スポンサーサイト 


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

横浜・川崎&近隣エリアの情報ならビタミンママ

1月のベストレビュー賞 


かりんかりんです。

いつもベストレビュー賞にご応募くださってありがとうございます!

さてさて、映画ファンが待ちに待った第85回アカデミー賞が発表されましたね~。
今年度はものすごい混戦で主要部門はすべて違う作品からの受賞でした。
でも、一つの作品が独占してしまう結果よりいいですよね♪

個人的にはアン・ハサウェイが助演女優賞を取れてとっても嬉しいです♪
『レ・ミゼラブル』のアンの歌と演技で、
魂が震えるほどの感動をして大号泣だったんです。
だから我がことのように嬉しい!

作品賞を受賞した『アルゴ』は映画のような実話を元にしたストーリーで、
俳優のベン・アフレックが監督・主演した作品です。
地味な作品だったけど、
アカデミー賞の前哨戦といわれるゴールデングローブ賞の作品賞(ドラマ部門)と
監督賞で受賞しているいわば大本命の作品だったのです。

でも、アカデミー賞では監督賞のほうにノミネートされず「なんで?」でした。
ま、作品賞を取れたので結果オーライなのかもしれませんが。
ちなみに監督賞にノミネートされず作品賞を受賞したのは
1990年の『ドライビング Miss デイジー』以来だそうです。
85回の歴史の中でも4回目だそうで、如何に珍しいことなのかがよくわかりますね。

と、まだまだ語りつくせませんが、長くなるのでこのへんで(笑)



お待たせしました!
みなさんから送っていただいた感想と1月のベストレビュー賞の発表です!





レ・ミゼラブル

舞台版を観たことがあるのですが、舞台版では生の歌と迫力で圧倒され、
ストーリーの感動は二の次でしたが、
映画ではキャストの歌にとにかく感動しっぱなしの2時間半でした。
舞台版と構成がほとんど同じだったせいかもしれないけど、
両方観てさらに「レ・ミゼラブル」が大好きになりました!

HN ミュージカル大好き




劇場版 HUNTER×HUNTER 緋色の幻影

前からずっと観たかった映画で、すごく楽しみにしていました。
期待通りの内容で、0巻も貰えて良かったです。
中でも私が好きなのはクラピカです。
映画ではクラピカは病衣姿でもかっこよくって、
子どもの時もすっごくかわいくって、
今までより何倍も好きになりました!
本編ではあまり触れられていなかったクラピカの過去、感動しました!!

HN クラピカ




テッド

予告編を見てから絶対に見に行こうと決めていました。
R15+というのももちろん知っていました(笑)
思っていた以上に下品だったけど、それもテッドがかわいいから許しちゃう♪
ラスト近くのシーンでは思わずほろりとしてしまいました。

HN クマモン




ストロベリーナイト

気分転換にフラ~っと一人で映画を観に行きました。
才色兼備の女刑事・姫川玲子(竹内結子)が男社会の中で懸命に生きていく姿は
同じ女性としてスカッとしました!
警視庁捜査一課、姫川班の団結力、
そして、落ちてはならない暴力団幹部の牧田薫(大沢たかお)との恋、
全編雨のシーン・・・、
とにかくどんどん惹きこまれていきました♪
ドラマをみていなくても楽しめます♪。

HN 雨女たかぴー




それでは1月のベストレビュー賞の発表です!
「劇場版 HUNTER×HUNTER 緋色の幻影」の感想を送ってくださったクラピカさんに決定です!

クラピカさんには
ワーナー・マイカル・シネマズ 港北ニュータウンで
平日に使える無料鑑賞チケットをペアでお送りします。
チケットを使って映画を観たらまた感想送ってくださいね~。

2月の感想もただいま募集中です!

同時にTwitterベストレビュー賞も募集しています!
ハッシュタグ #motto_wmcNT をつけて映画の感想をつぶやくと、
毎月1名様にワーナー・マイカル・シネマズ港北ニュータウンで
平日使える無料鑑賞チケットをペアでプレゼントしています。
たくさんつぶやいてペアチケットをGETしちゃいましょう~。


みなさんからのたくさんのご応募お待ちしていま~す!

横浜・川崎&近隣エリアの情報ならビタミンママ

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://vitamincinemareview.blog93.fc2.com/tb.php/493-4cd1e40d

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。