スポンサーサイト 


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

横浜・川崎&近隣エリアの情報ならビタミンママ

『エージェント:ライアン』観ました♪ 


かりんかりんです。

「レッド・オクトーバーを追え」などで知られる、トム・クランシーの伝説的キャラクター「ジャック・ライアン」が新たなシリーズの主人公としてスクリーンに帰ってきました!

エージェント:ライアン

エージェント:ライアン

STORY
ウォール街にある投資銀行のコンプライアンスと経済テロ阻止を目的としたCIA情報分析班のアナリストという、二つの顔を持つジャック・ライアン(クリス・パイン)。ある日、モスクワの投資会社チェレヴィン・グループの不審な動きをキャッチし、上官ハーパー(ケヴィン・コスナー)にエージェントの現地派遣を要請する。しかし、彼から返ってきたのはライアン自身による調査命令だった。チェレヴィン・グループへの監査を装ってモスクワへと飛んだライアンだが、そんな彼に同グループの警護員が襲い掛かってくる。(イオンシネマ作品案内より)



007シリーズやボーンシリーズに負けないくらいおもしろかったです~!

特に今作品は、大学生だったジャックが軍人になり、怪我を負った病院でいずれCIAの上官になるハーパーにスカウトされるところから始まっているので、エージェント:ジャック・ライアン誕生の瞬間に立ち会えるのです!

最初のミッションも、情報分析官として行ったつもりなのに、いきなり命を狙われ、無我夢中で闘っているうちに敵を殺してしまい、罪の意識に苛まれるという、今までのスパイものには見られない人としてのリアルな感情表現がとてもよかったです。

最初こそ戸惑っているジャックでしたが、婚約者のキャシー(キーラ・ナイトレイ)までもが巻き込まれ、俄然実力を発揮していく中盤~後半は、ハラハラドキドキの連続でした。

ジェームズ・ボンドほどスマートでもなく、かといってジェイソン・ボーンほど超人的な強さもない、いたって普通の若きジャック・ライアンが成長していく姿に目が離せませんよ~

このジャック・ライアンを演じているクリス・パインがとてもよかったです♪
『スター・トレック』シリーズで、若きカーク船長を演じた記憶が新しいですが、彼はキャラクターを再構築していくのがとても上手ですね。
カーク船長もジャック・ライアンもまったく違うキャラクターですが、どちらもとても魅力的な人物になっていますもん。
「ジャック・ライアン」もスター・トレック同様、シリーズ化されるといいな~。
もっともっと成長したエージェント:ライアンに会いたいです♪


そうそう、字幕監修をあの池上彰さんが担当しています。
そのせいか、難しい経済用語なんかもわかりやすくなっていましたよ。
もとのセリフにあるのかもしれないけど、「バカにもわかるように説明してくれ」なんて上官役のケヴィン・コスナーがしゃべっていてつい笑ってしまいました。


ハイテクな道具や、ド派手なアクションシーンはないけど、やっぱりスパイ映画は映画館の大きいスクリーン&大音量で観たほうが何倍も、何十倍もおもしろいです!
ぜひぜひイオンシネマ港北ニュータウンでご覧になってくださいね。

横浜・川崎&近隣エリアの情報ならビタミンママ

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://vitamincinemareview.blog93.fc2.com/tb.php/583-18212b25

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。