スポンサーサイト 


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

横浜・川崎&近隣エリアの情報ならビタミンママ

『ダイアナ』観ました♪ 


かりんかりんです。


世界中の人々から愛されたプリンセス、
元イギリス皇太子妃ダイアナを描いた『ダイアナ』を観てきました!

ダイアナ

STORY
1995年、ダイアナ(ナオミ・ワッツ)は夫チャールズ皇太子と別居して3年が経とうとしていたが、
公務の仕事は以前と変わらずあり、
常に華やかなスポットライトを浴び、
一挙一動がマスコミの注目を集めていた。

そんなある日、治療師で親友でもあるウーナの夫が倒れたと聞き、
ケンジントン病院へ駆けつけたダイアナは、
担当医である心臓外科医のハスナット・カーン(ナヴィーン・アンドリュース)に出会う。
ダイアナは自分を特別扱いにしないハスナットに惹かれていく・・・


あまりにも有名な女性ダイアナですが、
本当の姿を知っていたのは限られたほんの数名だったのだろうと思います。

夫チャールズの裏切りや最愛の息子達と引き離されてもなお、
華やかなスポットライトを浴び続けていたダイアナの深い孤独があまりにも悲しく、
同じ女性としてとてもつらかったです。


そして、傷ついた彼女の心を癒したのが自分を一人の女性として扱ってくれる男性ハスナット。
彼女が離婚に踏み切ったのも彼の支えがあったからなんだと思います。

そう、この『ダイアナ』は元皇太子妃としてのダイアナを描いているのではなく、
一人の女性が傷つき悩みながら自立していく姿を描いているのです。

だからこそ観ている私たちは彼女に共感し、彼女の孤独を自分のことのように感じるのです。

私が思わず涙してしまったシーンなんですが、
ハスナットと喧嘩したときのダイアナの言葉がとてもせつなかったのです。

「私の人生は最初からドラマチックなのよ。
愛してる? 世界50億の人間が言える台詞だわ。
その中の誰がそばにいてくれるの?」


ダイアナを演じたのは『インポッシブル』などの演技派女優ナオミ・ワッツ。
顔は決してダイアナに似ていないのに、ダイアナのしぐさや表情が瓜二つでびっくり!
でも、そこはあんまり重要じゃないかも。
だって、いくら似ていても演技者としても実力がなかったらただのものまねになってしまうものね。

ナオミ・ワッツの演じるダイアナはとてもチャーミングで魅力的でした。
ケンジントン宮殿に一人でいるときの寂しげな表情、
大勢のマスコミの前にいるときの凛とした表情、
さらにハスナットと一緒にいるときの愛らしい表情はまったく違うものでした。
ハスナットと一緒にいるときの表情は恋する少女のままでした♪


ダイアナの最期はみなさんご存知の通りですが、
その裏にこんな秘められた恋愛があったことに驚きました。
亡くなる直前まで彼女は愛する人からの電話を待ち、愛を求めていたのです。

結局ダイアナは自らが望んだ通り人々の「心の王妃」にはなれたけど、
一人の女性としては孤独から開放されることはなかったのですね(涙)

誰もがハッピーになれる映画ではないけれど
この映画はたくさんの女性の方に観ていただきたいです!
友人同士や、母娘でぜひぜひご覧になってくださいね。

イオンシネマ港北ニュータウンでお待ちしています~!!

横浜・川崎&近隣エリアの情報ならビタミンママ

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://vitamincinemareview.blog93.fc2.com/tb.php/553-9f9a57e8

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。