スポンサーサイト 


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

横浜・川崎&近隣エリアの情報ならビタミンママ

『少年H』見ました♪ 


かりんかりんです。

水谷豊、伊藤蘭の夫婦共演で話題のhttp://www.aeoncinema.com/cinema2/all/movie/344301/index.htmlを観てきました!

少年H


STORY
昭和16年春。神戸の街で洋服の仕立屋を営む父・妹尾盛夫(水谷豊)と
クリスチャンの母・敏子(伊藤蘭)のもとで、好奇心旺盛に育つ肇(吉岡竜輝)は小学5年生。
胸に大きく「H」と刺繍されているセーターを着ていることから友達からエッチと呼ばれていた。
太平洋戦争が始まり、Hのまわりでも徐々に不穏な空気が漂うようになっていく。
軍事統制も厳しさを増し、自由に発言ができないことに対し、
「おかしい」「なんで?」と口にするHに父・盛夫は、
自分の考えを時には口にせず心にしまっておくことも大事だと諭すのだった。
やがて、父・盛夫に対するスパイ容疑、中学での軍事教練、妹・好子の疎開など、
戦況はますます悪化していく・・・


「少年H」は1997年に妹尾河童の自伝的長編小説として刊行され、
ユーモアあふれる文体とエピソードでまたたく間にベストセラーとなり、
刊行から15年以上たった今でも幅広い世代に読み継がれている不朽の名作です。
でも、なぜ15年以上経って今さら映画化を?と気になりますよね?

実は映画化のオファーは以前からいくつかあったそうなんです。
ただ、作者の妹尾河童さん自身、舞台芸術のお仕事をしているいわばプロ中のプロ。
企画書に「壮大なスケールで描く」と書かれていても具体的に書いていないと信用できないし、
「あの時代を描く」のは不可能だと思ったからなんだそうです。

ところが今回の企画書を送った人間はそこであきらめなかった(笑)
粘り強く交渉にあたり、
「戦時中であるにもかかわらず、自分の考えをしっかり持って家族を導いたこの父親の生き方は指針になります。先行き不安な今の時代こそ、映画化するべき作品です!」と力説したそうです。

そう、このプロデューサーの言うようにHの父・盛夫がとにかく素晴らしい人なのです。
戦争中で誰もが状況がよくわからずに、周りに流されて生きていた時代なのに、
自分の考えをしっかりと持って、
それを息子や家族に伝えていた盛夫はたしかに今の時代にも指針となる人です。

劇中で「新聞やラジオが正しいことを言っているとは限らないよ」とHを諭すシーンがあります。
う~ん、まさに今でもそのまんま通用するセリフです。
他にもぐぐっとくるお父さんのセリフはたくさんありましたが、それはご自身でお確かめくださいね。

で、このお父さんを演じているのが『相棒』でおなじみの水谷豊。
見るからに仕立屋職人という風情で柔和な感じがとても素敵です。
原作者からも水谷豊が実際のお父さんにも似ているということから、すぐにOKサインがもらえたそう。
そして、クリスチャンで厳格な母・敏子役は原作者の河童さんと水谷豊から直々にオファーを受けた伊藤蘭。
実際の夫婦である水谷豊・伊藤蘭の結婚後初共演でも話題でしたよね。

二人の自然な演技はもちろん、子役のH役の吉岡竜輝くん、
妹役の花田優里音ちゃんとの家族4人のシーンでは本当の家族みたいで、
映像に映っていない普段の生活の様子が想像できるくらいでした。

キャスティングは素晴らしいけど、
原作者が注文を出した「あの時代を描く」のはどうだったのよ?と気になりますよね~。

もうこれも文句なしです!
といっても私は戦争中を知らないから断言できないけど、
舞台芸術のプロの原作者が言うんだから間違いありません!!

とくに今回はロケやセットにこだわり、河童さんが暮らした神戸の街並みを再現したそうです。
パンフレットには河童さんが描いたたくさんのスケッチが掲載されていますが、
そのまんまセットで再現されているのにびっくり!
これは原作者冥利につきるんではないでしょうかね~。

圧巻だったのが空襲で焼け野原になるシーン。
これは実際のセットを燃やして作り出したとのこと。
CGでは伝わらないリアル感がそこにはありました。

戦争を題材にしている作品だけれど、
戦争を描いた作品ではなく、その時代を生き抜いた普通の家族の物語です。
そして先行きが不安な今だからこその作品だと思います。

残り少ない夏休みの思い出にぜひご家族でご覧になってくださいね。

横浜・川崎&近隣エリアの情報ならビタミンママ

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://vitamincinemareview.blog93.fc2.com/tb.php/537-319b80f1

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。