスタルさんにはワーナー・マイカル・シネマズ港北ニュータウンで平日に使える
無料鑑賞できるチケットをペアでお送りします。


映画を観たらまた感想を送ってくださいね~。

11月のベストレビューのご応募もまだまだ受付中です!
左のベストレビューのバナーをポチッと押して感想を送ってくださいね。

同時にTwitterからの応募も受付中です。
ハッシュタグ #motto_wmcNT をつけて映画の感想をつぶやくと、
毎月1名様にワーナー・マイカル・シネマズ港北ニュータウンで平日使える
無料鑑賞チケットをペアでプレゼントしています。

こちらの感想とダブルでTwitterからの応募も可能です。
たくさんつぶやいてペアチケットをGETしてくださいね。

みなさんからのたくさんのご応募お待ちしていま~す。

横浜・川崎&近隣エリアの情報ならビタミンママ

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://vitamincinemareview.blog93.fc2.com/tb.php/472-75c29bd2

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。