スポンサーサイト 


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

横浜・川崎&近隣エリアの情報ならビタミンママ

蝶かっこいい~!蝶しびれるぅ~!『土竜(モグラ)の唄 潜入捜査官 REIJI』は蝶おもしろいよ! 


ゆずゆず です。

もうすぐ春!春になると蝶々も飛びはじめますね。
ひと足お先に映画で華麗な蝶を観てきました♪


土竜(モグラ)の唄 潜入捜査官 REIJI

土竜(モグラ)の唄 潜入捜査官 REIJI

STORY
スケベだけど正義感が強い菊川玲二(生田斗真)巡査は、警察署きっての問題児。万引きした女の子を強請って猥褻な行為をしていたスーパーの店長に拳銃をつきつけたため、警察をクビになってしまう。しかし、実は関東一の広域暴力団・数寄矢会の轟周宝(岩城滉一)を逮捕するため、モグラこと潜入捜査官になれという命令だった。偶然にも傘下の阿湖義組若頭・日浦匡也(堤真一)と親交を深めた玲二は、轟の麻薬の売買をしている証拠を見つけるため数寄矢会に近づいていく。


生田斗真が素っ裸で股間にチラシを貼り付け、車の前にくくりつけられて走っている映画の宣伝を一度は見たと思います。映画の宣伝って物語の中盤か、クライマックスに近い、映画が盛り上がっている場面が使われると思ってました。

まさか生田斗真が素っ裸で股間にチラシを貼り付け、車の前にくくりつけられて走っているシーン(大事なことなので2度言います)から映画が始まるなんて思いませんでしたよ。

思わず飲んでいたコーヒー吹き出しました。

えぇ、まさか生田斗真の股間から映画が始まるなんて・・・。(3回目)

股間、股間とうるさいですが(^^;のっけからアレですから、とにかく映画は爆笑!爆笑!!またまた爆笑!!!で、もう、この映画どこに着地しようとしているの?って心配になっちゃうくらいハチャメチャです(笑)

原作は漫画なんですよね。それに脚本が宮藤官九郎で監督が三池崇史ですから、もう荒唐無稽で5分に1回はゲラゲラ笑えます。

土竜(モグラ)の唄 潜入捜査官 REIJI
遠藤憲一、吹越満、皆川猿時のトリオが歌う「土竜の唄」も、こんな歌にここまで力いれなくても・・・・と。遊び心満載です。

そして、蝶かっこいいのは・・・・堤真一!!

主役は生田斗真だと思うのですが、後半はもう堤真一のワンマンショー(笑)

土竜の唄


最初は冴えない、すぐに消えちゃう蝶オタクのヤクザだと思っていたのに、漢が惚れる漢でしたよ。
この写真は変なおっさんですが(^^;
白いスーツの上着に蝶の羽が映し出される姿は、壁紙か待ち受けにしたいくらいかっこよかったです!!


ちょっぴりお下品なのでお子さんと見に行くのは・・・・・かなぁ~と思いますが、ママ友と出かけたら、その後のランチやお茶で盛り上がると思います!!

春休みに入る前に是非!!

横浜・川崎&近隣エリアの情報ならビタミンママ

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://vitamincinemareview.blog93.fc2.com/tb.php/587-d27e9fc0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。