スポンサーサイト 


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

横浜・川崎&近隣エリアの情報ならビタミンママ

『ホビット 思いがけない冒険』観ました♪ 


いちごクリスマスも終わり、いよいよ今年もあとわずかですね。
冬休みの計画は立てましたか?
いちごは、ずっと心待ちにしていた冒険ファンタジー
『ホビット 思いがけない冒険』を観てきました♪。

ホビット


STORY
「ロード・オブ・ザ・リング」の前章となる
J・R・R・トールキン著「ホビットの冒険」を映画化した3部作の第1部。
「ロード・オブ・ザ・リング」より60年前の中つ国(ミドル・アース)が舞台。
指輪の前所有者であるホビット族のビルボ・バギンズ(マーティン・フリーマン)は、
本に囲まれ平穏な生活を送っていた。
ところがある日、魔法使いのガンダルフ(イアン・マッケラン)から思わぬ旅の誘いを受ける。
戦士トーリン・オーケンシールド(リチャード・アーミティッジ)が率いる13人のドワーフとともに、
ドラゴンに支配されたエレボールのドワーフ王国を奪い返すために、
冒険の旅へ出ることになったのだった。
最初の目的地は“はなれ山”。
ワーグ、オークといった怪物や魔術師がひしめく危険が待ち受ける荒野を進んでいくビルボたち。
やがて旅の途中でゴラムと出会ったビルボは、
中つ国の運命と深く結びついた、世界を支配するというあの“指輪”を手に入れたのだった。


「ホビットの冒険」は、オックスフォード大学の古英語学者であるトールキンが、
子ども向けに書いたファンタジー。

とにかく、本当にスゴかった!!

何がスゴイって?
アクションのスピード感といい、キレといい、こんな映画見たことない!って思えるほど、
これまでに体験したことのない臨場感が味わえるんです。

手に汗握り、クライマックスの先に更なるクライマックスが待っているような
瞬きするのももったいないくらいのシーンばかりです。

滝に囲まれた「裂け谷」。
そこに暮らすエルフなど12年前に登場した
LOTR(「ロード・オブ・ザ・リング」)の世界はそのままなのに、
LOTR3部作のピーター・ジャクソン監督が駆使したという
“ハイフレームレート3D”で映し出させているから、
なぜか別次元に感じます。

現在、世界中の映画館で標準とされているのは毎秒24フレーム(映写機が1秒に映写するイメージの数)ですが、この「ホビット」は、2倍の48フレームで撮影や映写をしているそう。

なので、肉眼で実際に見る光景をより忠実に再現できるんですって!!。

是非、この画期的な技術革新で、映画の世界に入り込んだかのような“新しい映画体験”をお楽しみ下さい!!

前のめりになって映画世界の冒険に引き込まれますよ~!!

また、LOTRでおなじみのキャストも再登場していますよ~!
ガンダルフ役のイアン・マッケラン、ゴラム役のアンディ・サーキス、
フロド役のイライジャ・ウッド、ケイト・ブランシェット扮するガラドリエル・・・。
スクリーンを見ながら、懐かしさの余り、
「お~」「わぁ~」と思わず歓声を挙げた方もいらっしゃいました!
いちごも、もちろん例にもれず・・・(笑)。

きっと、この「ホビット」を観終わった後は、LOTR三部作をもう一度観たくなりますよ。

今回、若きビルボを演じるのは、英国の新鋭マーティン・フリーマン。
旅を続けるうちに心の奥底にある冒険心と本人も気付かない勇気を持つビルボ役を見事に演じています。

そしてまた、LOTRでの優秀な弓の名人、レゴラスのような美男子が、
この「ホビット」でも登場します!
13人の旅の仲間のリーダー、トーリンの甥、フィーリとキーリ兄弟で~す!!
格好イイですよ

個性派ぞろいの旅の仲間の行く末と指輪がどのようにビルボのものになったのかが描かれている
次作「ホビット スマウグの荒し場」、第3部「ホビット ゆきて帰りし物語」も早く観たい!
待ちきれないですね~。

今年も1年間、ブログを読んで下さりありがとうございました。
2013年が、皆様にとって、ステキな年となりますように・・・。

横浜・川崎&近隣エリアの情報ならビタミンママ

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://vitamincinemareview.blog93.fc2.com/tb.php/477-c33d88a9

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。