スポンサーサイト 


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

横浜・川崎&近隣エリアの情報ならビタミンママ

『リアル~完全なる首長竜の日』観ました♪ 


かりんかりんです。



綾瀬はるか・佐藤健主演の映画『リアル~完全なる首長竜の日~』を観てきました~!


リアル

STORY
自殺未遂が原因で1年も眠り続ける幼なじみでもある恋人・淳美(綾瀬はるか)を目覚めさせるため、
浩市(佐藤健)は昏睡状態の患者と意思の疎通ができるセンシングという最新医療を受けることにする。
センシングを繰り返し、何度も淳美の潜在意識と接触するうちに浩市は奇妙な幻覚を見るようになる。
そんな浩市に淳美は「子どもの頃に描いた首長竜の絵を探してきてほしい」と頼み、
浩市は二人が出会った島へ絵を探しに行く・・・


こんな映画今まで観たことない~!!

あらすじをざっと紹介したけど、これはほんの序章。
ここに書ききれないストーリーが、
これでもかってくらい展開していきます!

映画を観ているときは
なんか不思議な感覚というか
違和感があちこちに感じられ
そして時折出てくるホラーばりのシーンにギクッとして
終始ドキドキしっぱなしでした。

中盤~ラストまで観ると
「あそこのシーンにはあんな意味があったんだ」とか
「だから●●なんだ」と
いろいろなことが腑に落ちてきて
観終わった後
「もう一回最初から観てみたい」と思うはずです!

主演の綾瀬はるか・佐藤健は透明感のある稀有な存在の俳優さん。
この二人を起用したのがある意味嘘っぽくて(?)よかったんじゃないかな~と思います。
だって、二人ともキレイすぎてあんまり生活感というか
リアルさが感じられないんだもん(笑)
フワフワしてて、つかみどころがないような感じというのかな。
買い物行ったり、ゴミ出しとかしているの~?みたいな(笑)

それがセンシングのシーンなどに活かされていて
私が思った違和感に通じているんじゃないかな~と思いました。
で、ここにさらに生活感のない女優(笑)中谷美紀が担当医師として加わっていることによって
「どこからどこまでがリアルなんだろう」、
「実は全部実体がないんじゃないか?」
な~んてさらにいろいろ考えてしまいました。

この不思議な作品を監督したのは
『CUREキュア』、『トウキョウソナタ』などで国際的な評価を受けている黒沢清監督。
「世界のクロサワ」は二人いらっしゃるということなんですね!
ちなみにあの黒澤明監督とは血縁関係はないそうですよ(^^)

実はホラー映画が大の苦手なかりんは
黒沢監督の映画は今まで観たことがありませんでした。
今回も序盤に出てきたのでどうなることかと思いましたが(^^;
一言では言い表せないしかけというか伏線が幾重にも張り巡らされていて
奥が深い難しい作品だな~と思いました。

でも、それをエンターテイメント作品として見せちゃうのがさすがですよね!
ちょっと勇気を出して黒沢監督の他の作品も観てみようっと。

黒沢ワールド全開の『リアル~完全なる首長竜の日~』は
ぜひワーナー・マイカル・シネマズ港北ニュータウンの大きなスクリーンで
ハラハラドキドキしてご覧になってくださいね(^ ^)/

横浜・川崎&近隣エリアの情報ならビタミンママ

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://vitamincinemareview.blog93.fc2.com/tb.php/519-c29d3209

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。