スポンサーサイト 


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

横浜・川崎&近隣エリアの情報ならビタミンママ

『砂漠でサーモン・フィッシング』観ました♪ 


かりんかりんです。


ユアン・マクレガー主演の『砂漠でサーモン・フィッシング』を観てきました~!

砂漠でサーモンフィッシング

『砂漠で鮭釣り』と不思議なタイトル名のこの作品。
またまた邦題がヘンなんじゃ~?と思ったら、タイトル通りの内容なので二度びっくり!

STORY
砂漠の国イエメンで鮭釣りがしたい!
と前代未聞な依頼を受けた水産学者のジョーンズ博士(ユアン・マクレガー)。
ムチャな依頼をしたのはイエメンの大富豪の代理人、コンサルタントのハリエット(エミリー・ブラント)だ。
そんなことは絶対に無理!と突っぱねるジョーンズだったが、
イギリス外務省後援の国家プロジェクトに発展し、しぶしぶ引き受けることに・・・


「スター・ウォーズ」シリーズのオビ・ワン=ケノービ役で、
一躍人気俳優になったユアン・マクレガーがちょっとさえない水産学者を演じています。

このさえない学者っぷりがとにかくいい!!

マジメに演じれば演じるほどコミカルに、
そしてユアンが演じているからこそキュートに見えるのよ~。(実はユアン様大好き。キャ~(〃∇〃))

鮭1万匹を放流するという一大プロジェクトを縦糸に、
コンサルタントのハリエットとの関係や、
イエメンの大富豪との友情が横糸となって物語が進んでいきます。

そこに首相広報担当官マクスウェルという強烈なキャラクターが加わって、
コメディじゃないんだけど、
なんだか笑ってしまうストーリーへと発展していき、
やっぱ映画はこうでなくっちゃね~というラストを迎えます。

一見、地味に見えるこの作品ですが、
監督には『ギルバート・グレイプ』や『ショコラ』など
ヒューマンドラマの傑作を生み出してきたラッセ・ハルストレム

脚本には『スラムドッグ$ミリオネア』でアカデミー賞脚色賞を受賞した
サイモン・ビューフォイが手掛けています。
これでおもしろくないわけないっつうの~!!
(つまり、おもしろいのですよ。ややこしいけど)


そして日本で絶賛公開中の今、朗報も届いたんですよ~。
アカデミー賞の前哨戦と言われている、
第70回ゴールデン・グロブ賞の主要3部門にノミネートされました!
ミュージカル・コメディ部門の作品賞、
主演男優賞にユアン・マクレガーが、
主演女優賞にエミリー・ブラントがそれぞれノミネートされたそうです!

うわ~♪これはアカデミー賞も期待が持てますね!

いい大人が無謀といわれたことにチャレンジしている姿は、
ばかばかしいと思いながらもきっと一緒になって応援してしまうはず!

ぜひ、この小さな感動をWMC港北ニュータウンの大きなスクリーンで確かめてくださいね!

横浜・川崎&近隣エリアの情報ならビタミンママ

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://vitamincinemareview.blog93.fc2.com/tb.php/474-d0f97e14

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。