スポンサーサイト 


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

横浜・川崎&近隣エリアの情報ならビタミンママ

『武士の献立』観ました♪ 


いちごこんにちは♪いちごです。

寒くなりましたね~。
今回ご紹介するのは『武士の献立』。
“心のこもったお料理は人の心も変える
”豪華なお料理尽くしの心温まる映画です♪

武士の献立


STORY
春(上戸彩)は人並み外れた料理の才能と味覚を持っていたが、
気の強さが仇となり、たった1年で婚家から離縁を言い渡される。
加賀藩で料理方を務める舟木伝内(西田敏行)に料理の腕を見込まれた春は、
彼のたっての願いで伝内の息子安信(高良健吾)のもとへ嫁ぐことに。
だが、代々藩に仕える由緒ある包丁侍の家に生まれたその跡取り息子は、
剣の腕は立つものの包丁さばきはさっぱり……。
春は姑の満(余貴美子)の力を借りながらも必死に夫の料理指南を始める。
二人はぶつかり合いながらも次第に心を通わせ、夫婦愛と家族の絆を深めていく。
加賀藩に実際に存在した料理担当武士・舟木伝内と息子が残したレシピ集
「料理無言抄(りょうりむごんしょう)」を題材に
江戸時代当時の台所事情に迫る!!


世界無形文化遺産の登録に決定した日本食。

これから熱い注目を浴びること間違いない日本食を、
さらに盛り上げる映画ですよ~♪。

昔は、鶴も珍重されていたとか・・・びっくり!
神事である包丁式など、
見応えたっぷりです♪

諸国大名をもてなす豪勢な「饗応(きょうおう)料理」
まさに、武家のお・も・て・な・し。

一の膳から始まり、七の膳まで、
藩の威信をかけ、男たちが厨房で作り出す料理の品々は、
本当に素晴らし過ぎました!!

新鮮な海の幸や山の幸を贅沢に使ったお料理の数々が
スクリーンいっぱいに広がります!

殿様の毎日の食卓を預かる城の台所では、
剣を持たない包丁侍たちの「武士道」も見え隠れ。

韓流ドラマの「宮廷女官チャングムの誓」の男性版のようで、
活気に満ちたたすき姿の男たちは忙しく駆け回り、
格好良かったです。

また、包丁比べをして夫を負かすことで、
夫のやる気に火をつけた春。
料理の基本を徹底的に教える春の情熱にも感心しました。
そんな夫婦愛、ステキですね~。

「加賀百万石」として江戸時代にきらびやかな文化が生まれた加賀。
劇中、使用した陶器は、殆どが九谷焼だそうで、
漆器や加賀友禅など、
さまざまな加賀の伝統工芸が細部にまで溢れているので、
とっても華やかです。

安信にヒントを与えることになった「治部煮」と
春が母代りに慕っていたお貞の方へ渡した「ゆべし」などなど、
食べてみた~い!!

ロケ地であった石川へ、美味しい物を食べに行きたくなりました♪

冬休み、ぜひ、ご家族やご夫婦で見て欲しい映画の1つです♪

最後になりましたが、
今年も1年間、ブログを読んで下さり、ありがとうございました。
2014年が、皆さまにとって素敵な年となりますように・・・。

横浜・川崎&近隣エリアの情報ならビタミンママ

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://vitamincinemareview.blog93.fc2.com/tb.php/570-ae86a732

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。